【DORA麻雀トーナメント実践記】2016年10月に行われた優勝者総取りトーナメントで管理人の浅次郎が見事優勝!優勝賞金192ドル(約20,000円)ゲット!16人の参加で1位抜け。つまり2回連続トップを取れば優勝である。参加費はわずかに7ドル。こんな麻雀大会あったらみんなも絶対参加するよな?DORA麻雀のトーナメントは美味しいぞ!

 

参加費が700円。

1位賞金が約20,000円。

 

参加人数は16人で、

東風戦連チャン無しのトップ抜け。

つまり2回連続でトップを取れば優勝。

 

そんな麻雀大会が「優勝者総取りトーナメント」である。

 

%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85%e7%b7%8f%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8820161019%e5%84%aa%e5%8b%9d

 

そして、

 

10月19日に行われた優勝者総取りトーナメントにて、

 

浅次郎、見事優勝!

賞金192ドル(約20,000円)ゲット!

 

%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85%e7%b7%8f%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e5%84%aa%e5%8b%9d%ef%bc%81

 

いやー時間が空いた時は参加するようにしてたんだが、

念願叶って初優勝である(笑)。

 

この大会は1位抜けであるから、

何が必要って・・・

まず運が必要(笑)。

 

連チャン無しのルールだから、チャンスは平等に4局。

その内、少なくとも1回は手をモノにしないとダメで、

誰かに大物手を上がられると途端に苦しくなる大会だ。

 

なんせ1位以外は・・・2位も3位も4位も全く意味なしである。

皆ノーガードで前に出てくる為、

勝ち切るには腕はもちろん運が必要。

 

今回、まさしく私はツイていた。

 

%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85%e7%b7%8f%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8820161019%e4%b8%80%e5%9b%9e%e6%88%a6

1回戦。オーラスで100点差の2位だったが、おあつらえ向きの喰いタン手牌が。上家も真っ直ぐ来てくれたので鳴いて鳴いて7巡目で和了。ノーガードの打ち合いだからこその和了である。

 

%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85%e7%b7%8f%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8820161019%e4%b8%80%e5%9b%9e%e6%88%a6%e9%80%9a%e9%81%8e

僅差で一回戦突破。つっても1回勝ち抜けば決勝戦だけどな。

 

%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85%e7%b7%8f%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8820161019%e6%b1%ba%e5%8b%9d%e6%88%a6

決勝卓。2局目にダマ満貫を振り込んでしまいラスに(涙)。しかしオーラスの親で幸運な配牌が(ダブ東発ホンイツ3シャンテン)!ダブ東を鳴き、1ピンをツモり、間8ピンをツモって5巡目に親マンテンパイ。ツモなら文句なしだが、出和了りだとトップ目からしか和了れない・・・。ツモレ~ツモれ~他のヤツは出すなよ~4ピンか6ピン持って来いよ~と祈っていた7巡目、幸運なことにトップ目が発を掴んで私に放銃。大逆転での優勝となった。

 

%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85%e7%b7%8f%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8820161019%e6%b1%ba%e5%8b%9d%e5%8d%931%e4%bd%8d

大逆転で優勝!ハッキリ言って、ツイてた(笑)。

 

しかしこの1位通過条件はスピードが命だな。

 

点差が開いたらじっくり手を作るしかないが、点差が少ない場合やトップ者はとにかくスピードだ。「降りる」という選択肢はほとんどないから、よほど点差が開いてないとトップ目も全く安心出来ない。とにかく鳴いて鳴いてのスピード勝負が有効だと思う。

 

その点、オーラスの親で、

あっという間の親マンが作れたのは幸運以外の何モノでもなかった。

 

%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85%e7%b7%8f%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e5%84%aa%e5%8b%9d

 

192ドルゲット。

約20,000円である。

 

あなたにとって20,000円が大金かどうかは分からんが、

麻雀で稼ぐ2万円ってのは、

私にとって格別である。

 

さて・・・

嫁に見つかる前に、

気になるドライバーでも見に行くか!

 

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

「先ヅモ」(先ツモ)は、マナー違反?それともルール違反?「先ヅモOK」ってお店もあるの?「先ヅモ」は有利?不利?メリット、デメリットは?「先ヅモ」してる人は注意するべき?それともスルーするべき?結論、「先ヅモ」やってるヤツは損している!自分の手牌が透けるのだ!注意せずに観察して点棒かっさらっちまえ!

