麻雀で一番の悩み所は、手作りでも役作りでもない。他家からリーチが入った時に「何を捨てるか?」であろう。相手の手が半分でも読めれば捨て牌は飛躍的にラクになるのだ!というわけで、「捨て牌から待ち牌を読む考察」を行う。第2回は・・・リーチ宣言牌(聴牌宣言牌)が端牌(1-9)の場合は何待ち?何を切ったらええの?

 

さて、

 

好評の麻雀「捨て牌読み」第2回であるが、
(第一回「捨て牌読みリーチ宣言牌が5の場合」はこちら)

 

「捨て牌なんて、色とスジと後先の確認しかせんわ!」

 

って方が多いと思う。
(上級者の方はこの記事を読んでないと思う。笑)

 

私もそうであったし、

 

自分の手牌が気になってしょうがないし、

 

全ての他家の捨て牌を
「手出しかどうか?」確認・記憶するのは至難の業であるし、
(ネット麻雀だとまず不可能だし)

 

記憶したとしても・・・
短い時間でそれを整理して正解を導き出すのは難しい。

 

俺様は天才だ

 

って人は別っすよ(笑)。

 

・・・

 

しかし、リーチ宣言牌だけに限って考えてみたらどうだろう?

 

リーチ宣言牌というのは、理由があって回さない限り・・・

 

100%手出しである。

 

つまり、多くの場合、リーチ宣言牌には何らかの意図があるのである(無駄ヅモなし聴牌の場合は除く笑)。

 

特に、

 

勝負手の時!
どうしても降りられない時!
降りたいけど安牌が無い時(涙)

 

には効果を発揮すると思うので、

 

アミバおれは天才だ

 

って言う人以外は、参考にされたし(笑)。

 

今回は端牌(1-9)がリーチ宣言牌(聴牌宣言牌)であるケースを考えてみようと思う。

 

 

■「捨て牌読み」の考察その弐。リーチ宣言牌が1-9。

第二回の今回は、聴牌宣言牌(リーチ宣言牌)が1-9の場合を考えてみる。
これはよくあるケースであるなー。例えばこんな感じ。

 

捨て牌読み2-1

 

リーチ宣言牌が1-9。良くあるパターンであるが、
この場合大きく分けて2つのことが考えられる。

 

1、安牌として端牌(1-9)を持っていた。
2、必要だから最後まで残った。

 

1、安牌として端牌を持っていたパターン

リーチ宣言牌が5の場合は「安牌」として持っていたパターンは考えなくていいが、
(そんなやつぁいねーだろ)
1-9の端牌の場合、このケースは多分にある。

 

これをどうやって見分けるかというと、

 

・他家の河を見渡して、その1-9牌が安牌かどうか見る

 

のである。

 

例えば、
リーチ者以外が9万を一枚ずつ切っていれば、
9万は完全安牌である。
また、序盤に6~8万を切っていればかなりの確率で9万は安牌。

 

もしくは、
一人が9万を切ってて、
もう一人がクイタンやってて、
もう一人が索子のホンイツっぽい捨て牌でも安牌確定だろう。

 

こういう場合の9万は、
下手な字牌なんかよりも確実な安牌である!

 

で、リーチ宣言牌がその安牌9万だった場合は・・・

 

捨て牌読みとは無関係の9万であるので、
字牌安牌と同じ扱いで良い。

 

つまり、待ちはサッパリ分からん(笑)。
※一応・・・最後に手出しした牌がキー牌である。

 

しかし、安牌じゃない9万(端牌)だった場合は、
必要だから最後まで持っていたのだ!

 

ドラでもない限り、無意味に端牌を持ってるヤツなんていないだろ?聴牌重視なら真ん中の牌をガメるだろうし、安牌重視のヤツなら字牌などを持っておくはずだ。

 

ただし、

 

捨て牌読み2-2

 

という感じで壁暗刻を持ってたりする場合は例外である。
これで他家が8万を切ってれば、この9万はほぼ安牌であるが・・・他家からはもちろん分からん。
こういった例外パターンは読めないので考えなくていい。

 

 

2、必要だから最後まで残ったパターン

安牌じゃない端牌でリーチ・・・この時こそ捨て牌読みの出番である。特に食いタン有の場合、端牌はかなり要らない牌である。それでも最後まで残るってことは聴牌するために必要だったはずである。では、端牌が最後まで残るパターンはどういったパターンであろうか?

