「先ヅモ」(先ツモ)は、マナー違反?それともルール違反?「先ヅモOK」ってお店もあるの?「先ヅモ」は有利?不利?メリット、デメリットは?「先ヅモ」してる人は注意するべき?それともスルーするべき?結論、「先ヅモ」やってるヤツは損している!自分の手牌が透けるのだ!注意せずに観察して点棒かっさらっちまえ!

 

麻雀やってると、

 

「先ヅモ」する人いるよね。

 

%e5%85%88%e3%83%85%e3%83%a2ok%e3%81%ae%e3%81%8a%e5%ba%97

(先ヅモOKのお店もある。それがルールなら問題ない)

 

先ヅモ(先ツモ)ってのは上家がツモって考えてる間に次の牌を取り、
盲牌で何の牌か確認すること(盲牌じゃなく実際に見ることも)。

 

お店的に「先ヅモOK」って店もあるし、
仲間内で「黙認」していることもあるだろう。

 

先ヅモをすると考える時間が極端に短くて済むし、
展開が早くなるから時間短縮にもなるし、
先ヅモしたくなる気持ちは良ーーーく分かる(笑)。

 

特に「ナシナシ」ルールであるなら先ヅモOKでもいいかもしれん。
(私も以前、仲間内限定で先ヅモ麻雀をしていた)

 

しかし、覚えて置いて欲しいんだが、

 

先ヅモは基本的に、

 

・マナー違反ではなくルール違反。
・有利ではなく不利。

 

である。

 

「え?ルール違反なの?有利そうだけど・・・?」

 

%e5%85%88%e3%83%85%e3%83%a2%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a%e5%89%8d

(皆で黙認している場合はいいけどな!)

 

先ヅモは基本的にNG・・・マナー違反ではなくルール違反である。
麻雀のルールは「上家が切ってからツモる」である。
「上家が切る前にツモっていい」なんてどこにも書いてない。

 

やっていいのは「先ヅモOK」のお店のみ。
もしくは仲間内で「先ヅモOK」を確認している場合のみ。

 

なので、やってる人が居たら堂々と注意して良い。
フリーであれ、仲間内であれ、

 

先ヅモはルール違反である。

 

%e5%90%8c%e6%84%9f%e3%81%a0%ef%bc%81

 

先ヅモする人の中には、

 

上家が切った瞬間に手牌に入れ、
ポンの声が上がると

 

「(ポンの)発声遅えよ」

 

とか、自分の先ヅモは棚に上げて文句を言うヤツがいるな。
文句を言わんまでも露骨に嫌な顔をするヤツが多い。

 

なぜこういうことをするかというと、

 

「相手に鳴かせないため」

 

である。どんなに判断が早い人でも、
切られてから発声するまでに1~2秒掛かる。

 

しかし、先ヅモしている人はもう手元に牌があるわけだから、
手牌に入れるのは一瞬である。

 

その時点で鳴ければいいが、
相手は先ヅモしてるから切る牌だって決まっている。
つまり・・・捨て牌も一瞬なのだ。

 

いくらなんでも切られた後に鳴くことは出来ないわけで、
仮に遅れて「あ!それ、ポン!ポン!」と言っても、

 

「もう切ったよ」

 

%e8%81%9e%e3%81%8f%e8%80%b3%e3%81%aa%e3%81%97

 

と言われてお終いである。

 

(あんたが先ヅモするからだろ!と言い返してもいいと思うけどな)
(自分も先ヅモしてたら何も言えないけど。笑)

 

鳴く方はかなり厳しい・・・というか、
普通の卓ならば、これは「ルール違反」以外の何者でもない。

 

%e5%90%8c%e6%84%9f%e3%81%a0%ef%bc%81

 

また、鳴きが入って牌を戻すにしても、
その牌が何であるか分かっているというのは、
先ヅモをする人にとって有利であることは言うまでもない。

 

仮に、その牌でテンパイしてリーチするとしたら、
「入り目」と「テンパイ宣言牌」が分かるわけだから、
待ちは非常に読まれやすくなるわな。

 

例えば・・・こんなタンピン手のイーシャンテンだとする。

%e5%85%88%e3%83%85%e3%83%a2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%82%89%e6%89%8b%e3%81%8c%e3%83%90%e3%83%ac%e3%82%8b

ポンで回ってきた3索が入ってくるわけだ。

そうすると安牌の西が出て行くわけで、

3索が入って安牌の西切りなら・・・

 

「多分タンピン手だな!」
「安牌持ってたってことは、くっつきテンパイじゃないな!」
「おそらく両面×2のイーシャンテン!」
「3索の近くは全部通し!」

 

なんて読みが出来るわけだ。

これも「ルール違反」以外の何者でもない。

 

また、鳴きが入ると手牌に入れた牌を戻すわけだが、
ツモった牌とは違う・・・不要牌を戻すヤツだっているな(イカサマだね)。

 

%e5%85%88%e3%83%85%e3%83%a2%e4%b8%8d%e8%a6%81%e7%89%8c%e9%ab%98%e9%80%9f%e5%9b%9e%e8%bb%a2

 

しかしこれは、見てればドコに入れたかだいたい分かるし、
戻す牌を躊躇したりするからすぐバレる(笑)。

 

わざとやるヤツは論外であるが、
例え本人にその気がなくても、
カンチャンの赤5万なんてツモった日には・・・

 

%e6%82%aa%e9%ad%94%e3%81%ae%e3%81%95%e3%81%95%e3%82%84%e3%81%8d

 

悪魔が「要らない牌を戻しちゃえ~」と囁くものである(笑)。

 

イカサマ防止、悪魔防止の為にも「先ヅモ」は認めない方がいい。

 

・・・

 

ここまで見ると、

マナーやルールは置いておいて、

「先ヅモをした方が有利」であるかのように見える。

 

しかし実際は「先ヅモは不利」である!

 

「え?浅次郎さんどうして?」

 

うむ。その理由を挙げよう。

 

・先ヅモすると鳴けない!

