麻雀「捨て牌読み」の考察その4、リーチ宣言牌が3-7の場合。

リーチの待ちが読めるようになりたい。待ちを読む方法ってないの?麻雀やってりゃみんなそう思うわな。もちろん漫画じゃないんだから100%読むのは不可能。でもコツを掴めばある程度は読めるようになるのだ。必要なのは「捨て牌読み」の麻雀スキル。第4回はリーチ宣言牌(聴牌宣言牌)がキー牌(3-7)の場合。

 

さて、

 

好評の「麻雀捨て牌読み」第4回である。
捨て牌読みその壱 リーチ宣言牌が5の場合
捨て牌読みその弐 リーチ宣言牌が1-9の場合
捨て牌読みその三 リーチ宣言牌が2-8の場合

 

是非、以前の記事も一緒に読んで頂きたい。

 

捨て牌読みが出来るようになっても
相手の待ちが100%分かるようにはならない。
読み違えて振込むことだってあるだろう。

 

御無礼!

(御無礼はヤメテッ!)

 

しかし、リーチが入った時に、

 

・現物とスジとカベとカンに頼るのか?
捨て牌から待ちを読むのか?

 

は大きな違いなのである。

 

なぜなら麻雀でオープンにされる情報は「捨て牌」と「鳴いた牌」だけであり、当然捨て牌の情報が最も多くのウェートを占めるのである。

 

ひとつ上のステップに行くためにも
「捨て牌読み」は是非、マスターしたい麻雀スキルであるな。

 

さて、

 

今回はリーチ宣言牌(聴牌宣言牌)が、3もしくは7のケースである。

 

以下、参考にされたし。

 

 

何が御無礼だ!

何が御無礼だ(笑)

 

 

■「捨て牌読み」の考察その四。リーチ宣言牌が3-7。

第四回の今回は聴牌宣言牌(リーチ宣言牌)が3もしくは7の場合を考えてみる。
例えばこんな感じの捨て牌でリーチ。

捨て牌読み4-1

 

以下全て即リーチだと仮定して話を進めるが、即リーチであれば、
この7万は必要だったから最後まで手牌に残っていたのである。
ということは、

 

手牌には7万の近くの牌があるのであり、
待ちもソバテンである可能性が高いのである・・・
(入り目である場合は逆に安全ゾーンとなる。上の捨て牌だと3ピンや5索のソバが危険)

 

ただし、1-9や2-8ではあまり考える必要がなかったが、
真ん中の牌の場合「くっつき聴牌待ち」という可能性がある。

 

例えばこんな手牌である。

捨て牌読み4-2

 

7万のくっつき待ち(できれば三色)orピンズのくっつき待ち。
こういう形でピンズを引いた場合は7万が出て行く形になる。
しかし7万の近くに牌はない。

 

この「くっつきパターン」は考えても仕方ないのでスルーする。

 

メインで考えるべきはソバテンのケースなのだ。

 

さて、

 

7牌(7万、7ピン、7索)を切ってリーチ!のパターンを考えてみよう。
※3牌でもいいのだが、今回は7牌を例にして考察する。

 

まず、この両面対子型である。

捨て牌読み4-3

典型的なソバテン両面のパターン。
7万切りで裏スジである5-8待ち
7-7-8の形の場合は裏スジの6-9待ち

 

また、シャンポン待ちからのくっつき型

捨て牌読み4-7

これは1-9や2-8ではあまり見られないが、
(ペンチャンやカンチャン待ちになることが多いため)
3-7の場合は大いに有り得る。
図の場合は7万切りの裏スジ5-8待ち
8万ツモの場合は7万切りの裏スジ6-9待ち

 

カンチャン型のケースも多いな。

捨て牌読み4-4

この5-7のカンチャン待ちからの・・・
4万引き7万切りの裏スジ3-6万待ち
5万引き7万切りの5万シャンポン待ち
7-9のカンチャンから9万引き7万切りってのもレアケースだがあり得る。

 

このカンチャン対子型もよく見るよな。

捨て牌読み4-5

から、入り目は他で・・・
7万切り5万シャンポン待ち
もしくは7-9-9から入り目は他で7万切り9万シャンポン待ち

 

