DORA麻雀「関西ルール」点数計算式。三人麻雀(サンマ)の計算方法です。これは必ず覚えよう!

管理人のasajiroは、DORA麻雀オープン初日に登録した最古参。
実はブログも当初からやっていたのだが、残念ながらブログ削除の憂き目にあったのだ(涙)。
違法だの合法だのって記事がどうやらマズカッタらしい・・・。

で、不死鳥のごとくブログ復活。

今度は削除などされないように、独自ドメインで再開したわけです。

ま、それはいいや。

最初はねえ・・・。

DORA麻雀も3卓とか4卓しか埋まってなかったんだよね。人数にしたら10~20人位。
それが、今やビッグトーナメントともなると100人位は簡単に集まるから増えたもんだよ。

きっと、もっと増えると思うよ。

だって、本当の麻雀好きなら放っておかないよ。
天鳳とかハンゲとかやってる人は指くわえて見てな!ってカンジ。

ま、それもいいや。

今日は、問い合わせも多い「DORA麻雀の点数計算」について。

4人麻雀は、全く問題無し。普通の麻雀と変わりはない。
問題はサンマ。DORA麻雀では「スピード重視」・「人数が集まりやすい」って理由でサンマ人口が非常に多い。トーナメントは全て4人麻雀だが、フリーの卓は8割がサンマ・・・

このサンマ攻略がDORA麻雀攻略に繋がるわけだ!
当然、点数計算は必須。必ず覚えておこう。

サンマって・・・意外と面白いよね。このスピード感良し。

◆DORA麻雀の3人麻雀(サンマ)点数計算

◎ツモ和了の場合
4人麻雀の点数計算で1人少ないと思えばいいです。

例)子で満貫和了→2000、4000で合計6000点。子で3900和了→1000、2000で合計3000点
例)親で満貫和了→4000、4000で合計8000点。親で5800和了→2000、2000で合計4000点

◎ロン和了の場合
ツモ和了の時の計算方式がそのまま使われます。

例)子で満貫ロン和了→6000点。3900→3000点。2600→2000点。2000点→1500点。
例)親で満貫ロン和了→8000点。5800→4000点。3900→2600点。2900点→2000点。

ちなみに、子の跳満9000点、倍満12000点、3倍満18000点、役満24000点。
ちなみに、親の跳満12000点、倍満16000点、3倍満24000点、役満32000点。

※単純に子の場合は3/4を、親の場合は2/3を掛けてもいいです。

◆DORA麻雀点数計算一覧表

4人麻雀・親 4人麻雀・子 3人麻雀・親 3人麻雀・子
1ハン30符 1500 1000 1000 800
1ハン40符 2000 1300 1400 1100
1ハン50符 2400 1600 1600 1200
2ハン20符 2000 1300 1400 1100
2ハン30符 2900 2000 2000 1500
2ハン40符 3900 2600 2600 2000
2ハン50符 4800 3200 3200 2400
3ハン20符 3900 2600 3000 2000
3ハン30符 5800 3900 4000 3000
3ハン40符 7700 5200 5200 3900
3ハン50符 9600 6400 6400 4800
4ハン20符 7700 5200 5200 3900
4ハン30符 11600 7700 7800 5900
満貫 12000 8000 8000 6000
跳満 18000 12000 12000 9000
倍満 24000 16000 16000 12000
3倍満 36000 24000 24000 18000
役満 48000 32000 32000 24000

当たり前ですが、麻雀は点数計算が出来るだけで圧倒的に有利。
計算してくれるから必要ないでしょ?
ってヤツは絶対強くなれない。面倒臭がらずに絶対覚えた方がいいよー。

おまけ。今日もウマ$8卓でサンマじゃーい!


何も出来ずに何とか2着確保。ウーン。ツギイコー!-$2.24


僅差のトップ争いをしてる時にリーチが掛かり・・・やべっと思ってたらカン7が出て和了!ラッキー♪+$11.26


2着目と5000点差、1着目と6000点差のラス。テンパイした手は発のみ。リーチをかけても2ハン50符で3200点。サンマなので出上がりで2400点。これでは裏ドラが乗らない限り逆転しない!リーチかけてツモれば3ハン40符で5200点。サンマなので親から2600点、子から1300点で入りは3900点。これならピッタリ逆転だ!ココまでを瞬時に計算(ウソ)してリーチ!高目のドラなら出上がりでもOK!低目ならツモる以外ない!って場面で出てきたのは低目の⑧!しかし直前にリーチが入ったので、リー棒分かろうじて逆転!