・先ヅモすると門前手なのがバレる

・先ヅモしないと鳴きたいのがバレる

・先ヅモすると嫌われる(笑)

 

そう、先ヅモすると鳴けないのである。
(もちろん、先ヅモOKの店でも「先ヅモからの鳴きはNG」である)

 

鳴けないのに先ヅモするってことは、

鳴かないってことであり、

つまり、先ヅモする場合、門前手なのである。

 

%e3%82%84%e3%81%af%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%8b

 

門前手ってことは、

 

・役牌の対子はない。

・ホンイツもない。

・トイトイもない。

・喰いタンもない。

 

のである。もっと深掘りすると、

 

・タンピン系である可能性が高い。

・愚形リーのみの可能性もある。

・ドラはあっても多くない。

・三色や一通などの重い手。

 

ということも言えるのだ。

 

%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%8b

 

なんせ「鳴く」という選択肢がない牌姿なのである。

 

「タンヤオドラ3」なんて可能性も少ないし、
「役牌」を持ってる可能性も少ない。

 

また、この手の人は「手作り重視」の方が多く、
三色や一通などの重い手が好きである。
(純チャンやチャンタは鳴くことが多い。笑)

 

鳴き三色や鳴き一通は頭から考えないので、
この場合も「先ヅモ」してしまうんだな。

 

逆に、

 

「鳴きたい」時は先ヅモしないわけだから、
「鳴きたい」時が丸分かりなのである(笑)。

 

先ヅモしない時は・・・

 

・役牌の対子がある。

・ホンイツ手である。

・トイトイ手である。

・喰いタン手である。

 

特に注意しないといけないのが「役牌」と「喰いタン」である。
この2つはアリアリ麻雀では非常に出現率が高い。
またドラを2枚以上持っている可能性もあり、ドラにも警戒が必要である。

 

さらに言えば、

鳴きたい=まだテンパイしていない

という可能性が高いわけだから(例外もあるが)、

 

先ヅモしない=勝負出来る!

と言えるわけだ。

 

%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%8b2

 

つまり、

 

先ヅモしてると

「こいつ、またタンピン形か?」

「テンパイしてるかも?」

 

と思われ、

 

先ヅモしてないと、

「あ、鳴きたいんだな?役牌押さえたれ!」

「まだテンパってねーな!勝負!」

 

と思われてしまうのである。

 

このデメリットはデカイ。

投げる前に球種が分かっているようなもんである。

 

%e5%88%86%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%a6%e3%82%82%e6%89%93%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

分かってても打てない球もあるけど(笑)。

 

そして、面白いことに、
「先ヅモしてる人」の多くは

このデメリットに一切気づいていないのだ(笑)。

(むしろ、先ヅモは有利だと思っている)

 

まとめよう。

 

■先ヅモのメリット。

・展開を早くして鳴かせない。

・ポンが入った時に戻す牌が何なのか知ることが出来る。

 

■先ヅモのデメリット。

・門前手なのか鳴きたい手なのかがバレバレ。

・テンパイ気配がバレる。

 

簡単に言ってしまうと、

先ヅモは損である。

 

ポンで牌を戻すシーンは少なく、
その牌が無駄な牌であることも多く、
その情報が実際に活きることも限られている。

 

それより、自分の手牌が「門前手」か「鳴き手牌」か?
がバレるデメリットが大きいのだ。

 

特に、序盤で役牌を鳴きたい場合など・・・もうバレバレである。もし、対象者が親なら、徹底的に字牌を絞って親を流してしまうといい。

 

もし、「先ヅモ禁止」のフリーで同席した客が、
「先ヅモ」をするようであったら、

 

注意するのではなく、
放置してジッと観察するようにしよう。

 

「親で、先ヅモしてねえ・・・こりゃダブ東持ってるかも?」
「最初から先ヅモで鳴く気なし。でも捨て牌が変則・・・チートイか?」

 

なんてのが分かるだけで随分と有利に戦うことが出来るぞ!

 

参考にされたし。

 
今日は遊びで東風戦の4人麻雀。4ドル卓。

dora%e9%ba%bb%e9%9b%8020161019-1

最後にハネ満上がって2着に浮上。+2.63ドル。

 

dora%e9%ba%bb%e9%9b%8020161019-2

オーラスで抜け出して1着。+6.51ドル。

 

メンバーが欠けたのでヤメ。

 

合計9.14ドル(約900円)。

遊びでも900円稼げる。これがDORA麻雀のいいところ。

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来るぜ!

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!

弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【DORA麻雀トーナメント情報】ドラ麻雀には多くの参加費有料トーナメントがあるが、あなたは参加しているだろうか?無料のトーナメントは100人単位で人が集まるが・・・実は有料のトーナメントの方が美味しい?オススメはイースーチー杯。参加費は約1500円で優勝すれば20,000円である!(決勝卓に残れば賞金あり)

 

仮に、

 

参加費1500円で、20人の麻雀大会をやる!

賞金は1位が20,000円!

2位10,000円、3位7000円、4位5000円だ!

 

と言ったらあなたは参加するだろうか?

 

負けても1500円の出費のみ。優勝したら2万円。

決勝卓に残れば最低でも5000円だ。

 

「もちろん、参加するぜ!」

 

%e3%82%82%e3%81%a1%e3%82%8d%e3%82%93

 

と言うのではなかろうか?

 

私ももちろん参加する。

 

そんな麻雀大会がネット上で定期的に行われているのが、

DORA麻雀である(詳しくはこちら)。

 

%e3%83%89%e3%83%a9%e9%ba%bb%e9%9b%80%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%e6%9d%af

イースーチー杯。参加費は14.7ドル(約1500円)。この時の参加人数は20人。賞金総額は427ドル(運営側が147ドル供託)。1位の賞金は192ドル(約20,000円)、2位の賞金は107ドル(約11,000円)、3位は73ドル、4位は56ドル。4人麻雀で1位と2位が次に進める勝ち抜け方式(3位でも進めるケース有り)。

 

おお!マジっすか!

 

ただし、トーナメントが開催される日時は決まっているので、その時にはパソコンの前に座ってなければならん(忘れないようにスマホでアラームをかけておこう。笑)。エントリーしてその場に居なかったら、ツモ切りオンリーの振込マシーンになる。多分。

 

一見、参加費の1500円は高い!と私も思っていた。

 

しかし、実際はかなり期待値の高い大会であるので(運営側の供託金が約15,000円分ある)、日時が合えば是非参加したい大会だ。

 

他にもこんなトーナメントがあるぞ!

 

%e3%83%89%e3%83%a9%e9%ba%bb%e9%9b%80%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85%e7%b7%8f%e5%8f%96%e3%82%8a

優勝者総取りトーナメント。参加費7ドル(約700円)。この時の参加人数は12人で総賞金は164ドル(運営側の供託80ドル)。このトーナメントは1位総取りである。700円の参加費で賞金約16,500円!確率1/12で3回大当たりが出るパチンコ台みたいなもんだ。

 

%e3%83%89%e3%83%a9%e9%ba%bb%e9%9b%80%ef%bc%84100vip

$100VIP ADDED。参加費はなんと1.1ドル(約110円)。総賞金は160ドルである。このトーナメントは参加人数が多いため、勝ち抜くのは至難の技。しかし、リスクは缶コーヒー一本だもんな。これは私も毎回参加だ。

 

DORA麻雀は、通常の卓で打つのもいいけど・・・

トーナメントもドキドキして面白いぜ!

