麻雀放浪記とDORA麻雀

DORA麻雀のメリットは、ネット環境さえあれば、どこでもヒリヒリと灼けつくような麻雀が打てること。勝てば金を得、負ければ失う。そんな当たり前の麻雀がネットで打てます!

オンライン麻雀DORA麻雀とは?
DORA麻雀は、今まで主流だった無料のネット麻雀の常識を覆す、リアルマネーを賭けたオンライン麻雀です。フリー雀荘のように見知らぬ相手と「お金を賭けて」対戦します。レートは選べるから、自分のレベルに合わせて麻雀を楽しむことが可能です。無料のネット麻雀では味わえない興奮度・緊迫感・達成感があなたを覆います。もちろん負けた時は屈辱感も。無料では味わえない興奮・・・想像してみて下さい・・・僅差の2着目でオーラス・・・手は悪い。この手を上がりに向かいますか?それとも?

◆麻雀と言えば
麻雀と言えば、『雀聖』阿佐田哲也先生を思い浮かべる方も多いと思います。
若き日の真田広幸主演で映画化された『麻雀放浪記』は今も、全ての麻雀映画のバイブル。原作となった同名小説をご覧になられたことが無い方は是非一度ご覧下さい。麻雀に命を賭ける玄人(バイニン)達の魂を感じることが出来るでしょう。超面白いですよ~。うーん、というか阿佐田哲也先生の小説はどれを読んでも面白いので、片っ端から読むのをオススメします。ちなみに本名である「色川武大」は純文学作家として有名です。川端康成賞を受賞しています。

◆麻雀放浪記と言えば
『麻雀放浪記』といえば西原理恵子の出世作『まあじゃんほうろうき』も面白いですね。先日、山田優主演で西原さんの半生がドラマ化されましたが、半端じゃない人生を送ってらっしゃいます。今でこそヒット作多数、連載も数多く抱える超売れっ子漫画家ですけど、当時は身を削って笑いを取る(素人同然のくせにプロと麻雀を打っては負けるを繰り返す)手法で連載していたんですよ。何でも麻雀で負けたお金で家一軒建つ位(もっと?)負けちゃったそうです。その負けっぷりが面白いわけですけど、本人は辛かったでしょうね~。まあ当時の捨て身の仕事が現在の西原理恵子を作ったんでしょうけど。

よくまあその画力で・・・って漫画家さんだけど(本人はコレで食ってくと早くから決めてたようで、学生の時から何十社も持ち込みをしていたようです)、どれもこれも文句無しに面白いです。現在も連載中の「毎日かあさん」は、子を持つ親なら是非見て欲しい作品です。「あるある!」ってカンジで笑えます。時々泣かせます。

◆麻雀はお金を賭けると?無料のネット麻雀との違いは?
・・・麻雀はお金がかかると、全く別のゲームになります。 無料のゲームなら切れた牌が、お金がかかったとたん切れなくなりますよね。 相手の待ちを真剣に読むようになりますし、いかに牌効率を上げるかを真剣に考えます。 ハッタリも必要になりますし、相手の心理を読むことも必要になってくるでしょう。 苦労して作った手を崩すこともあるでしょうし、気合を入れて牌を切る時もあるでしょう。 配牌を見て降りる時もあるでしょうし、ダマでトップを狙い撃ちにすることもあるでしょう。 ・・・お金がかかると、こんなにゲームの質が変わるのです。

DORA麻雀のメリットは?
上記は麻雀が『世界で最も面白い遊戯』と言われる所以です。このことに皆さん異存はないでしょう。 今までは、それを味わうためには、面子を集めてリアル麻雀をするか、フリー雀荘に行くしか方法がなかったわけです。 それが、ネットで!いつでも!出来るのです!夜通しやっちゃってもいいし、軽く半荘だけでもいいし、東風戦だけなら10分位で終わります。遠くに住んでる友人とだって出来ますね。腕に覚えのある人もいるだろうし、素人同然の人もいるでしょう。しかし、麻雀のレベルは自然とレートでクラス分けされると思われるので、自分にあったレートで勝負すればいいわけです。ドキドキしますね!

◎空いた時間にいつでも出来る
◎都合に合わせていつでもやめられる
◎自分に合わせてレートを決められる。
◎自分に合ったルールで麻雀が出来る。
◎勝った分は容赦なく取ってよし。

これがDORA麻雀!

>>>次のページへ(DORA麻雀の悪い所)
<<<前のページへ(DORA麻雀のいい所は・・・)

DORA麻雀の公式ホームページはこちら!
ルール・イベント・トーナメント情報などはこちらでご確認下さい!

★アフィリエイターの方は、ゲーミングアフィリエイトASPへの登録をオススメします。
アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細は・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    2件のトラックバック

    コメントを残す