これぞリアルマネー麻雀の醍醐味!

ギリギリの攻防を経てラスから2着へ。-$0.20


2000点差のトップでオーラス。軽くクイタンを仕掛けて逃げ切り。+$9.65


・・・虎のお方がオーラスの親で大爆発。連続で振り込んでトビ。5順目で親倍直撃とかヤメテヨ。-$16.0

今日は2着・1着・2着・1着・3着で、トータル+$2.47!

ううっ。最後のトビが痛かったなあ。

まあプラスだったのでヨシとしよう。しかしサンマおもろい!

★DORA麻雀の公式ホームページはこちら!
ルール・イベント・トーナメント情報などはこちらでご確認下さい!

dora麻雀の参加費無料のトーナメントはホントに美味しい!

こんにちは。当ブログ管理人のasajiroです。

5月31日に行われた、賞金総額$500のDORA麻雀の記念イベント、

『DORA麻雀50万卓回転記念トーナメント』
に参加してきました~。

※DORA麻雀の詳細が知りたい方はこちら⇒DORA麻雀とは?

さて結果は?

プレーヤーの数は結局104人。

トーナメント方式だから104人⇒52人⇒28人⇒16人⇒8人⇒4人と人数が減って行くわけだ。
※4人麻雀だから必ず4の倍数になる。端数は3位が繰り上がり。

つまり賞金圏内の16位以内に入るには3回勝ち抜く必要がある。
そして5回勝ち抜けば・・・夢の決勝卓だ。

勝ち抜くと言っても2位までに入ればいいから結構気楽なもん。
オーラスでトップだったら降りてりゃいいしね。

しかし逆にオーラスで3位・4位の場合は苦しい。

トップ目は勝負してくれないし、必ず2位に届く手作りをしないといけない。
そして、和了するのが絶対条件という厳しさ。

ま、この厳しい所が面白いんだけどね。

で、結果。

オーラスで4位。健気に中ドラ1を目指して頑張ったが・・・
無残にも一回戦ラス。

超高額賞金なんだから・・・せめてもうちょっと夢を見たかった・・・ガクッ。

ツカーン!

★DORA麻雀の公式ホームページはこちら!
ルール・イベント・トーナメント情報などはこちらでご確認下さい!

ドラ麻雀では、参加費無料のトーナメントで賞金を現金で獲得することが出来ます。登録がまだの方は奮ってご参加を!

こんにちは。当ブログ管理人のasajiroです。

今日は・・・簡単に6月のDORA麻雀トーナメント情報をお知らせします!
※DORA麻雀の詳細が知りたい方は⇒DORA麻雀とは?

なんと言っても目玉は、5月31日に行われる記念イベント!

『DORA麻雀50万卓回転記念トーナメント』

賞金総額は・・・なんと$500!

参加費は・・・無料!

この記念イベントに参加する条件は一つだけ。
DORA麻雀のアカウントを持ってて、一度以上入金していること。

こ・・・これは美味しい!!

完全ノーリスクで、優勝すれば約12500円!2位でも約8000円!
3位でも5000円・・・10位まで賞金が出るんだから、参加するしかない。

いや参加しないでくれ(笑)。
これ以上増えると勝ち抜くのが大変だ。

現在66人だから、一回戦で33人、二回戦で16人、三回戦で8人に絞れる。
つまり3回戦まで勝ち抜けば賞金が確定するわけだ。

マジで、天鳳とか打ってる場合じゃないよ?
まだアカウント持ってない人は急いで作るべし。⇒DORA麻雀の登録方法

「んなウマイこと言って・・・コイツ怪しいなあ」
なんて思ってる方は、そのまま普通のネット麻雀で満足してろよな!

こっち側には来なくていいから。

以下、~6月の主な大会だ!(DORA麻雀主催者メルマガより抜粋)

『DORA麻雀50万卓回転記念トーナメント』
5月31日 22:30開始
参加料:無料
手数料:無料
賞金 :$500
タイプ:勝ち抜き戦(1卓2名)
条 件:一度以上入金していること
ルール四人麻雀

◎説明:50万卓プレイという特別な記念なので、DORA麻雀運営が”どかん”と$500準備しました!
参加費・手数料は無料で、一卓二名勝ち抜きもDORAでは通常のトーナメントはなんら変わりはありません。
唯一の参加条件としては、DORA麻雀に一度以上入金していることになります。
現在DORA麻雀をプレイしているほとんどのプレイヤーが『賭け麻雀』を楽しんでいるので、そこは問題無いと思います。

