【麻雀捨て牌読みシリーズ】現代麻雀において最も出現しやすい役の一つが「役牌」である。他の役や么九牌ドラとの相性が良く、スピードに優れる上に、クイタンと違って待ちが分かりにくい・・・非常に有効な役である。しかし、役牌の時の捨て牌に注目する打ち手は少ない。捨て牌が読めれば待ちが分かる?捨て牌読みシリーズ第9弾!

 

現代のアリアリ祝儀有り麻雀において、

配牌時に役牌の対子(+赤ドラが一枚でも)あれば、

まず「役牌ポン」を考えるのが常識である。

 



 

言うまでもないが

鳴いた方が圧倒的に速いわけで。

 

「一枚目はスルー・・・」

「なんとか暗刻にして門前で・・・」

 

なんて呑気なことを言ってる暇はない!

 

和了が必要な局面・・・

親を流したい局面・・・

焼き鳥回避(笑)・・・

 

ドラを一枚でも持ってりゃ、

一巡目、一枚目から迷わず即ポン!

である。

(もちろん打点が必要な時はスルーだけどね。笑)

 

ちなみに、

オタ風のドラ対子

一巡目、一枚目から迷わず即ポン!をオススメする。

バラバラの手牌の場合は特に!である。

 



ドラの北が2枚あるけど後はバラバラ・・・こんな時、一巡目から北が出たとする。多くの人は何となくスルーしてしまうと思うが、こんなもんは迷わずポンである!どうせ上がれる可能性は低いのであるからしてブラフに全力を尽くすべし。序盤一鳴きドラポンを警戒しない打ち手はいない。白も発も他の字牌も抱えて(対子になったら勝負になる!)、ドラ色に絞った絶一門で行こう。そして途中からは何をツモってもツモ切り強打。これでほとんどは降りるだろう。やばそうなリーチが掛かったら降りればよろしい(笑)。

 

話がちょっと逸れたが、

 

そんなわけで現代麻雀において

役牌の出現率はとても高い。

 

クイタンと同じかそれ以上に多い。

 

逆に言えば、

「役牌は要注意」

なのである。

 

じゃあ、何に注意すればいいか?

 

これはもう超簡単な話で・・・

 

なによりまず、

ドラ・赤ドラに注意すべし!

 

なのである。

 

え?そんなの当たり前じゃん!

 

と思うかもしれんが、

 

この点を掘り下げて考えてみよう。

 

まず、

「役牌のみ1000点」

で勝負してくるヤツはあんまりいないよな?

 

連チャンが必要とか、軽く流したいとか、和了1位とか、

そういう動機なら十分有り得るが、

これに放銃したとてあまり痛くないわけで、

これは考えなくてよろしい。

 

つまり、多くのケースでは

役牌+◯◯

ってことが多いわけ。

 

で、この◯◯は何が多いか?

ホンイツ?トイトイ?チャンタ?他の役牌?

 

いやいやいや。圧倒的に多いのは・・・

当然ドラである。

 

そう、役牌はドラとの相性が最も良いのだ!

(么九牌がドラでもOKだし、単騎待ちでもイケるからね)

 

まずこのことを理解しておく必要があるわけ。

 

「役牌の鳴きが入ったら、手にドラが2枚あると思え!」

 

これは誰かが言った格言であるが(だれ?)、

 

そのくらいの心構えで警戒した方がいい。

 

つまり!

 

役牌の鳴きが入ったら、

 

・ドラ、赤ドラ(5)

・ドラ、赤ドラまたぎ(3-6、4-7)

 

これが最も危険なのである。

 

もちろん、

切った牌の近くが危険!とか

無スジが危険!とか

生牌が危険!とか

そういうのは普通のリーチなどと同じである。

 

その上で、役牌の場合はドラ(赤ドラ)を最もケアせよ!というわけ。

 

パターンを何個が挙げておこう。

 

その1、赤ドラ前後の先切り。



中盤の9巡目、こんな形で完全安牌の西をツモってきた時、

貴方はどの牌を切るだろうか?

 

もちろん、ツモ切ってポンテンチーテン両方出来る形の方がはるかに速い。

ただ、ポンテンの場合は必ず赤5ピンが出ていくわけで、

そうすると「中のみ1000点」となってしまうし、

赤5ピン牌でロンと言われる可能性だってある。

 

であれば、

先に「4ピン」を切っておこう!

と考えるプレイヤーが大多数のはずだ。

 

特に役牌のみの場合「ドラが命綱」であることが多く、

序盤から「ドラ確定」の切り出しをする人は非常に多い。

 



 

こんな感じの捨て牌が列んでいたら・・・

4ピンや6索の隣の赤5を持ってる・・・かも?