 

最も多いパターンが、カンチャン型

 

捨て牌読み2-5

 

こういったカンチャン待ちからの・・・
6万引き9万切りの5‐8万待ち
7万引き9万切りの7万シャンポンor他メンツ待ち

 

もしくは、

 

捨て牌読み2-4

 

から、入り目は他のメンツ(この場合8索ツモ)で・・・
9万切り7万シャンポン待ち

 

捨て牌読み2-6

 

このケースの場合、多くの人は7万を切ってシャンポンの9万待ちにすると思うが、まあこの形から9万を切ってカン8万に取るケースもあるな(河に5万がある場合や三色、チャンタ絡みの場合)。

 

ペンチャン型も良くあるぜよ。

 

捨て牌読み2-7

 

このペンチャン待ちからの6万引き9万切り7万待ち(タンヤオへの移行)。
または8万引きの9万切りシャンポン8万待ち。

 

もしくは

 

捨て牌読み2-8

 

入り目は他のメンツ(上の例だと8索)で、9万切り8万シャンポン待ち

 

捨て牌読み2-9

 

からの9万切り6万待ちもあるが、これはタンヤオ狙いのケースであり、喰いタン有の場合は特に・・・聴牌まで9万を引っ張る人は少ないと思う(必要ない)。上記のようにタンヤオが付かないのであれば、十中八九5万を切っての引っ掛けリーチだろう。つまり、この形から9万を切ってカン6万待ちというケースは例外扱いでいい(三色やドラ絡みのケース)。

 

もちろん、メンツが出来上がって9万が余るケースもある。

 

捨て牌読み2-10

 

こんな形からの8万引き9万切り。待ちは他のメンツ。

 

捨て牌読み2-11

 

こんな形からの8万引きの9万切り。待ちは他のメンツ。
このケースは9万の回りは安全ゾーンとなるな。

 

しかし、よくよく見て欲しいのだが、
いずれもカンチャンやペンチャンの引き入れ、
または牌の重なりが必要なのだ!

 

つまり?

 

確率的に言えば、

 

「他のメンツが出来上がって、9万が出て行くパターン」

 

の方が多いのである!
(上の例で言えば、先に5-8索が入る可能性が高い。)

 

ってことは・・・最終的な待ちは9万の回りである確率が高いわけだ。

 

また、レアケースの一つに、
単騎選択で端牌が残るケースがある。

 

この場合、

 

・リーチ宣言牌(端牌)が、場の安牌じゃない

・かといって宣言牌の回りも使ってそうにない(変則気味の捨て牌)

 

というパターンである。例えば

 

捨て牌読み2-12

 

こんな捨て牌でリーチ。明らかに9万の回りは使われてなさそうだろ?その上で、安牌じゃないのに聴牌まで9万を引っ張ったのであれば・・・結構な確率で単騎選択後の9万切りリーチである。

 

なぜならこの捨て牌で9万単騎はかなり良い待ちであり、それを切ってリーチということは、もっと有効な牌(上がりやすい牌や得点が上がる牌)の単騎で待っているってこと。

 

例えば、字牌スジ絡みドラ絡みである。上記で言えば、1ピンや1万、オタ風の字牌といった所だ。

 

特に七対子の時は変則気味の捨て牌の上、
リーチ宣言牌は端牌か字牌になりやすいので結構すぐ分かる。

 

相手が罠付きチートイだと分かれば、
怖いのはスジや字牌である。簡単な話であるな。

 

捨て牌読み2-12

 

こういうリーチであれば、絶対にリーチする意図(9万を取っておいた意図)があるのだ。つまり無スジや索子なんかはバンバン切ってよろしい。

 

結論。

端牌(1-9)切りリーチの場合、

2-5(5-8)で待っている可能性は40%!
3(7)で待っている可能性が20%!
単騎待ち(字牌など)の可能性が10%!
全く関係ないところで待ってる可能性が30%である。

 

つまり、勝負に行くのであれば、

 

「リーチ宣言牌(1-9)の近く(2-3-5や5-7-8)が相手の待ち!」

 

と決めてしまえばいいのである!