 

麻雀やってると、

 

「先ヅモ」する人いるよね。

 

%e5%85%88%e3%83%85%e3%83%a2ok%e3%81%ae%e3%81%8a%e5%ba%97

(先ヅモOKのお店もある。それがルールなら問題ない)

 

先ヅモ(先ツモ)ってのは上家がツモって考えてる間に次の牌を取り、
盲牌で何の牌か確認すること(盲牌じゃなく実際に見ることも)。

 

お店的に「先ヅモOK」って店もあるし、
仲間内で「黙認」していることもあるだろう。

 

先ヅモをすると考える時間が極端に短くて済むし、
展開が早くなるから時間短縮にもなるし、
先ヅモしたくなる気持ちは良ーーーく分かる(笑)。

 

特に「ナシナシ」ルールであるなら先ヅモOKでもいいかもしれん。
(私も以前、仲間内限定で先ヅモ麻雀をしていた)

 

しかし、覚えて置いて欲しいんだが、

 

先ヅモは基本的に、

 

・マナー違反ではなくルール違反。
・有利ではなく不利。

 

である。

 

「え?ルール違反なの?有利そうだけど・・・?」

 

%e5%85%88%e3%83%85%e3%83%a2%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a%e5%89%8d

(皆で黙認している場合はいいけどな!)

 

先ヅモは基本的にNG・・・マナー違反ではなくルール違反である。
麻雀のルールは「上家が切ってからツモる」である。
「上家が切る前にツモっていい」なんてどこにも書いてない。

 

やっていいのは「先ヅモOK」のお店のみ。
もしくは仲間内で「先ヅモOK」を確認している場合のみ。

 

なので、やってる人が居たら堂々と注意して良い。
フリーであれ、仲間内であれ、

 

先ヅモはルール違反である。

 

%e5%90%8c%e6%84%9f%e3%81%a0%ef%bc%81

 

先ヅモする人の中には、

 

上家が切った瞬間に手牌に入れ、
ポンの声が上がると

 

「(ポンの)発声遅えよ」

 

とか、自分の先ヅモは棚に上げて文句を言うヤツがいるな。
文句を言わんまでも露骨に嫌な顔をするヤツが多い。

 

なぜこういうことをするかというと、

 

「相手に鳴かせないため」

 

である。どんなに判断が早い人でも、
切られてから発声するまでに1~2秒掛かる。

 

しかし、先ヅモしている人はもう手元に牌があるわけだから、
手牌に入れるのは一瞬である。

 

その時点で鳴ければいいが、
相手は先ヅモしてるから切る牌だって決まっている。
つまり・・・捨て牌も一瞬なのだ。

 

いくらなんでも切られた後に鳴くことは出来ないわけで、
仮に遅れて「あ!それ、ポン!ポン!」と言っても、

 

「もう切ったよ」

 

%e8%81%9e%e3%81%8f%e8%80%b3%e3%81%aa%e3%81%97

 

と言われてお終いである。

 

(あんたが先ヅモするからだろ!と言い返してもいいと思うけどな)
(自分も先ヅモしてたら何も言えないけど。笑)

 

鳴く方はかなり厳しい・・・というか、
普通の卓ならば、これは「ルール違反」以外の何者でもない。

 

%e5%90%8c%e6%84%9f%e3%81%a0%ef%bc%81

 

また、鳴きが入って牌を戻すにしても、
その牌が何であるか分かっているというのは、
先ヅモをする人にとって有利であることは言うまでもない。

 

仮に、その牌でテンパイしてリーチするとしたら、
「入り目」と「テンパイ宣言牌」が分かるわけだから、
待ちは非常に読まれやすくなるわな。

 

例えば・・・こんなタンピン手のイーシャンテンだとする。

%e5%85%88%e3%83%85%e3%83%a2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%82%89%e6%89%8b%e3%81%8c%e3%83%90%e3%83%ac%e3%82%8b

ポンで回ってきた3索が入ってくるわけだ。

そうすると安牌の西が出て行くわけで、

3索が入って安牌の西切りなら・・・

 

「多分タンピン手だな!」
「安牌持ってたってことは、くっつきテンパイじゃないな!」
「おそらく両面×2のイーシャンテン!」
「3索の近くは全部通し!」

 

なんて読みが出来るわけだ。

これも「ルール違反」以外の何者でもない。

 

また、鳴きが入ると手牌に入れた牌を戻すわけだが、
ツモった牌とは違う・・・不要牌を戻すヤツだっているな(イカサマだね)。

 

%e5%85%88%e3%83%85%e3%83%a2%e4%b8%8d%e8%a6%81%e7%89%8c%e9%ab%98%e9%80%9f%e5%9b%9e%e8%bb%a2

 

しかしこれは、見てればドコに入れたかだいたい分かるし、
戻す牌を躊躇したりするからすぐバレる(笑)。

 

わざとやるヤツは論外であるが、
例え本人にその気がなくても、
カンチャンの赤5万なんてツモった日には・・・

 

%e6%82%aa%e9%ad%94%e3%81%ae%e3%81%95%e3%81%95%e3%82%84%e3%81%8d

 

悪魔が「要らない牌を戻しちゃえ~」と囁くものである(笑)。

 

イカサマ防止、悪魔防止の為にも「先ヅモ」は認めない方がいい。

 

・・・

 

ここまで見ると、

マナーやルールは置いておいて、

「先ヅモをした方が有利」であるかのように見える。

 

しかし実際は「先ヅモは不利」である!