と爆岡の如く仮定して読みを入れるべし。

 



 

そもそも、

「役牌」で早い巡目で真ん中の牌が切られるのは、

 

・ターツが揃っているから必要がない。

・赤ドラ(ドラ)を使いたい。

 

のいずれかである。※他に役は必要ないので、出来るだけ真ん中の牌は持っておきたい・・・けど要らないんだから、理由は限られている。

 

もちろん警戒するべきなのは、

赤ドラを使いたい場合である。

 

赤ドラそば牌の先切りに注意すべし!

 

その2、カンチャン赤5狙い!



この形のイーシャンテンで2ピンをツモってテンパイした場合。

2索と6索、どっちを切ってテンパイに構える?

 

もちろん確率的に出やすいのは6索切りの3索待ち。

そんなのは誰だって分かってるのだが、

 

2索切りの5索待ちには

赤5が出るかもしれない」

というスケベな期待があるわけ。

(さらには7索をツモって両面になる可能性もある)

 

赤が出れば2000点が3900になるし、

ツモれば符ハネして5,200。しかも2枚オール。

 

これがリーチならド引っ掛けの6索切りだろうけど、

「役牌」で引っ掛けしたってあまり警戒されないからね(笑)。

 

枚数が同じなら「赤5」狙いが普通。

 

つまり、2や8を切っての・・・

「赤5」狙いのカンチャン待ちに気をつけろ!

 

3、シャボ「赤5」狙い!



さらにこのケースで貴方は5索と7索・・・

ドッチを切る?

 

もちろん捨て牌や場の状況によるわけだが、

7索を切ってシャボに受ける方が多いのではなかろうか?

前問と同じく赤5索で和了出来る可能性があるからである。

(ピンズが伸びれば両面受けにもなるし)

 

こういう状況下で「赤」を狙うのはもはや定石である。

 

「誰も赤なんて出さないでしょ?」

 

と思うかもしれんが、

リーチすれば出さざるを得ないし、

勝負なら赤だろうがなんだろうが出てくるのである。

 

貴方もきっと今まで何度も見たことがあるはずだ。

 



 

「うわー!赤かよ!ヤメてっ!」

「わはは!ローーーン!」

 

というシーンを。

 

というわけで、役牌は、

「赤5」狙いシャボに気をつけろ!

 

あとは、基本的なことだが

「手出し牌」をチェックすること。

 

テンパイ気配で端っこから「1万」なんてのが出て来て、

その2個隣に牌を入れたら・・・高い確率でこんな牌姿である。







つまり、近くの2、3、4、5はド危険。

 

3個隣に入れたら、



入れ替えの可能性が高い。

1万の方が安全度が高いし、赤5万引きに備えられるからだ。

 

なるべく赤の方に寄せよう・・・

とするのは無意識レベルで実践される打ち方。

 

しかし見ている人は見ているわけで、





こういったケースの時は迷わずツモ切りした方が、

和了やすいかもしれない(特に4万や5万が場に多く出ている場合)。

 

両面になるなら1万切りで間違いないけどね。

 

参考まで!

 

そうそう。

年末に開催された・・・

DORA麻雀、賞金総額3000ドルの超ビッグトーナメントだけど、

 



(優勝賞金はなんと750ドル、約80,000円。参加費は無料)

 

2回戦で敢え無く敗退(てへっ)。

 

また、こういう大きなトーナメントが行われるといいね。

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【麻雀捨て牌読みシリーズ】アリアリの赤有り麻雀やネット麻雀において、「クイタン」は最も出現しやすい役であり、「クイタン」を制する者は「アリアリ赤麻雀を制す」と言っても過言ではない。「クイタン」を仕掛けられた時の捨て牌を読めるかどうかで放銃率が大きく変わってくるぞ!好評の捨て牌読みシリーズ「クイタン」編!

 

現代のアリアリ赤アリ麻雀において、

 

最も警戒せねばならん役の一つに

 

「クイタン」があるな。

 

その理由は何と言っても「速い」から。

 

で、最近の「赤ドラ」麻雀だと・・・

点数も結構高くなる上に、

祝儀(チップ)がデカイ

から尚更厄介だよね。

 

テンピンで一枚500円祝儀なら、

 

「クイタン、赤1枚」は7000点の価値があるのである。

(2000点+祝儀5000点)

 



(この「1枚!」がデカイ)

 

クイタン・赤一枚でツモれば、

親の満貫・跳満に匹敵するのであり、

(1000点・500点+祝儀5000点オール)

 

赤3枚のクイタンツモは、



 

親の役満に匹敵するのである。

(4000・2000点+祝儀15000点オール)

 

あなたがやってる麻雀の祝儀のレートにもよるが、

 

赤ドラが手の内にあったら和了に向けて全速前進!