最新のトーナメント結果はこちらの「トーナメント情報」で!)

 

 

さて、

 

今日も軽くサンマの8ドル卓。

 

dora%e9%ba%bb%e9%9b%8020160922-1

1回目。何も出来ずにラス。-13.28ドル。

 

dora%e9%ba%bb%e9%9b%8020160922-2

2回目。なんだその無謀な仕掛けは~~~!競り負けて2着。+1.24ドル。

 

dora%e9%ba%bb%e9%9b%8020160922-3

3回目。この親倍が5巡目の話。南無。+13.26ドル。

 

dora%e9%ba%bb%e9%9b%8020160922-4

4回目。役牌バックで逃げ切り。+9.51ドル。

 

dora%e9%ba%bb%e9%9b%8020160922-5

5回目。瞬間、待ちがよく分からんかったが3-6索のノベタンか。逆転で1着。+9.88ドル。

 

TOTAL+20.61ドル(約2,000円)。

 

8ドル卓でラス引けば10ドルちょっと負けちゃうから・・・イースーチー杯の参加費とそう変わんないよなー。出来るだけ参加しようっと。

 

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」

 


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

堀内正人の鉄鳴き「麒麟児の一打」を買って読んでみた。麻雀は門前だけでは勝てない?赤ドラ入りの麻雀は役よりスピード?鳴く時に大事なことは「牌が出る前にココは鳴く」と決めておくことである。そのために必要なのは「鳴きのセオリー」。是非、オリジナルの鳴きルールを作ろう!浅次郎の「鉄鳴きのセオリー5箇条」は?

 

ビックリの記事があったので、シェアしておくぜ。

 

就職試験に麻雀

<就活>マージャンで内定リーチ 採用に導入、勝負勘見極め

 

しゅ、就職試験に麻雀?

 

社長マジか?

 

しかしよく考えりゃ、

計算能力、勝負勘、思考の瞬発力・・・そして運。

 

確かに、ビジネスマンに必要な要素タップリだわ(笑)。
(管理人は12年サラリーマンをやった後に独立)

 

しかし、ええ会社だなあ・・・。
社員達は退社した後に牌を握るんだろうなあ・・・。

 

さて、

 

今日は、管理人個人の【鉄鳴きのセオリー】を紹介しようと思う。

 

こういう時は絶対鳴く!

 

哭きの竜

 

という「哭き竜パターン」を最初から決めておくのである。

 

特に、リアル麻雀においては、
鳴くかどうかは一瞬で判断して発声しなければならん。

 

最初からパターン化しておかねば、
イザという時に咄嗟にポンチー出来ないのである。

 

鳴きは一瞬の判断で2

 

鳴きは一瞬の判断で

 

以下、

 

あなたの【鉄鳴きのセオリー】とは違うかもしれんが、
参考になれば幸いである。

 

※ルールはアリアリ。赤3枚を想定。尚、打点が必要な時、他家からリーチが入った時など局面によって変わることもある。あくまで一般的な局面でのセオリーである。

 

 

■浅次郎【鉄鳴きのセオリー】5箇条

 

1、役牌は一鳴き!

2、一通、三色、チャンタ確定は鉄チー!

3、ポンテン、チーテンは鉄板!

4、役が無い時は強引に鉄ポンチー!

5、満貫あれば好形でも鉄チー!

 

1、役牌は一鳴き!

「役牌のみ」しか手牌に希望がない場合、一枚目はスルーする方も多いと思う。
あわよくば暗刻にしてリーチ!・・・こうなれば理想である。
しかし、スピード命のアリアリ赤有り麻雀では一鳴き1000点でOK。
そう決めておくのが大事なのである。

 

2、一通、三色、チャンタ確定は見逃さずにチー!

「門前でリーチ」がもちろん理想である。
しかし、一通、三色、チャンタ(純チャン)は
急所となる牌がカンチャンやペンチャンになりやすく、
門前で仕上がる可能性は鬼のように低い!
仕上がったとしても高めで和了出来るとは限らん!
なので、これらの役が確定するようなら・・・例え1000点でも鳴いてしまえ!

 

3、ポンテン、チーテンは迷わず取れ!

「タンピンドラドラの一向聴」「タンピン一盃口一向聴」・・・なんて時は、
序盤にチーテン・ポンテン出来る牌が出てもスルーしてしまうな!
しかし、赤有り麻雀では「聴牌は神」。例え1000点、2000点に打点が落ちても聴牌を取るべし!他家に聴牌される前に和了するのが大事なのだ。

 

4、役が無い時は強引にポンチー!

「役がねえ、ドラもねえ・・・でも行かねばならん!」なんて時に
「とりあえず門前でリーチして裏ドラ期待」という方向に行ってしまいがちだが、
役がない時はスピード!鳴いてクイタンやトイトイを目指すべし!
么九牌の暗刻落とし、端牌の喰い替え、対子が3つあればポン!何でもアリだ!
役なしリーノミで行っていいのは親の時だけ(子なら基本オリ打ち)。

 

5、満貫あれば好形でもチー!

悪形の「タンヤオドラ3」でクイタンに行く人は多いと思うが、
好形の「タンピンドラ3」でクイタンに向かう人は少ない。
リーチを掛ければハネ満以上が見込めるからだ。
都合よく聴牌すればいいが、一向聴地獄になることも少なくない。
満貫確定であれば、好形両面でもチーすべし!
一刻も速く聴牌するのだ!

 

本当はもっと細かくセオリーを決めておきたいが、
こういうルールはシンプルなのが一番。
(シンプルじゃないと実戦で発声出来ない。)

 

この5箇条を心に刻んで麻雀の席に付きたいと思う。

(後日、1つずつ掘り下げて記事にしようと思う)

 

鳴きは一瞬の判断で3

赤(金)があれば・・・四暗刻一向聴でもチー?