-==-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

『イースーチー杯』
6月3日 23:00
参加料:$14
手数料:無料
賞金 :$147+α
タイプ:勝ち抜き戦(1卓2名)
ルール四人麻雀

-==-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

『優勝者賞金総取りトーナメント』
6月6日 22:00
参加料:$5
手数料:無料
賞金 :$80+α 優勝者総取り
タイプ:勝ち抜き戦(1卓2名)
ルール四人麻雀
◎総取りトーナメントは熱いぞ・・・。賞金貰えるのは優勝者のみだ。

-==-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

『DORA麻雀VIPトーナメント』
6月10日 23:00
参加料:$50
手数料:$50
賞金 :$300+α
タイプ:勝ち抜き戦(1卓1名)
ルール四人麻雀

-==-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

『水無月戦』
6月24日 20:00
参加料:無料
手数料:無料
賞金 :$120
タイプ:勝ち抜き戦(1卓2名)
ルール四人麻雀

-==-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

もちろん「Freeroll」や「風花雪月杯」などの参加費無料の定期トーナメントはいつも通り。

お金の為だけじゃないぞ!

お金が掛かってない麻雀なんて、ぬるま湯に浸されたカップ麺・・・みたいなもん(笑)。

本気で麻雀やりたいなら。
ギリギリの勝負をしたいなら。

DORA麻雀で会おう。

★DORA麻雀の公式ホームページはこちら!
ルール・イベント・トーナメント情報などはこちらでご確認下さい!

麻雀大会「皐月戦」、5月27日21:00開催。

管理人asajiroも参加してきました!結果は後ほど。

日本の麻雀人口ってどの位いるんだろうねえ。

管理人が学生の頃は・・・今から二十年近く前だけど・・・麻雀出来るのが当たり前って言うと言い過ぎだけど、別に集める必要も無く、いつの間にか麻雀仲間が集まっては夜な夜な麻雀をやったもんだ。・・・今の若い子に「麻雀出来る?」って聞くと「いえ。出来ません」とか「ゲームならやったことあるんですけど」なんて答えが返ってくる。リアル麻雀をやったことがない若者達には是非とも一言いいたい。


麻雀は世の中で一番面白いゲーム!

「亡国の遊戯」とは良く言ったもんで、大の大人が一晩中やっても飽きないってんだからどれだけ面白いかがワカルだろう。マリオもドラクエもFFもモンハンもバイオハザードもダビスタもラグナロクも面白いけど、麻雀には敵わんよ。ホント。

というわけで、

当ブログでは、リアル麻雀が打ちたくても打てない麻雀トモダチ、あとフリー雀荘に行きたいけど行く時間も暇もない麻雀バカ、そんな麻雀好きどもが集まってるサイト「DORA麻雀」を一貫してオススメしてマス。

DORA麻雀には派手な演出もカワイイキャラクターもない。

ただ黙々と打つのみ。

ただし!リアルマネーが掛かっているので、全てが真剣勝負!
この圧倒的なリアルに、他の無料ネット麻雀が敵うはずがない。

一度ここで打ってみて欲しい。

意味のない和了や捨て牌をムシしたイケイケ麻雀にウンザリしてるアナタにピッタリだと思うぞ!DORA麻雀の詳細はこちら⇒DORA麻雀とは?

月イチビッグトーナメント「皐月戦」5月27日21時開始。参加80人。

はいはーい。

今月も月末の日曜日恒例の月イチビッグトーナメントに参加して来ました!

総額賞金$120(約1万円)。

参加費やプレイ代が掛かるってんなら微妙な金額だけど、
1円も掛からないんだから美味しいよね。
今回は80人の参加で10位位まで賞金が出た。

1卓毎に1位と2位が抜ける形だから・・・

一回戦突破で40人。
二回戦突破して20人。
3回戦突破して12人(この時だけ3位の人が2人繰り上がり)。

つまり3回戦まで行けば賞金ゲットは濃厚ってわけだ!

3回戦と言わず、決勝戦目指してがんばるぞい!


一回戦。コツコツと上がってトップでオーラス。勝ち抜き戦では、オーラストップの場合、何もしないのが正解。振込みだけ避ければOK。トップで一回戦突破。


二回戦。再びトップでオーラス。調子いいぞ。もうベタ降りだ!・・・って言ってる間にリーチが2人・・・。ゲゲゲ安牌がない・・・。南をツモってホッとして切ったら当たり。ウゲー!でもギリギリ2位で二回戦突破。ラッキー♪


三回戦!ここを突破すれば賞金ゲット濃厚!しかし、前回の振込みが響いたのか手が来ない・・・ドラドラの勝負手をテンパイしたと同時にダマ満貫を食らって一貫の終わり(トーナメントで満貫の直撃を食らったらほとんど終わり)・・・かと思いきや、オーラスの親で何とハネマンをテンパイ!北!北!北だせっ!北北北!・・・・出ズ。終了。

三回戦で終了。

お・・・惜しい。

しかし最後は跳満なんぞイランだったなあ。
ドラを立て続けにツモってくるなんて思わんもんなあ。

くそう!来月こそは!