 

ま、マジっすか!

 

 

アミバおれは天才だ2

 

って方は自分の思い通りに打てばヨロシイ(笑)。

 

しかし、私は天才ではないので、

 

相手の手牌も分からんし、入り目も分からん。

 

なので、

 

「リーチ宣言牌(1-9)の近く(2-3-5や5-7-8)が相手の待ち!」

 

と決めてしまった方がシンプルだし、ラクである。

 

ただし、こういう好形で待っているケース

 

捨て牌読み2-13

 

は3引きで2-5-8待ち。5引きで3-6待ちとなるので、出来れば宣言牌の色は避けた方が無難である。

 

で、もう一つ大事なこと。

 

悩んだ末にリーチの場合は、
端牌(1-9)近くのカンチャンペンチャンシャンポンの可能性が高く、
リーのみである可能性がこれまた高い(ので、突っ込んでいい!)。

 

逆に悩まぬリーチの場合は、
9万近くを引き入れてのリーチや両面になってのリーチの可能性が高く、
平和の可能性他の色の待ちである可能性が高いので突っ込まない方がいい。

 

念のために言っておくが、
もちろんこれらは一般論であり、打ち手の癖、役、ドラ、点数差によって変わるけんな?

 

 

■端牌(1-9)切りリーチの捨て牌読みまとめ。

・端牌近くの待ちである可能性が60~70%!(思い込みコミ笑)

・勝負するなら、端牌近くの待ちと決め打ち!(責任は負わんよ笑)

・悩んで端牌切りリーチはリーのみ!(暴言だなおい笑)

 

ってわけで、

 

端牌切りリーチの場合の捨て牌読み・・・役に立っただろうか?

 

次は「2-8」切りリーチのケースをやりたいと思う。

更新→捨て牌読みの考察三、リーチ宣言牌が「2-8」

 

お楽しみに。

 

 

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイト。

 

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

麻雀で一番の悩み所は、手作りでも点数計算でもない。他家からリーチが入った時に「何を捨てるか?」であろう。これから数回に渡り、「捨て牌から相手の待ち牌を読む考察」を行いたいと思う。初回は・・・リーチ宣言牌(聴牌宣言牌)が5の場合!危険なのはどの牌?

 

さて、

 

序文にも書いたが、

 

みんなも他家からリーチが入った時に、

 

・安牌が全然無いわー!

・勝負したーい(手を崩したくない)!

 

って時があるだろう。

 

で、

 

そんな時は誰だって・・・

 

二階堂瑠美画像1

 

二階堂瑠美ちゃんだって、

 

伝説の雀鬼

 

伝説の雀鬼だって

 

鷲巣様悩む

 

鷲巣様だって、

 

悩んだりするのである(笑)。

 

で、

 

他家リーチ時に、

 

「要らない牌」をバシバシと切ることが出来れば

 

上級者になれる!

 

とは限らんが、

 

仲間内から、

 

「リーチ掛けてんのに、オマエ強いねー!」

 

と言われるようにはなるな(笑)。

 

ちなみに、麻雀は不確定要素が多分に入るゲームであるから、
「100%当たらない!」と言える牌は少ない。
極端なことを言えば「単騎待ち」や「シャボ待ち」を読むのは非常に難しいわな。

 

また、例えばこういう一向聴で、

 

捨て牌読み1-4

 

1-4万か2-5索か・・・どっちが入って聴牌するか?なんて分かるはずもないし、宣言牌が字牌(安牌)だと情報が極端に少なくなるわな。※つまり上級者を相手にする時は、なるべく手牌を読まれないように安牌でリーチした方がいい。

 

というわけで、

 

この「捨て牌読み」は単なる一般論である。
不確定要素が大きく絡むので絶対論ではない。

 

不確定要素が絡む話をしてもキリがないしクギもないので、

この稿ではごくごくシンプルな話をさせて頂く。

 

ただ、

知ってるか知ってないかで・・・

 

大きく大きく違うんだぜぇ!