 

 

さて、

 

今日も軽くDORA麻雀で8ドル卓サンマ。

 

1回目

dora麻雀20160824-1

ラス目のリーチは助かるわー!ベタオリでトップ+9.22ドル。

 

 

2回目

dora麻雀20160824-2

これまたダントツトップで喧嘩せず。+10.57ドル。

 

 

3回目

dora麻雀20160824-3

あぶねえあぶねえ・・・+11.07ドル

 

4回目

dora麻雀20160824-4

聴牌すれば当然勝負だったが・・・逃げられたわ。-0.55ドル。

 

 

メンバーが欠けたのでヤメ。

 

トータル+30.31ドル(約3,000円)

 

なんか、鳴きを意識するようになって、
勝率が上がってきたような気がする・・・

 

毎日これくらい勝てるといい小遣いになるな。

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイト。

 

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!

弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」

 


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。

 

詳しい登録方法はコチラで解説!

鉄鳴き「麒麟児の一打」を買って読んでみた。麻雀は門前だけでは勝てない?赤ドラ入りのアリアリ麻雀は役よりスピード?先制攻撃が何より重要?鳴く時に大事なことは「牌が出る前に鳴く」と決めておくことである。そのために必要なのは「鳴きのセオリー」。この本は面白い。

 

 

あなたは、麻雀において、

「鳴きのセオリー」を考えたことがあるだろうか?

 

・このパターンなら鳴く。

・このパターンなら鳴かない。

 

という鳴きのルールである。

 

もちろん、順位や点数差や親の有無など・・・ケースバイケースなのだが、

多くの方はその場その場でテキトーな判断をしていると思う。

(私はテキトーに判断している。笑)

 

例えば東一局目、1巡目でこれを鳴くだろうか?

 

 

鉄鳴きパターン1

 

 

ぜってえ鳴かねぇぇぇぇ!

 

 

ばっかじゃねーの?

 

 

と多くの方が思うだろう。

 

私もそう思った(笑)。

 

なにゆえ、ハネ満あるいは倍満まで見える三色ドラ3 の一向聴から・・・

9索を鳴いて片上がり三色に取らねばならんのだ!・・・とね。

 

しかし、よく考えれば・・・

 

ピンフにするならカン8索を引かねばならず、

タンヤオにするなら9索を落とさねばならん。

三色確定にするためには3索を引く必要があって、その場合は愚形聴牌である。

 

強欲な方はまず9索の対子落としに向かうと思うが、

そうなると7索も落とすことになるわけで、

そうなると他にもう一つメンツを作らねばならんのだ。

 

スイスイとメンツが出来ればいいのだが・・・

多くの場合、こういった手は三色が崩れてしまうだろう。

この手牌からタンピン三色に持っていくのは結構時間が掛かるのだ。

 

となると・・・

結局ピンフドラ3とか、鳴いてタンヤオドラ3とかになってしまう。

鳴き三色ドラ3と・・・打点は一緒だ。

 

さらに、9索を外すとなると聴牌まで早くても5~6順。

遅ければ10~12順くらいかかるのではなかろうか?

(聴牌しない可能性も。笑)

 

これは、この一向聴のまま門前で勧めた場合も同じで、

すぐに聴牌が入る保証などない。

 

しかし、1巡目に9索を鳴いて聴牌に取れば?

片上がりの3色なれど、赤3つで満貫。

 

満貫の打点で、延々と先制攻撃が出来るわけだ。

 

先制攻撃

 

麻雀で大事なのは、

 

いかに自分だけが相手を殴れる・・・

エンペラータイムを作れるか?

 

エンペラータイム

 

である。

 

いくら配牌が良くても、三色のドラ3でも・・・

聴牌出来なければ全く意味なし!

 

比較してみよう。

 

1、早い巡目で聴牌。片上がり三色の満貫。

2、遅い巡目で聴牌。大体満貫。上手く行けばハネ満、倍満。

 

この9索を鳴くかどうかは、

 

鉄鳴きパターン1

 

この1と2・・・どっちがいいか?って選択なのだ。

 

もちろん、6索を引いてしまってフリテンになる可能性もあるが・・・

それはリスクとして受け入れ、ツモに賭けるのみである。

(このリスクを多くの人は過剰に考えてしまう)

 

こうやって冷静に考えると、

9索鳴き・・・アリかもって気がして来ただろう?

 

特に、

 

配牌がいい時はこういう牌に反応することは難しい。

 

しかし、「鳴きのセオリー」を持っておくと、

瞬時に反応出来るようになる(はず)。

 

 

鉄鳴きパターン1

 

この例題の鉄鳴き「9索ポン」が正しいかどうかは分からん。

 

そして、実際に鳴くのはとても難しい。

(私はやっぱりこの9索は鳴けない鳴かないと思う)

 

でもね。

 

こうやって考えることが大事。

 

自分の中で「鳴きのセオリー」を決めておくと・・・

実践でめちゃくちゃ役に立つと思う。

 

例題はこちらから抜粋。

 

鉄鳴き「麒麟児の一打」

堀内正人「麻雀 麒麟児の一打 鉄鳴き」。新品でも500円かそこら。→Amazon

 

近々、私個人の鉄鳴きのセオリーをまとめるぜ!

 

 

 

さて、

 

今日も元気に、

 

DORA麻雀に行ってきたぜ!

 

赤ドラ入りのサンマだ!

 

 

1回目

dora麻雀20160719-1

接戦であったが、抜けだして1着。+11.07ドル。

 

2回目

dora麻雀20160719-2

この聴牌で4巡目にリーチして口笛吹いてたんだが・・・なんと四暗刻を和了されてしまった。

 

dora麻雀20160719-3

が、そこから盛り返してプラスの2着。+1.03ドル

 

3回目

dora麻雀20160719-4

なんとか逆転出来る手を作ったが・・・ドモナラズの2着。-1.56ドル。

 

ここで、

 

鬼嫁奥様からお呼びが掛かったのでやめ。

 

TOTAL +10.54ドル(1100円くらい)

 

アリアリのイケイケネット麻雀では、

特に鳴きが大事である。

 

みんなも、もうちょっと鳴きの勉強をしよう!

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイト。

 

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!
弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

 

 

鉄鳴きの麒麟児で桐谷がフィルを気合で降ろすシーンがあったが、フィルは勝負の条件が揃っていたにも関わらず降りた。麻雀で勝負しても良い条件って?危険牌を切ってもいいのはどんな時?一向聴・二向聴でも勝負していいの?その5つの条件とは・・・1親、2トップ狙い、3勝負手、4ドラ持ち、5交わし!こんな時は振り込んでもゴメンナサイ!で勝負やぞ!