ま、この形でリーチするヤツは少ないと思うが、
(役はないし、ソーズを引けば好形リーチになる)

 

赤ドラが一個でもあれば先制リーチでオッケーだもんで、

意外とこういう即リーチをする人は多い。

 

捨て牌読み4-6

から、入り目が他で、
7万切りのカン6万待ち
もしくは7-7-9から入り目が他で、7万切りのカン8万待ち

 

リャンカンチャン型のケースがコレ。

捨て牌読み4-8

他の入り目で7万切りカン4万待ち
しかしこれは3万を切る可能性もあるな。

 

端牌1-9や2-8と違って、
3-7切りリーチにペンチャン型はない。

 

従って、

 

両面対子型
対子くっつき型
カンチャン型
カンチャン対子型

 

がメインで考えられる形である。

 

他、色んなケースがある。

実戦では上記のような単純なケースばかりではない。

 

こんな感じの連続系や

捨て牌読み4-15

 

こんな一向聴だってある。

捨て牌読み4-16

 

しかし、

いずれのケースも・・・7万がリーチ宣言牌であるなら、

7万の周りが危険なのである!

 

もちろん、
メンツが出来上がって7万が余るケースもあるわけで、
この場合は7万の周りは安全ゾーンとなる。

 

このパターンもたくさんあるが、

 

捨て牌読み4-9

6-9を引けば7万が出て行く。待ちは他。

 

捨て牌読み4-10

からの6万引きの7万切り。待ちは他のメンツ。
もしくは7-7-9からの8万引き7万切り。待ちは他。

 

捨て牌読み4-11

からの4万ツモの7万切り。待ちは他のメンツ。

 

捨て牌読み4-12

からの5万引きの7万切り。待ちは他のメンツ。

 

まあ色んなパターンがあるが、
7万の近くを引いてメンツが出来上がり、
7万が出て行くとその周りはセーフティゾーンとなるのだ。
(もちろん例外もあるがレアパターンなので考えなくていい)

 

次に、単騎待ちを考えてみよう。

 

意図のない単騎待ちを読むのは不可能だし、
読む必要もないので、
よく出現するチートイツの単騎待ちを考えてみる。

 

チートイツの単騎選択後に3や7を切ってリーチ!
というパターンがあるかといえば、端牌と比べれば圧倒的に少ないだろう。

 

何故かといえば、3-7牌はキー牌であるがゆえに、
使われることも多いし、
当然警戒されることになり場に出にくいからだ。

 

それでもあるとすれば、

 

・その色のスジが捨ててある。

 

というパターンである。例えば

捨て牌読み4-13

こんな7万切りリーチ。一見して変則な捨て牌。
染め手でもチャンタ系でも無さそう。

 

もちろん配牌が良かった可能性もあるが(このケースは考えなくていい)、
十中八九これはチートイツ。

 

ポイントは6索→8索、4万→2万と切られている点で、
どちらも手出しであるならタンピン系だとあり得ない切り方
(仮に、カンチャン整理、メンツ整理するにせよ普通は外側から切る)

 

リーチ前に1ピンが残ってるのも不自然であり、最初はタンピン系を目指して端牌や字牌を整理したが、対子がトントンと重なったのでチートイツへ移行した!

 

と考えると自然である。

 

なぜ7万が最後まで残ったかというと、
4万が切れてて絶好のスジ引っ掛けになるからである。

 

その7万を切ってリーチということは、
もっと効果的な単騎で待ってるってこと。

 

今回の捨て牌で言えば、字牌、1万、9索、ドラである。

 

この話は前回2-8牌の時にもしたが、
ここまで読めてしまうと相手の待ちはほぼ1点か2点に絞ることが出来る。
(まあ、1万か9索である)

 

逆に言うと、

 

チートイツをする時は、
なるべくタンピン系に見せかける!