★ちょっと時間が空いた時に、簡易フリー雀荘に行く感覚で打てる「DORA麻雀」。
リアルマネーを賭けてネット対戦できる唯一の麻雀サイトです!当然ですが、完全に合法ですよ。
まだ未登録のツワモノはこちらからどうぞ~※asajiroを見つけてもイジメないでネ。

対戦マージャン。っていい響きやねえ。
昔、ゲーセンで麻雀やってる時、人対人で、
金賭けて対戦出来たらオモロイだろうな・・・なんて思ってたけどね。

DORA麻雀なら、簡単に、いつでも、好きなレートで勝負が出来る。
麻雀好きにはたまりませんな。


毎月最終日曜日に開催される参加費無料のビッグトーナメント。参加必須!

やっぱり、痛みが伴う麻雀じゃないと上手くもならないし、
真剣にもなれないよね。

DORA麻雀は、派手な演出も、赤ドラも、かわいいアバターもないけど、
みんなホントに真剣。お金賭けてるからね。そりゃ真剣だわ。

普通のネット麻雀に飽き飽きしている方、
パソコン付けたらとりあえず麻雀!って方、
ネット麻雀で稼げたらなあ・・・って方、

是非DORA麻雀へ。⇒DORA麻雀とは?

今月の月末恒例ビッグトーナメントは「皐月戦」。5月27日21時スタート。
参加費無料で、賞金総額120ドルのビッグトーナメント!参加人数はMAX200人。
さっき確認したら196人でしたよー。まだの方はすぐに登録を!


スゴイ人数増えて来た!最初の頃は50人とかだったのに・・・。

今日は4ドル卓でチンマリとサンマ!


◎一回戦。オーラストップ目で一人テンパイ。ギリギリトップの親で流局濃厚な時はわざとテンパイ崩すのも手。和了止めは出来ないから勝負が延々と続いてしまう。トップ!+4.16ドル。


▲2回戦。一人が突き抜けてしまう苦しい展開。こうなると目的は2着死守。-0.92ドル。


×3回戦。逆転のハネ満をテンパッたけど及ばず。そのまま流局でラス。-4.72ドル


▲4回戦。トップ目だったんだけど、オーラスにチンイツドラ3の直撃を食らって2着・・・トホホ。-0.35ドル。


▲5回戦。リーチ者に一発目ツモって来た「発」を切ったら、これが当たりで裏も発。何と倍満。ツカーン。-0.37ドル。

1着・2着・3着・2着・2着で・・・TOTALマイナス2.2ドル!

4回戦と5回戦は、オーラストップだっただけに・・・悔やまれる一戦。
まあしかし、$4卓位なら、鬼トップを取ってもハコっても500円程度という健全なレート。

それでも負けると悔しいし、勝つと嬉しいけどね。

無料のネット麻雀の何十倍も。

一度登録してしまえば、次からはログインするだけ。⇒DORA麻雀の登録方法はコチラ

リアルマネー麻雀に必要な能力とは?無料のネット麻雀とは違います。


DORA麻雀の月イチトーナメント!参加費は無料で賞金総額$120!

オンライン麻雀DORA麻雀とは?
 DORA麻雀は、今まで主流だった無料のネット麻雀の常識を覆す、リアルマネーを賭けたオンライン麻雀です。フリー雀荘のように見知らぬ相手と「お金を賭けて」対戦します。レートは選べるから、自分のレベルに合わせて麻雀を楽しむことが可能です。無料のネット麻雀では味わえない興奮度・緊迫感・達成感があなたを包みます。もちろん負けた時は屈辱感も。無料では味わえない興奮・・・想像してみて下さい・・・やっとの思いでテンパイした四暗刻。無料のネット麻雀ならただの役満だけど、リアルマネー麻雀なら?マウスを持つ手が震えますよ~。⇒★DORA麻雀とは?


これは無料で参加できるトーナメントの一コマ。2位までが次のラウンドへ。
asajiro(私)はこの時3位・・・

◆麻雀で必要とされる能力は何だと思いますか?