 

今、近代麻雀で抜群に面白いのは、

 

「麻雀小僧」と・・・

 

麻雀小僧画像1

 

「鉄鳴きの麒麟児」であるな。

 

鉄鳴きの麒麟児画像1

 

フィル陥落のシーンは最高に面白かった。

 

アカギは・・・ノーコメントにしておこう。

なんだかまだまだ続きそうな(笑)。

 

 

麻雀に、

「気迫」「気合い」の類は必要ない。
淡々と牌効率を高めた打牌を繰り返すのみである。

 

という意見もあるかと思うが、

 

我々はロボットではなく人間である。
いつの間にか相手の気迫に押されてしまうのであり、
相手の気迫に押されてすぐ降りるヤツは・・・

 

最終的に勝つことはできない、と思う。

 

鉄鳴きの麒麟児画像4

 

聴牌が入るが・・・リーチ行くか?

 

鉄鳴きの麒麟児画像2

 

桐谷の気迫にフィルが押されるシーン。

 

鉄鳴きの麒麟児画像3

 

押されてしまうと・・・

勝負出来なくなってしまうのはフィルだけではない。

 

こういうメンタルになってしまうと取れるトップも取れなくなるのであり、

ズルズルと負けが積み重なって行くのだ。

 

なぜなら、

 

麻雀は相手を降ろすゲームであり、
毎局降りてたら絶対に勝てないからだ。

 

そりゃ、運良く先手先手が取れる時はいい。
しかし、そんな時ばかりじゃないのは諸兄もご存知の通り。

 

大事なのは、

 

「振り込まないこと」

 

ではなく、

 

「勝つこと」なのだ。

 

相手の気迫に押されてしまうと、
ついつい「振り込まないように」という打牌をしてしまうが、

 

勝負した結果の振込みは、全然オッケーなのである。

 

大事なことなので、

八崎の名言を借りてもう一回言おう。

 

勝負した結果の振込みは、

全然オッケー。

 

全然オッケー

 

おおまかに勝負していい条件を羅列しておこう。
※この場合の「勝負」とは、対戦相手の「リーチ」「聴牌」に対して危険牌を切るか?という意味である。

 

■危険牌を切ってもいい条件5つ。

・親
・トップを狙える場合(特にオーラス)
・勝負手の場合(満貫以上)
・ドラを2枚以上持っている場合
・相手を潰したい場合

 

大事なのは状況判断・リスク分析であり、

 

いくら好形のメンタンピンでも
オーラスで着順が変わらないのであれば勝負する意味は限りなく薄いし、

 

いくらドラ3の手でも、
一発でリーチ宣言牌の隣を強打するのはリスクがデカ過ぎる。
(状況にもよるが約50%の確率で当たりである。笑)

 

しかし、基本的に、この5つのパターンに合致するのであれば、
一向聴だろうが二向聴だろうが、

 

イケイケドンドン!

 

で勝負してよしお!

(二向聴の時は止めた方がいいか。笑)

 

フィルは、この条件の内、オーラスで「トップを狙える」聴牌が入ったのに安牌を切って降りてしまった・・・2ピンは通ると思ったにも関わらずである(実際、桐谷の待ちはマンズであった)。

 

鉄鳴きの麒麟児画像4

 

本来、この2ピンで振り込んだら・・・

 

ゴメンチャイ!である。

 

 

八崎伝説

 

くらいのメンタルが麻雀には必要だ(笑)。

 

ちなみに、この5つの内複数に合致するのであれば、
愚形でも、待ちが薄くても全然OK。

 

麻雀は確率のゲームであるが、
三面張が地獄単騎に負けることだって・・・多々あるのだ。

 

しょ、勝負しておけば良かったぁぁぁぁぁ!

 

という経験は今まで何回もあるはずだ。

 

それでも「危険牌を切るのが怖い・・・」って方は、
「捨て牌読み」のスキルを身につけておくことをオススメする。

 

捨て牌読みをしたところで、
我々素人に当たり牌が分かるはずもなし(笑)。

 

しかし、危険牌にも「超危険牌」「薄危険牌」があるのである。
それを理解しておくだけで、打牌が楽になると思うぞ!

 

願わくば、

 

己の気合で相手を降ろしたいものであるな!

 

そう上手くはいかんか(笑)。

 

 

先手、良型、高得点

押すか引くかを迷った時、波溜のこの言葉は覚えておくと便利。特に引く時。

 

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイト。
強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てるぞ!

 

弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、強くなるべし!

 

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」

 

 


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【捨て牌読みシリーズ】対戦相手からリーチが掛かった時、相手の待ちが50%でも読めるようになれば・・・劇的に麻雀に強くなれる。そして面白くなる!これを読んだら「勘で捨てる」のはもう終わり。必要なのは「捨て牌読み」「待ち読み」の麻雀スキルである。第5回はリーチ宣言牌(聴牌宣言牌)が4-6の場合。

 

さて、

 

好評の「麻雀捨て牌読み」第5回。今回でラストである。
捨て牌読みその壱 リーチ宣言牌が5の場合
捨て牌読みその弐 リーチ宣言牌が1-9の場合
捨て牌読みその三 リーチ宣言牌が2-8の場合
捨て牌読みその四 リーチ宣言牌が3-7の場合

 

是非、以前の記事も一緒に読んで頂きたい。

 

捨て牌読みは万能のスキルではない。

 

ビビって逃げまわる者に

 

という鷲巣的思考の人に勇気をもたらす・・・

多少強引な麻雀技である。

 

振りたくなければ、

安牌を切って降りればよろしい。

 

しかし降りてばかりでは麻雀は勝てぬ。

なぜなら、麻雀は、

 

いかに相手を降ろすか?

 

のゲームだからである。

 

相手を降ろせば、相手に上がり目はなくなる。

あとは、ゆうゆうとツモ上がればいい。

(仮に上がれなくてもこちら振り込むことはない)

 

という状態をいかに作り出すか?というゲームなのだ。

 

逆に言えば、

 

いかに降りないか?