 

麻雀が上手くなりたい人は参考にされたし。

 

 

■「捨て牌読み」の考察その一。リーチ宣言牌が5。

初回は聴牌宣言牌(リーチ宣言牌)が5の場合を考えてみる。
捨て牌がこういうケースである。

 

捨て牌読み1-1

 

リーチ宣言牌が5の場合だ。
別に5索でも5万でも5ピンでもいい。
とにかく「5」が聴牌宣言牌の場合である。

 

さて、速いリーチであるが、リーチ者はどのような牌姿から
5索を切ってリーチしたのであろうか?
(くっつき狙いで5索を持っていた・・・というケースは無視する)

 

よくあるのは、

 

捨て牌読み1-2

 

この2-3-5のパターンであろう。もしくは5-7-8のパターンである。
タンヤオ・ピンフ両天秤の場合はこの形になりやすいわな。

 

この形から5索切り。

 

ピンフ決め打ちの場合、こんな5索はさっさと切り飛ばしたいのであるが、
5は赤で使われることも多く、6や4がくっつくことも多く、
多くの人はギリギリまで手に残しちゃうよね。

 

また、

 

捨て牌読み1-3

 

この3-5のカンチャン待ちから2索を引いて5索切り!
ってのも良くあるパターン。

 

もしくは、上の5-7から8索を引いての5索切り!

 

つまり・・・

 

聴牌宣言牌が5切りの場合、また遅い順目に5が切られている場合、

 

1-4、6-9は超危険牌なのである。

 

麻雀初心者の多くは「端っこは危険が少ない」と思っているのだが、
(私も困った時に端から切ってしまうクセがあるのだが笑)

 

ご覧の通り5切りの場合、
1や9は大変危険でなのである。

 

・・・

 

次にこのパターン。

 

捨て牌読み1-5

 

よく見かけるだろ?これ(笑)。

 

で、早い順目で聴牌。
ドラが1索だったり、タンヤオがつきそうになけりゃ・・・

 

5索切りで引っ掛け即リーチ!

 

私ならそうする。俺も俺も!って方も多いだろう。
降りてくれればラッキーだし、
困った誰かがスジ頼りで振込むかもしれんし。

 

もちろん5-7-9のパターンも同じ。
5索切ってカン8索の引っ掛けリーチ。

 

つまり!

5索切りリーチの場合、

スジの2-8は超危険牌なのである!

(特にドラ絡みの場合はその確率が高い!)

 

そこのアナタ!

目から3枚ほどウロコが落ちてるぜっ!

 

もちろん色んなパターンがあるから一概に言えることではない。
しかし、このパターンはとても多いことを覚えておこう!

 

結論。

5切りリーチの場合、
(聴牌宣言牌が5の場合)

1-4、6-9は超危険。次に2-8も危険!

 

 

・・・

 

あれ?

 

じゃあ3と7はどうなのさ?

 

うむ。

 

3-7も危険である(笑)。

 

5切りで3や7が待ちになるパターンは、

 

捨て牌読み1-6

 

もしくは5-5-6って形だろう。
(3-3-5や5-7-7ってパターンからのシャボ待ちもあるがレアケースなので置く)

 

もちろんこの形になることも多い。
特に赤5入りの場合は、
赤ツモやポンテンに備えたいのでこういう形が残りやすい。

 

しかし同時に、

5を切ってリーチするのは超危険である。

 

特に赤麻雀だと「赤5単騎」という鬼技を使う輩がいるし(笑)、
シャボ待ちとしても狙われやすいからだ。

 

打ち手のタイプにもよるが、ピンフの一向聴であれば、
5は早めに切っておきたいというのが普通の心理でなかろうか?