・牌効率計算能力(自分の手牌をどれだけ効率よく上がりに近づけられるか)
・危機察知能力(相手の切口、捨牌からテンパイを察知できるか?待ちを想像できるか?)
・流れ予知能力(流れを引き寄せられるか?乗ることができるか?)
・胆力(押す時に押せるか、我慢する時に我慢できるか?)
・冷静な判断力(熱くならず常に冷静な判断が下せるか?)
・思考の瞬発力(刹那の時間で最良の答えを出せるか?)

上記6点の能力のトータルが麻雀の実力。人によって六角形の形が違うでしょうけどね。※あくまでも私asajiro個人の見解です。あしからず。

「ノーマーク爆牌党」のキャラでわかりやすく系党分けしてみました。知らない人ゴメンナサイ。

◆牌効率計算能力(爆岡系)
 受け取った配牌をどのように仕上げるかは、本人次第です。スピード重視の人もいるでしょう。面前でドッシリ打つ人もいるでしょう。その時によってどちらにも取るバランス型の人もいるでしょう。しかし、どの場合でも確率論からなる正着打というものがあります。結果裏目に出たとしても、その正着打を積み重ねることが勝ちに近づくことになると思います。いわゆる「デジタル打法」です。

 この確率論は、相手の手を予想できるようになるともっと効率が上がります。簡単なところでは、「最初の数巡で1が捨てられたら4が手の内にある、もしくはその色の下は全く無い」この位は強引に推測しちゃっていいと思います。普通の配牌なら、要らない字牌の後は端のスジ牌を捨てます。※例えばソウズが「1 4 9」とあったら1から切ります。9を先に切っちゃうと7とか8をツモッた時に困りますが、1を切って2とか3をツモっても全然困りませんから。まあ9も要りませんが1の方が要らないってことですね。この順番を間違える人が、よくフリテンになる人です(笑)。

 とまあ、強引に相手の手を推理することによって牌効率は格段に上がります。例えば「4」が相手二人の手牌にあると読んで、あなたの手牌の中に2枚あれば、あなたの中で「4」が4枚見えることになりますね?これは牌効率を考える上でとても大きい情報です。

 牌効率計算能力は「自分の手牌」と「みんなの捨牌」と「強引に推理した牌」を組み合わせる能力です。その究極が天才爆岡弾十郎の爆牌でした。

◆危機察知能力(鉄壁系)
 「兎」の特殊能力ですね。いや、あったらいいな~。「こ、この牌は危険!」って教えてくれたら無敵ですね。ノーマーク爆牌党では、主人公の鉄壁保がこの能力に長けていました。よく危険牌をつかんでましたね。しかし、大抵の人は、リーチがかかるか鳴きが入るまでは、この危機察知能力は引っ込めたまま。己の手作りに没頭します。まあ私を含めて、素人の麻雀はそれでいいのかもしれません。相手を警戒し過ぎて手を狭くするよりはいいと思います。

 ただ、「こいつテンパイしたな?」と思ったらリーチと同じように徹底的に警戒すること。ネット麻雀でも、テンパイしたとたん捨牌が早くなる人とか、リーチを掛けるか迷って長考する人いますよね。特に迷ってリーチを掛けない場合は、ダマでも高得点かリーチを掛けたら出難いかのどちらかです。注意しましょう。

 捨て牌から当たり牌を読む力は、訓練によって伸ばせます。相手の手を「ピンフ系」「トイツ系」「チャンタ系」「ホンイツ系」等、どの系統なのか決めてしまうことが大事です。リーのみ等の変則待ちは考えてもわからないので考えません。「ピンフ系」(普通の捨牌)と読んだら「テンパイ宣言牌の裏スジは絶対打たない」これだけでもだいぶん違いますよ。テンパイ宣言牌(リーチ牌とは限りませんよ)の裏スジは2分の1の確率で当たると思っておきましょう。ちょっと大げさですが、実際に結構な確率で当たります。

 時々、明らかに変則的な捨牌(序盤に中張牌がバラバラと捨ててあるような)のリーチに対して「スジ」を切って、それがロン牌だと「なんだよ。引っ掛けかよ」なんてことを言う人がおりますが、とても恥ずかしいですね。そういう場合はスジの方が危険牌です。

◆流れ予知能力(当大介系。違うか笑)
 麻雀は基本的にデジタル打法で間違いはありません。ありませんが、理不尽なことが当たり前に起こるのも麻雀の面白い所です。ノーマーク爆牌党での1シーン。主人公の鉄壁が序盤で親バイ確定のメンホン中ドラ3で5面張でリーチしたのにもかかわらず、脇役の八崎にカンチャン待ちのリーのみで追っかけられて、あえなく振込んでしまうというシーンがあったが、こういうことが起きるのが麻雀なのです。爆岡が当大介に理不尽役満を振込むなんてシーンもありましたね。