 

が重要なのであり、

そのために必要なのが「捨て牌読み」なのだ。

 

もちろん、読みがハズレることだってあるし、
(そもそも麻雀は入り目によって待ちは変わる)

 

全く見当違いのことだってあるし、

 

上手い人の捨て牌を読むのは難しい。

(上級者は迷彩を意識して河を作る)

 

私たちは爆岡のような悪魔でもないし、
透視メガネも持っていない。
相手の手を見通すことなど出来ないのだ。

 

麻雀透視メガネ

 

しかし、

 

考えることが大事なのだ。
相手の手を想像することが大事なのだ。

 

その繰り返しが

あなたを強くする。

 

このブログの「捨て牌読み」は非常にシンプルである。
リーチ宣言牌(聴牌宣言牌)に注意するだけだ。

 

本当はもっと複雑なのだろうけど、
実戦ではシンプルに考えるのが一番いいと思う。

 

役に立てば嬉しい。

 

さて、

 

今回はリーチ宣言牌(聴牌宣言牌)が、4もしくは6のケースである。

 

以下、参考にされたし。

 

■「捨て牌読み」の考察その五。リーチ宣言牌が4-6。

第5回の今回は聴牌宣言牌(リーチ宣言牌)が4もしくは6の場合を考えてみる。
例えばこんな感じの捨て牌でリーチである。

 

捨て牌読み5-1

 

こういう・・・中張牌を切ってのリーチは
なんとなく怖いですなー。

 

以下全て聴牌即リーチだと仮定して話を進めるが、
(ノイズ牌は無視させて頂く)

 

だとしたらこの6ピンの近くには、
必ず牌があるのである。

 

これが捨て牌読みの基本であり、

 

仮に、くっつき聴牌待ちとか、変則待ちとか、
そういうイレギュラーな形は無視させて頂く。

 

イレギュラーな形は、実際に現れる確率的が低いからだ。

(確率的に低いことを考慮する必要はない!)

 

さて、

 

6牌(6万、6ピン、6索)を切ってリーチのパターンを考えてみよう。
※4牌でもいいのだが、裏返るだけであるので省略する。

 

まず、この両面対子型である。

捨て牌読み5-2

捨て牌読み5-3

典型的なソバテン両面のパターン。
6万切りで裏スジである4-7待ち。
あるいは5-8待ち。

 

また、シャンポンからの対子くっつき型。

捨て牌読み5-4

これもあるよなー!一向聴の時にも良くこの形で6万捨てるわー!
図の場合は6万切りの裏スジ5-8待ち。
5万ツモの場合は6万切りの裏スジ4-7待ち。

 

カンチャン型のケースも多いな。

捨て牌読み5-5

このカンチャン待ちからの・・・
3万引き6万切りの裏スジ2-5万待ち。

 

捨て牌読み5-6

このカンチャン待ちからの・・・6万切り。
8万(もしくは9万引き)の、シャンポン8万・ペンチャン7万待ち。

 

このカンチャン対子型もよく見るよな。

捨て牌読み5-7

から、6万切りのカンチャン5万待ち(3色かタンヤオかピンフ変化待ち)

 

捨て牌読み5-8

から、6万切りのカンチャン7万待ち。

 

捨て牌読み5-9

からの、6万切りのシャンポン待ち。
(ピンフ、一通への変化待ち)

 

これらいずれのケースも、6万ソバテン
2-5-84-7が最も危険となる。

 

リャンカンチャン待ちのケースがコレ。

捨て牌読み5-10

6万切り3万待ち。
このリャンカン待ちから6万を切りは、
スジ引っ掛けとなるのでリーチを掛ける人も多かろう。

 

つまり、6牌切り(4牌切り)リーチの場合、
スジの3牌(7牌)は結構危険である!
(即リーだとバレバレなので、バレないように1巡待ってリーチを掛ける人も多い)

少なくとも「スジ!」と言って切れる牌ではないので注意したい。

 

4-6切りリーチにペンチャン型はない。

従って、3-7切りリーチと同じく

 

両面対子型
対子くっつき型
カンチャン型
カンチャン対子型

 

がメインで考えられる形である。
(たまに、くっつき独立型がある)

 

他、色んなケースがある。

実戦では上記のような単純なケースばかりではない。

他メンツや暗刻などが絡んでくるとより一層複雑になる。

 

こんな感じの連続系だと

捨て牌読み5-16

6万切りの2-5-8-3待ちになるし、

 

捨て牌読み5-12

このパターンだと6万切りの1-4-7待ちである。

 

では、6万切りで9万が当たり牌となることはあるか?

 

それは、シャボ待ちか単騎待ちの場合のみである。
(国士無双は除く。笑)

 

つまり、6万が切られてリーチの場合、

 

2-5-8、4-7が最も危険であり、
引っ掛けの3も結構危険。
1は横に伸びている時にのみ危険であり、
9はほぼ安全!と言える。
(これで当たったらゴメンナサイである)

 

もちろん、入り目によって
メンツが出来上がって6万が余るケースもある。
この場合は6万の周りは安全ゾーンとなるが、
捨て牌だけで判断するのは難しい。
(実戦であれば、迷ってリーチなら愚形ソバテン、迷わなかったら好形安全ゾーンと決め打ちするのも可であるが、4-6切りの場合は好形になることが多く、あまり悩む必要がないのでアテにならない

 

この安全ゾーンのパターンは沢山あるが、例だけ挙げておこう。

捨て牌読み5-13

4-7を引けば6万が出て行く。待ちは他。

 

捨て牌読み5-14

からの6万切り。待ちは他のメンツ。

 

捨て牌読み5-15

からの6万切り。待ちは他のメンツ。

 

まあ色んなパターンがあるが、
4-6の回りはメンツになりやすい!というのが特徴である。
つまり、2-8や1-9のケースに比べて他のメンツの待ちである可能性が高い。

 

単騎待ち選択で4-6が残る可能性は皆無に等しいので考えなくていい。
(ドラでもない限り、4-6単騎で待つヤツはいない)

 

結論!

6牌切りリーチの場合、

4-7で待っている可能性は20%!
2-5-8で待っている可能性が24%!
3で待っている可能性が3%
1で待っている可能性が2%
9で待っている可能性が1%

他の色・字牌で待ってる可能性が50%である。
(6万の近くが入り目の場合)

 

同じ論理で、4牌切りリーチの場合、

3-6で待っている可能性は20%!
2-5-8で待っている可能性が24%!
7で待っている可能性が3%!
9で待っている可能性が2%
1で待っている可能性が1%

他の色・字牌で待ってる可能性が50%である。
(4万の近くが入り目の場合)

 

勝負に行くのであれば、
(待ちが分からないのであれば笑)

「2-5-8-4-7(2-5-8-3-6)が相手の待ち!」

と決めてしまってもOKだ。
この2スジだけで当たる確率は44%(浅次郎調べ)。

 

他の牌で当たったら交通事故・・・という考えでOK。
(鷲巣様みたいに豪運に身を任せちゃダメだぞ!笑)

 

交通事故

 

これはよくある話なのだが・・・
この2スジの内、片方が潰れていることがある。
こういう場合は、潰れてない方のスジ1点読みでもいい!
それくらい・・・ソバテンの可能性は高いのだ。

 

どうせ、相手の待ちなど分からんのだ!