 

また、2-4-5から5を切ってリーチする奴はいないよな?
(3色などの役やドラが絡む場合は別)

 

ってことは、5がリーチ宣言牌で、その後に6が切れてれば、スジの3は高い確率で通る(シャボ待ち、ペンチャン待ちの場合は除く)。同じく4が切れれば、スジの7は高い確率で通るのである。

 

つまり、5切りのリーチの場合、
3-7は比較的安全なのである。

 

(もちろん他の色より危険である)
(あなたが赤5を持ってれば尚更ね)
(もちろんガメガメ派の場合は超危険だぞ!)

 

もう一回結論。

 

5切りリーチの場合の危険度合いは

1-4、6-9

2-8

3-7

である。

 

極端なことを言えば、

 

5の色は全て危険。

 

「待ちは5の色である!」

 

と決め打ちしちゃっても結構。

 

もちろん入り目によるので確率は1/2である。
しかし、「スジもハシもマタギも危険」と分かっているかいないかは・・・大違いなのだ。

 

ちなみに・・・

 

相手が悩んだ末にリーチをした場合、
待ちはその宣言牌の色である可能性が高い!

 

なぜならその色で待ちを考えなければならんからだ。
たとえば、こんな形。

 

捨て牌読み1-7

 

1索を切ればタンヤオが付く。でも5索切りの方が和了りやすいよね?
4索は・・・あいつが使ってそう・・・残りの枚数は・・・?
なんて考えちゃうのである。

 

しかし、この形なら?

 

捨て牌読み1-8

 

迷うことなく5索切り。それしか選択肢ないもんね。
こうなると時間掛けずにリーチ!
この場合はその色は安全な可能性が高い!のである。

 

もちろん、上級者は悩むことが少ないし、
離れた同じ色かもしれんし、
点差を計算してるのかもしれんし、
単騎選択かもしれんし、
誰かを警戒しているのかもしれんし、

 

こんな形からの・・・

 

捨て牌読み1-10

 

5索切りかもしれんし(この場合も悩むことはない)、
色んなパターンがあるので一概に言えないぞ!

 

しかし、

「悩んだらその色(もしくはその近く)が待ち牌!」
「迷うことなく即リーだったら違う色が待ち牌!」

 

って決めておくと・・・捨て牌読みもラクになるってもんだ。

 

 

 

もうひとつちなみに。

 

人は、点数が高い時もリーチを戸惑うことはない。

(ダマ満貫、ダマ跳満などは別の話である)

 

例えば、タンピンなら普通にリーチだろ?

ドラを2~3個持ってりゃネコマムシだってリーチするわ。

 

しかし・・・

 

役やドラがなかったり、

上がり型が愚形だったりすると・・・

人は、リーチするか躊躇するものである。

 

リーチしないと上がれない・・・

 

ダマで回すか・・・

 

せめて赤一つツモるまで待つか・・・

 

いやいや、早いしプレッシャー掛けとくか・・・

 

と悩んでしまうのだ。

 

つまり!

 

ためらった末のリーチなんぞ恐るるに足らず!

リーチ宣言牌の近く以外はガンガン行って良し。

 

怖いのは、

躊躇わずにリーチを掛けてきた時である。

この場合は良型であることが多く、点数も高いのだ(追っかけリーチもこのパターンが多い)。

 

(もちろん、違う場合もあるぞ!)

 

参考になったら、鷲巣様も嬉しい。

 

 

鷲巣様嬉しい

 

次回、気が向いたら「ハシ(1-9)牌切りリーチの捨て牌読み」をやりたいと思う。

※更新したぜ!→捨て牌読みの考察2、リーチ宣言牌が1-9の場合

 

期待せずに待っててくれ(笑)。

 

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイト。

 

強いヤツは、月に10,000~100,000円は勝てる!

弱いヤツは、100円程度の卓で経験を積んで強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!