 しかし、ここで折れてはいけません。そういう「流れ」だったと思ってさっさと諦めましょう。折れるとさらに「流れ」が来なくなります。そういうもんです。自分を信じる人に流れは来るような気がします。まあ、流れなんて見えるもんでもないし、ただ確率の偏りだと捉えてしまった方が楽だけど、誰しも感じる通りやっぱり「流れ」は大切です。この能力だけに長けた奴が時々いますので気をつけましょう!

◆胆力(八崎系)
 これは、麻雀に限らずギャンブルに限らず、人生において必要な能力ですね。いわゆる「押し引き」に長けた人は強いです。麻雀においては「ここぞという時には何が何でも押す」「ヤバイと思ったら、例え役満イーシャンテンでも引く」(テンパイなら行ってもいいと思いますよ~)ということを実践していかないといけません。その基礎となるのは上の3つの能力になりますが、自分の手と読みに自信を持ち、それを貫き通す能力がないと意味がありません。

 例えば、「俺の読みでは、あいつの待ちは1、4か②、⑤だが・・・六も無スジだ。テンパイだが降りておこう」といったケースです。リーチがかかった瞬間に安牌とスジしか切らなくなるタイプの人ですね。このタイプは全く怖くありません。逆に「俺の読みでは、あいつの待ちは1、4か②、⑤だ!六は絶対通るから、追っかけリーチだ!」というタイプ(爆牌党でいう八崎タイプですね)は強いです。結果読みが間違って振込んだとしても怖いです。だってリーチをしても平気で無スジをバシバシ切ってくるんですよ?そして「こいつは強いな・・・」と対戦相手に思わせることが出来たら大成功です。

ちなみに、私はどの能力も欠けているので、ルールを決めています。
「ドラが2個以上あれば、勝負して良し!」(相手にドラがある可能性が低いからね)
「親でマンガン以上あれば文句なし。3ハン以上でも勝負して良し!」
こんな時はイケイケドンドンです。例えリャンシャンテンでもガンガン行きます。
もちろん状況にもよりますけど、そういう時って意外と当たらないもんです。
「コイツはリーチを掛けても全然ビビらないなあ」と相手に思わせることは、和了するより大事な事だったりします。

◆冷静な判断力(茶柱系)
 これも、麻雀に限らずギャンブルに限らず、人生において必要な能力ですね。熱くなったら駄目です。必ず大負けしちゃいます。「そんなことわかってるよ」とみんな言うんです。頭でわかってても実際にその状況になるとどうでしょうか?自分はいつも冷静だと言える人間がどれだけいるでしょうか?「今日は一万円分だけ遊ぶ」と決めてパチンコに行きます。一万円で済みますか?財布が空になった挙句にコンビニのATMに駆け込んだ経験はありませんか?ふっふっふ。私は何度もあります。

 麻雀も同じです。負けが込むとカーッとなってその負け分を取り返そうとします。レートを倍になんて考える人もいるかもしれません。レートを倍にすると対戦する相手も倍強くなると思って間違いありません。例えば点5で常勝の人でも点ピンになったとたん勝てなくなるのと同じです。分不相応のレートでは絶対に勝てません。ましてや、冷静な判断が出来ない中で勝てるはずがありません。ズルズルと点棒が無くなっていくだけです。

 ここで言う冷静な判断力とは、勝っても負けても普段通りに打ち続ける能力です。爆牌党では、自らの打ち筋を貫く「牌流打ち」の茶柱がこのタイプですね。だから「今日はもう駄目だ」と思ったらブチッとやめてしまいましょう。お金がなくなったら、次の給料日まで待てばいいんですよ。繰り返しますが、ギャンブルは熱くなったら絶対に勝てません。

◆思考の瞬発力(必須条件)
 これは、麻雀に特化した、麻雀だけに必要な能力でしょう。この能力がなければ、他の全ての能力が備わっていても駄目です。何故か?麻雀ではツモってから牌を捨てる迄に許される時間は短い。長くて5秒位でしょうか。ネット麻雀では2~3秒ですかね。その間に、牌効率やみんなの捨牌や今までの流れを計算しつつ、14種の牌の中から最適な捨て牌を選ばなければならないのです。