勝負手の時はそれくらい思い切って読んでもいいと思う。

 

もちろん、4-6切りリーチの場合は、

好形、しかも点数が高い!

ということが多い。

 

なぜなら、
タンヤオやピンフになりやすいからだ。

 

勝負するときは十分注意されたし。

 

■まとめ。4-6牌切りリーチの場合

・その近くの待ちである可能性は40~50%!

・好形(両面)である可能性が高い!

・勝負するならソバテン決め打ち!

 

ってわけで、

 

4-6牌切りリーチの場合の捨て牌読み・・・役に立っただろうか?

リーチの場合の捨て牌読みシリーズはこれで終わりである。

別の角度から「捨て牌読み」の記事も書こうと思っている。

 

ちょっとだけ期待しつつ、

 

待っててくれ。

麻雀捨て牌読みシリーズその6、トイトイの場合。

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイト。

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!

弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、

 

麒麟児パパの如く強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

リーチの待ちが読めるようになりたい。待ちを読む方法ってないの?麻雀やってりゃみんなそう思うわな。もちろん漫画じゃないんだから100%読むのは不可能。でもコツを掴めばある程度は読めるようになるのだ。必要なのは「捨て牌読み」の麻雀スキル。第4回はリーチ宣言牌(聴牌宣言牌)がキー牌(3-7)の場合。

 

さて、

 

好評の「麻雀捨て牌読み」第4回である。
捨て牌読みその壱 リーチ宣言牌が5の場合
捨て牌読みその弐 リーチ宣言牌が1-9の場合
捨て牌読みその三 リーチ宣言牌が2-8の場合

 

是非、以前の記事も一緒に読んで頂きたい。

 

捨て牌読みが出来るようになっても
相手の待ちが100%分かるようにはならない。
読み違えて振込むことだってあるだろう。

 

御無礼!

(御無礼はヤメテッ!)

 

しかし、リーチが入った時に、

 

・現物とスジとカベとカンに頼るのか?
捨て牌から待ちを読むのか?

 

は大きな違いなのである。

 

なぜなら麻雀でオープンにされる情報は「捨て牌」と「鳴いた牌」だけであり、当然捨て牌の情報が最も多くのウェートを占めるのである。

 

ひとつ上のステップに行くためにも
「捨て牌読み」は是非、マスターしたい麻雀スキルであるな。

 

さて、

 

今回はリーチ宣言牌(聴牌宣言牌)が、3もしくは7のケースである。

 

以下、参考にされたし。

 

 

何が御無礼だ!

何が御無礼だ(笑)

 

 

■「捨て牌読み」の考察その四。リーチ宣言牌が3-7。

第四回の今回は聴牌宣言牌(リーチ宣言牌)が3もしくは7の場合を考えてみる。
例えばこんな感じの捨て牌でリーチ。

捨て牌読み4-1

 

以下全て即リーチだと仮定して話を進めるが、即リーチであれば、
この7万は必要だったから最後まで手牌に残っていたのである。
ということは、

 

手牌には7万の近くの牌があるのであり、
待ちもソバテンである可能性が高いのである・・・
(入り目である場合は逆に安全ゾーンとなる。上の捨て牌だと3ピンや5索のソバが危険)

 

ただし、1-9や2-8ではあまり考える必要がなかったが、
真ん中の牌の場合「くっつき聴牌待ち」という可能性がある。

 

例えばこんな手牌である。

捨て牌読み4-2

 

7万のくっつき待ち(できれば三色)orピンズのくっつき待ち。
こういう形でピンズを引いた場合は7万が出て行く形になる。
しかし7万の近くに牌はない。

 

この「くっつきパターン」は考えても仕方ないのでスルーする。

 

メインで考えるべきはソバテンのケースなのだ。

 

さて、

 

7牌(7万、7ピン、7索)を切ってリーチ!のパターンを考えてみよう。
※3牌でもいいのだが、今回は7牌を例にして考察する。

 

まず、この両面対子型である。

捨て牌読み4-3

典型的なソバテン両面のパターン。
7万切りで裏スジである5-8待ち
7-7-8の形の場合は裏スジの6-9待ち

 

また、シャンポン待ちからのくっつき型

捨て牌読み4-7

これは1-9や2-8ではあまり見られないが、
(ペンチャンやカンチャン待ちになることが多いため)
3-7の場合は大いに有り得る。
図の場合は7万切りの裏スジ5-8待ち
8万ツモの場合は7万切りの裏スジ6-9待ち

 

カンチャン型のケースも多いな。

捨て牌読み4-4

この5-7のカンチャン待ちからの・・・
4万引き7万切りの裏スジ3-6万待ち
5万引き7万切りの5万シャンポン待ち
7-9のカンチャンから9万引き7万切りってのもレアケースだがあり得る。

 

このカンチャン対子型もよく見るよな。

捨て牌読み4-5

から、入り目は他で・・・
7万切り5万シャンポン待ち
もしくは7-9-9から入り目は他で7万切り9万シャンポン待ち

 

ま、この形でリーチするヤツは少ないと思うが、
(役はないし、ソーズを引けば好形リーチになる)

 

赤ドラが一個でもあれば先制リーチでオッケーだもんで、

意外とこういう即リーチをする人は多い。

 

捨て牌読み4-6

から、入り目が他で、
7万切りのカン6万待ち
もしくは7-7-9から入り目が他で、7万切りのカン8万待ち

 

リャンカンチャン型のケースがコレ。

捨て牌読み4-8

他の入り目で7万切りカン4万待ち
しかしこれは3万を切る可能性もあるな。

 

端牌1-9や2-8と違って、
3-7切りリーチにペンチャン型はない。

 

従って、

 

両面対子型
対子くっつき型
カンチャン型
カンチャン対子型

 

がメインで考えられる形である。

 

他、色んなケースがある。

実戦では上記のような単純なケースばかりではない。

 

こんな感じの連続系や

捨て牌読み4-15

 

こんな一向聴だってある。

捨て牌読み4-16

 

しかし、

いずれのケースも・・・7万がリーチ宣言牌であるなら、

7万の周りが危険なのである!