 

「え?浅次郎さんどうして?」

 

うむ。その理由を挙げよう。

 

・先ヅモすると鳴けない!

・先ヅモすると門前手なのがバレる

・先ヅモしないと鳴きたいのがバレる

・先ヅモすると嫌われる(笑)

 

そう、先ヅモすると鳴けないのである。
(もちろん、先ヅモOKの店でも「先ヅモからの鳴きはNG」である)

 

鳴けないのに先ヅモするってことは、

鳴かないってことであり、

つまり、先ヅモする場合、門前手なのである。

 

%e3%82%84%e3%81%af%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%8b

 

門前手ってことは、

 

・役牌の対子はない。

・ホンイツもない。

・トイトイもない。

・喰いタンもない。

 

のである。もっと深掘りすると、

 

・タンピン系である可能性が高い。

・愚形リーのみの可能性もある。

・ドラはあっても多くない。

・三色や一通などの重い手。

 

ということも言えるのだ。

 

%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%8b

 

なんせ「鳴く」という選択肢がない牌姿なのである。

 

「タンヤオドラ3」なんて可能性も少ないし、
「役牌」を持ってる可能性も少ない。

 

また、この手の人は「手作り重視」の方が多く、
三色や一通などの重い手が好きである。
(純チャンやチャンタは鳴くことが多い。笑)

 

鳴き三色や鳴き一通は頭から考えないので、
この場合も「先ヅモ」してしまうんだな。

 

逆に、

 

「鳴きたい」時は先ヅモしないわけだから、
「鳴きたい」時が丸分かりなのである(笑)。

 

先ヅモしない時は・・・

 

・役牌の対子がある。

・ホンイツ手である。

・トイトイ手である。

・喰いタン手である。

 

特に注意しないといけないのが「役牌」と「喰いタン」である。
この2つはアリアリ麻雀では非常に出現率が高い。
またドラを2枚以上持っている可能性もあり、ドラにも警戒が必要である。

 

さらに言えば、

鳴きたい=まだテンパイしていない

という可能性が高いわけだから(例外もあるが)、

 

先ヅモしない=勝負出来る!

と言えるわけだ。

 

%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%8b2

 

つまり、

 

先ヅモしてると

「こいつ、またタンピン形か?」

「テンパイしてるかも?」

 

と思われ、

 

先ヅモしてないと、

「あ、鳴きたいんだな?役牌押さえたれ!」

「まだテンパってねーな!勝負!」

 

と思われてしまうのである。

 

このデメリットはデカイ。

投げる前に球種が分かっているようなもんである。

 

%e5%88%86%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%82%82%e6%89%93%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

分かってても打てない球もあるけど(笑)。

 

そして、面白いことに、
「先ヅモしてる人」の多くは

このデメリットに一切気づいていないのだ(笑)。

(むしろ、先ヅモは有利だと思っている)

 

まとめよう。

 

■先ヅモのメリット。

・展開を早くして鳴かせない。

・ポンが入った時に戻す牌が何なのか知ることが出来る。

 

■先ヅモのデメリット。

・門前手なのか鳴きたい手なのかがバレバレ。

・テンパイ気配がバレる。

 

簡単に言ってしまうと、

先ヅモは損である。

 

ポンで牌を戻すシーンは少なく、
その牌が無駄な牌であることも多く、
その情報が実際に活きることも限られている。

 

それより、自分の手牌が「門前手」か「鳴き手牌」か?
がバレるデメリットが大きいのだ。

 

特に、序盤で役牌を鳴きたい場合など・・・もうバレバレである。もし、対象者が親なら、徹底的に字牌を絞って親を流してしまうといい。

 

もし、「先ヅモ禁止」のフリーで同席した客が、
「先ヅモ」をするようであったら、

 

注意するのではなく、
放置してジッと観察するようにしよう。

 

「親で、先ヅモしてねえ・・・こりゃダブ東持ってるかも?」
「最初から先ヅモで鳴く気なし。でも捨て牌が変則・・・チートイか?」

 

なんてのが分かるだけで随分と有利に戦うことが出来るぞ!

 

参考にされたし。

 
今日は遊びで東風戦の4人麻雀。4ドル卓。

dora%e9%ba%bb%e9%9b%8020161019-1

最後にハネ満上がって2着に浮上。+2.63ドル。

 

dora%e9%ba%bb%e9%9b%8020161019-2

オーラスで抜け出して1着。+6.51ドル。

 

メンバーが欠けたのでヤメ。

 

合計9.14ドル(約900円)。

遊びでも900円稼げる。これがDORA麻雀のいいところ。

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来るぜ!

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!

弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!