 競馬や競輪なんて前の日から考えることが出来るし、パチンコなんて何も考える必要がない。ポーカー等のカードゲームは降りるか行くかの判断をするだけだから、思考するというよりは駆け引きのゲームですね。麻雀ではこの思考を毎回毎回ツモる度に繰り返すのですから、瞬間的に答えを出すという能力は、何よりも重要だと言えると思います。とはいえ、その何秒かで、常に最高の答えをはじき出すなんてことは不可能ですよね。だから一巡して自分のツモが回ってくるまでに、有効牌が入ったらどれを切るか?危険牌だったらどうするか?というのを想定しておく必要があります。麻雀が強い人は、例外なくそのスピードが速いです。これを鍛えるためには、・・・何より場数ですね。

【asajiroの答え】悩ましいですね~。しかも2巡目ですか。2巡目だったらチンイツに向かう手もありますけど、出題の意図は一通を取るのか、タンピンを取るのかということだと思います。すなわち八を切って仮テンにとって九引きを待つか?一を切ってタンピンに向かうか?六を切って両天秤にするか?ですね。しかしこの場合ソウズの4567のくっつきが手っ取り早いですね。私の答えはイーペーコーの目もある一切りです。六切りはフリテンの可能性がありますのでしません。この手をピンフのみにはしたくないのでソウズ切りもありません。どちらにしろタンピン>一通です。一通や三色は難しい割に得点が低いですから。

※面白いブログを見つけました。良かったらご覧下さい→麻雀ほうろうき


★DORA麻雀の公式ホームページはこちら!
ルール・イベント・トーナメント情報などはこちらでご確認下さい!

★アフィリエイターの方は、ゲーミングアフィリエイトASPへの登録をオススメします。
アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細は・・・

DORA麻雀は果たして勝てるのか?DORA麻雀の場代は?

◆ギャンブルの控除率
 現在日本で認められている公営ギャンブルは、全て胴元の取り分が決められていて、残りを配当金として分配する方式になっています。そしてその取り分は、親玉である各省庁に吸い上げられます。貴重な財源であると同時に、貴重な天下り先となっているのです。だいたい農林水産省が「競馬」ってのもよくわかりませんが、文部省が「toto」ってどんな繋がりがあるか教えて欲しいものです。ただ財源が欲しいだけにしか見えません。

【各公営ギャンブルの控除率】
競馬・・・25%
競輪・・・25%
競艇・・・25%
オートレース・・・25%
宝くじ・・・50%超
ロト、ナンバーズ・・・50%超
toto・・・50%超

 つまり、公営ギャンブルは数字上では絶対勝てません。当然その時その時で勝つこともあるけど、ずっとやり続けて勝ってる人というのを私は知りません。もちろん中には神のような方がいるでしょうが、特別稀有な存在であることは間違いありません。どれだけ上手い人であろうと勝てないくらい日本のギャンブルの控除率は絶望的です。

 宝くじなんて詐欺同然。それでいて、わけのわからん独立行政法人がたくさんあって、大勢の官僚が天下りしているのですから頭にくるわい。仕事は「宝くじの販促です」。本当かよ!どんな仕事だよ!それで数年勤めて退職金が何千万円って、それ全部宝くじで国民から騙し取ったお金?あいも変わらず当選確認は目視だしw年間にどれだけ払い戻しのない当選くじがあるのか教えてもくれない。品のないCMにお金を使う前に、「払い戻しのない当選金は、東日本大震災で被災された方々に寄付します」とか「売上げの10%を寄付します」位のことやったらどうだよ?

怒りにまかせて脱線したけど、要は公営ギャンブルで勝つのは難しいってこと。外国の控除率はこんなに酷くはないんだけどね。

【民営ギャンブルの控除率】
パチンコ20~3%
カジノ 5~3%

カジノは日本にはないけど控除率はこんなもの。パチンコは機種によって違うらしいけど、だいたいこの位らしい。
つまり、日本で一番勝ちやすいギャンブルはパチンコってことになりますね。機種選びと店選びが上手く出来れば、そして運があれば勝てるのがパチンコです。がしかし、所詮は機械割がある確率ギャンブルです。機械の確率には絶対勝てません。

◆じゃあ麻雀はどうなの?場代は?
 麻雀で取られるのは場代のみ。場を提供している店子に、時間いくらとか半荘いくらとかでお金を払います。雀荘のシステムですね。DORA麻雀も同じシステム。DORA麻雀の場代はトップ者の勝ちの10%です。え?それって安くねぇ?仮にトップ者が4000円勝ったとしたら場代は400円。4人で割ったら100円。街の雀荘ならいくら取られます?