 

というのが大事なポイント。

 

例えばこんな感じ。

捨て牌読み4-14

 

先ほどの捨て牌と比べてみよう。

捨て牌読み4-13

 

捨てた牌は同じだが、
こちらはチートイツの匂いは殆どしない。

 

チートイツをする時、
字牌や端牌を集めたくなるのはよく分かる。中張牌はさっさと切りたいのもよく分かる。

 

しかし、あまりに不自然な捨て牌だと・・・逆効果であることを覚えておこう。

 

結論!

7牌切りリーチの場合、

5-8で待っている可能性は20%!
3-6-9で待っている可能性が20%!
1-2-4で待っている可能性が5%
単騎待ち(字牌など)の可能性が5%!

他の色で待ってる可能性が50%である。
(7万の近くが入り目の場合)

 

3牌切りリーチの場合、

2-5で待っている可能性は20%!
1-4-7で待っている可能性が20%!
6-8-9で待っている可能性が5%!
単騎待ち(字牌など)の可能性が5%!

他の色で待ってる可能性が50%である。
(3万の近くが入り目の場合)

 

1-9牌や2-8牌切りのリーチに比べ、
他の色で待ってる可能性が上がったのは、

3-7牌絡みのターツはメンツになりやすいからである。

 

「7-7-8」と「8-8-9」のドッチがメンツになりやすいかは一目瞭然だよね?

 

とは言え、7万切りリーチの場合も

7万のソバが最もデンジャラスなのは間違いない。

 

勝負に行くのであれば、

「3-6-9-5-8(1-4-7-2-5)が相手の待ち!」

と決めてしまってもOKだ。
1-9牌切りや2-8牌切りに比べ、
好形リーチである可能性も高いけんな!

 

勝負するとしても、

3-6-9-5-8(1-4-7-2-5)だけは打たないようにしよう。

 

もちろん、もっと読める方は別だが、

「相手の待ちは分からない、でも行くしかない」

ってレベルの方は、
これだけでも60%の確率で放銃を回避出来るぞ!

 

あと、

ネットマージャンでは難しいのだが、
やっぱり「手出しかどうか」のチェックはしておきたい。

 

リーチ宣言牌は、
ツモ切りリーチじゃない限り「手出し」である。

 

これで材料1個であるが(リーチ宣言牌の周りが危険)、
材料が2個あると(その周りも危険)
もっと捨て牌読みがラクになるよね。

 

当然その材料の一番手は・・・
リーチ直前に捨てた「手出し牌」である。

 

「浅次郎さん、

手出しかどうかを全てチェックするのなんて

とても無理です!」

 

この一瞬でもう何十年も生きた気がする

 

うむ。

 

玄人じゃあるまいし・・・私も無理だ(笑)。

 

しかし「手出しかどうか」は最初っからチェックする必要ない。

 

最初の6巡位は大概不要牌の整理だからである(笑)。
注意すべきは7巡目以降で、
特に「悩んだ末に切った牌」の近くにはまず間違いなく牌がある(例外もある)。
全ての「手出し」をチェックするのは難しいが、
「悩んだ牌」だけでも覚えておくと後でリーチが入った時に参考になると思う。

 

コレを機に、

 

自分の手牌ばかりを見つめるのではなく、

他家の「手出しかどうか」をチェックする癖を付けることをオススメする。

 

これは意識の問題で、

 

チェックしよう!

 

と意識してないと、
例え目に入っていても、
全く頭に入って来ないのである。

 

私が思うに、常に他家の「手出しチェック」をしている打ち手はヒジョーに少ない。

 

なぜなら、
皆、自分の手牌を見るのに精一杯であり、
あっという間にツモが回ってくるからである。

 

しかし、自分の手牌をどんだけ見つめても・・・
何も変わらんからな(笑)。

 

 

■まとめ。3-7牌切りリーチの場合

・その近くの待ちである可能性は40%!

・好形(両面)である可能性が高い!

・勝負するならソバテン決め打ち!

 

ってわけで、

 

3-7牌切りリーチの場合の捨て牌読み・・・役に立っただろうか?

 

次は「4-6牌」切りリーチのケースをやる。

 

いつになるか分からんが、

 

お楽しみに。

 

更新したぜ!→捨て牌読み4-6切りリーチの場合

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイトだ。

 

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!

弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す