 

もちろん、
メンツが出来上がって7万が余るケースもあるわけで、
この場合は7万の周りは安全ゾーンとなる。

 

このパターンもたくさんあるが、

 

捨て牌読み4-9

6-9を引けば7万が出て行く。待ちは他。

 

捨て牌読み4-10

からの6万引きの7万切り。待ちは他のメンツ。
もしくは7-7-9からの8万引き7万切り。待ちは他。

 

捨て牌読み4-11

からの4万ツモの7万切り。待ちは他のメンツ。

 

捨て牌読み4-12

からの5万引きの7万切り。待ちは他のメンツ。

 

まあ色んなパターンがあるが、
7万の近くを引いてメンツが出来上がり、
7万が出て行くとその周りはセーフティゾーンとなるのだ。
(もちろん例外もあるがレアパターンなので考えなくていい)

 

次に、単騎待ちを考えてみよう。

 

意図のない単騎待ちを読むのは不可能だし、
読む必要もないので、
よく出現するチートイツの単騎待ちを考えてみる。

 

チートイツの単騎選択後に3や7を切ってリーチ!
というパターンがあるかといえば、端牌と比べれば圧倒的に少ないだろう。

 

何故かといえば、3-7牌はキー牌であるがゆえに、
使われることも多いし、
当然警戒されることになり場に出にくいからだ。

 

それでもあるとすれば、

 

・その色のスジが捨ててある。

 

というパターンである。例えば

捨て牌読み4-13

こんな7万切りリーチ。一見して変則な捨て牌。
染め手でもチャンタ系でも無さそう。

 

もちろん配牌が良かった可能性もあるが(このケースは考えなくていい)、
十中八九これはチートイツ。

 

ポイントは6索→8索、4万→2万と切られている点で、
どちらも手出しであるならタンピン系だとあり得ない切り方
(仮に、カンチャン整理、メンツ整理するにせよ普通は外側から切る)

 

リーチ前に1ピンが残ってるのも不自然であり、最初はタンピン系を目指して端牌や字牌を整理したが、対子がトントンと重なったのでチートイツへ移行した!

 

と考えると自然である。

 

なぜ7万が最後まで残ったかというと、
4万が切れてて絶好のスジ引っ掛けになるからである。

 

その7万を切ってリーチということは、
もっと効果的な単騎で待ってるってこと。

 

今回の捨て牌で言えば、字牌、1万、9索、ドラである。

 

この話は前回2-8牌の時にもしたが、
ここまで読めてしまうと相手の待ちはほぼ1点か2点に絞ることが出来る。
(まあ、1万か9索である)

 

逆に言うと、

 

チートイツをする時は、
なるべくタンピン系に見せかける!

 

というのが大事なポイント。

 

例えばこんな感じ。

捨て牌読み4-14

 

先ほどの捨て牌と比べてみよう。

捨て牌読み4-13

 

捨てた牌は同じだが、
こちらはチートイツの匂いは殆どしない。

 

チートイツをする時、
字牌や端牌を集めたくなるのはよく分かる。中張牌はさっさと切りたいのもよく分かる。

 

しかし、あまりに不自然な捨て牌だと・・・逆効果であることを覚えておこう。

 

結論!

7牌切りリーチの場合、

5-8で待っている可能性は20%!
3-6-9で待っている可能性が20%!
1-2-4で待っている可能性が5%
単騎待ち(字牌など)の可能性が5%!

他の色で待ってる可能性が50%である。
(7万の近くが入り目の場合)

 

3牌切りリーチの場合、

2-5で待っている可能性は20%!
1-4-7で待っている可能性が20%!
6-8-9で待っている可能性が5%!
単騎待ち(字牌など)の可能性が5%!

他の色で待ってる可能性が50%である。
(3万の近くが入り目の場合)

 

1-9牌や2-8牌切りのリーチに比べ、
他の色で待ってる可能性が上がったのは、

3-7牌絡みのターツはメンツになりやすいからである。

 

「7-7-8」と「8-8-9」のドッチがメンツになりやすいかは一目瞭然だよね?

 

とは言え、7万切りリーチの場合も

7万のソバが最もデンジャラスなのは間違いない。

 

勝負に行くのであれば、

「3-6-9-5-8(1-4-7-2-5)が相手の待ち!」

と決めてしまってもOKだ。
1-9牌切りや2-8牌切りに比べ、
好形リーチである可能性も高いけんな!

 

勝負するとしても、

3-6-9-5-8(1-4-7-2-5)だけは打たないようにしよう。

 

もちろん、もっと読める方は別だが、

「相手の待ちは分からない、でも行くしかない」

ってレベルの方は、
これだけでも60%の確率で放銃を回避出来るぞ!

 

あと、

ネットマージャンでは難しいのだが、
やっぱり「手出しかどうか」のチェックはしておきたい。

 

リーチ宣言牌は、
ツモ切りリーチじゃない限り「手出し」である。

 

これで材料1個であるが(リーチ宣言牌の周りが危険)、
材料が2個あると(その周りも危険)
もっと捨て牌読みがラクになるよね。

 

当然その材料の一番手は・・・
リーチ直前に捨てた「手出し牌」である。

 

「浅次郎さん、

手出しかどうかを全てチェックするのなんて

とても無理です!」

 

この一瞬でもう何十年も生きた気がする

 

うむ。

 

玄人じゃあるまいし・・・私も無理だ(笑)。

 

しかし「手出しかどうか」は最初っからチェックする必要ない。

 

最初の6巡位は大概不要牌の整理だからである(笑)。
注意すべきは7巡目以降で、
特に「悩んだ末に切った牌」の近くにはまず間違いなく牌がある(例外もある)。
全ての「手出し」をチェックするのは難しいが、
「悩んだ牌」だけでも覚えておくと後でリーチが入った時に参考になると思う。

 

コレを機に、

 

自分の手牌ばかりを見つめるのではなく、

他家の「手出しかどうか」をチェックする癖を付けることをオススメする。

 

これは意識の問題で、

 

チェックしよう!

 

と意識してないと、
例え目に入っていても、
全く頭に入って来ないのである。

 

私が思うに、常に他家の「手出しチェック」をしている打ち手はヒジョーに少ない。

 

なぜなら、
皆、自分の手牌を見るのに精一杯であり、
あっという間にツモが回ってくるからである。

 

しかし、自分の手牌をどんだけ見つめても・・・
何も変わらんからな(笑)。

 

 

■まとめ。3-7牌切りリーチの場合

・その近くの待ちである可能性は40%!

・好形(両面)である可能性が高い!

・勝負するならソバテン決め打ち!

 

ってわけで、

 

3-7牌切りリーチの場合の捨て牌読み・・・役に立っただろうか?

 

次は「4-6牌」切りリーチのケースをやる。

 

いつになるか分からんが、

 

お楽しみに。

 

更新したぜ!→捨て牌読み4-6切りリーチの場合

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイトだ。

 

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!

弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!