◆麻雀はスキルゲーム。
 他の公営や民営ギャンブルとの決定的な違い。それは、麻雀が対戦相手との実力比較で勝敗が決まる「スキルゲーム」だってことです。よく麻雀は「運3割、実力7割」なんて言いますが、それは短期戦の話、もしくは実力が伯仲している場合の話で、長くやれば「運0割 実力10割」と言っても過言ではありません。
 少しでも実力に開きがあれば、長く打てば必ず強い方が勝ちます。「あいつには、多分トータルで勝ってないよなあ・・・」という感覚がどなたにもあるかと思いますが、間違っていません。「多分勝ってない」どころか「めちゃめちゃ負けてる」はずです。だから麻雀で勝つには、「自分より強い相手とはやらない」コレが鉄則になります。しかし、無料のネット麻雀をやってて思いますが、本当に強い打ち手がどれだけいるでしょうか?ねえ?

◆麻雀は強くなれる!
 そして、麻雀は強くなることが出来るギャンブルです。どれだけ経験を積んでもパチンコに技術が介入する余地はありません。ハンドル持ってるだけですからね。パチスロの場合目押しが上手くなれば取りこぼしはなくなりますが、技術的向上はそれで終わり。パチンコよりはマシですがね。競馬や競輪などは確かに知識や経験がモノをいいますが、控除率が高いのがネックです。どれだけ上手くなっても絶望的な控除率に跳ね返されてしまいます(実際に競馬歴30年!とか言っても、競馬で勝っている人はほとんどいません)。

 ギャンブルで「技術が上がれば勝つ確率が大幅に上がる」という要素は、とても魅力的ですね。麻雀はこれにピッタリ当てはまります。あとはポーカーとかブラックジャックなどのカードゲームです。自身のレベルアップとともに確実に勝率が上がります。

 例えば、麻雀には「符計算」というちょっと面倒臭い点数計算法式がありますが・・・「符計算が出来ない人」は今すぐ勉強して覚えて下さい。出来れば瞬時に点数が出てくるまで練習しましょう。何故かって、たったそれだけで麻雀が数倍強くなります。「本当かよ?」って思うかもしれませんが、本当です。

◆符計算を覚えよう!
 強い人で符計算の出来ない人はいません。はっきり言って、私も点数計算の出来ない人には負ける気がしません。美味しい相手と考えます。片山まさゆきの漫画「オバカミーコ」でも師匠の波溜が主人公に符計算を覚えさせるシーンが出てきますが、「符計算」は麻雀の必修科目です。

 それでいて、符計算出来ない人が多いのだから驚きです。「ゲームでもネット麻雀でも勝手に計算してくれるから必要ないでしょ」と言う方は考えてみて下さい。例えばオーラスで3900点と5200点の違いがわからなければ、リーチを掛けていいのか?ダマでいいのか?出上がりでいいのか?ツモらなければならないのか?が分からないでしょう?

 わからないまま「リーチをかけりゃどうせマンガンだ!」と言っていたら勝てるものも勝てません。特にネット麻雀ではリーチを掛けた瞬間に周りの警戒レベルが上がります。逆に言えば、ダマならほとんど無警戒です。ダマでいいのに、点数計算が出来ないからリーチを掛けるなんてことは、言うまでもなく愚の骨頂です。麻雀は一つでも上の着順を目指すことが勝ちにつながるのだから、この点数計算能力は必須です。難しそう・・・と思わないで。コツさえ掴めば簡単ですよ。使うのは足し算と掛け算だけですから。このサイトがわかりやすいです。→麻雀点数計算



私の答えは中ツモ切りでチートイテンパイ維持です。ここでも点数計算が出来るか出来ないかで大きく違ってきますね。このままチートイドラドラで6400点。ツモれば8000点。この手のマックスは、もちろん四暗刻や三暗刻トイトイドラ3となりますが、その為にはリャンシャンテンに戻す必要があります。せっかく7順目でテンパイしているのに。トイトイが現実的でないとすると、打4で中チャンタドラドラか中ドラ3を目指すことになりますが、どちらもマンガンの8000点です。しかもドラが出てくる可能性は低く、1、9は残り1枚です。単騎待ちで柔軟に構えながらテンパイを維持する方が断然いいと思います。みなさんいかが?

>>>次のページへ。
<<<前のページへ(DORA麻雀の悪い所)

★DORA麻雀の公式ホームページはこちら!
ルール・イベント・トーナメント情報などはこちらでご確認下さい!

★アフィリエイターの方は、ASPへの登録をオススメします。
アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細は・・・