 

赤ドラ祝儀麻雀の鉄則である。

 

つまり、

「クイタン」を制する者は、

アリアリ赤入り祝儀麻雀を制す!

 

と言っても決して言い過ぎではない。

(しかし、大概オカやウマの方がデカイけんな!こだわり過ぎるのは良くないぞ!)

 

ま、そんなのは

 

皆も百も承知だわな。

 

だけんどもしかし。

 



 

多くの麻雀プレイヤーは、

 

・リーチ

・染め手

・ドラポン

 

にはビクビクと警戒するが、

クイタンに対する警戒はとても低い。

 

手の内に一枚でも赤があれば、

クイタンでも満貫クラスの危険があるわけで、

(2枚あれば跳満クラス)

 

その危険度は

「チンイツ」や「役牌ドラ3」

に匹敵するのである。

 

なのにクイタンを警戒せずに

サクサクと中張牌を切る人がどれだけ多いことか。

 

何が言いたいかといえば、

 

クイタンを甘く見るな!

一つ鳴き入ったら警戒せよ!

 

ということである。

 

では、本題。

 

相手がクイタンの場合、

捨て牌・ロン牌はどう読めばいいのか?

を考えていきたいと思う。

 

■タンヤオ仕掛けについて。

もちろんクイタンには無限のパターンがあるので、全てを網羅することは出来ないし、網羅したとしても覚えきれやしない。以下のパターンは「よく見かけるパターン」である。まず、心しておきたいのは、一鳴きの場合・・・一段目(6巡目まで)なら30~50%の確率でテンパイ、二段目(12巡目まで)なら50~75%の確率でテンパイだと思え!そして二つ鳴きが入った場合は90%の確率でテンパイだ!二つ鳴いて出てきた牌は「リーチ宣言牌」と同じである!

 

■腰を使って鳴かなかった場合。



基本中の基本。腰を使って(鳴くかどうか迷って)鳴かなかった場合、その牌は十中八九・・・鳴けるのである(ブラフ・反応ミスじゃない限り)。何故鳴かなかったかといえば「序盤だから」「門前で進めたいから」「鳴くと決めてなかったから」といった曖昧な理由からであり、本当は欲しいのだ。つまり、鳴いても役がある可能性が高く(鳴いたら役がなくなってしまう場合は迷わない)、タンヤオや役牌、三色・一通・チャンタなどは要警戒だ。もちろん、この8ピンは将来のロン牌候補である。腰を使った牌は蛍光ペンでマークするかの如く覚えておこう。

 

■タンヤオ仕掛け、鳴いて字牌(安牌)が出てきた場合。



鳴いて役牌が出てきたパターン。これはその役牌が共通安全牌じゃないなら・・・「役牌のトイツ落とし」でクイタンに移行するケース、あるいは役牌の重なりを期待して1枚持ってたケース・・・である可能性が高い。いずれにせよこの時点ではまだテンパイじゃない可能性が高く、待ちは読めない(他に役牌を持ってる可能性もあり)。

 



クイタン二つ鳴きで共通安牌の字牌や端牌が出てきた場合・・・これは95%テンパイである。しかも好形両面やドラそば・・・といった待ちが多く、無スジは非常に危険である。

 

■タンヤオ仕掛けで、1-9が手から出てきた場合。



これは「門前」から「クイタン」に走った時に良くあるパターン。この時、高い確率で「二万」か「三万」が手牌にある。「1-3-5」からの1万切り。「1-2-2」や「1-3-3」からの1万切り。「1-3-4-5-6」「1-2-3-4-5」からの一万切り。あるいは「1-2-3」の出来メンツからの1万切りも有り得る。とにかく「二万」「三万」の近くはド危険。ただ、このケースはまだイーシャンテンってことが多いので・・・わざともう一回鳴かせるというのも手である。

 

■タンヤオ仕掛け、濃い牌が出てきた場合。



こんな感じで、鳴いた所と全く別のエリアから牌が出てきた時は・・・この牌を完全マークである。くっつき待ち牌じゃない限り、必ずこの5索の近くに牌があるのだ!一鳴きだとまだイーシャンテンである可能性もあるが・・・最終的にこの近くがロン牌である可能性は50%。特に3-6、4-7の裏スジはド危険

 



こういう感じで2つ目の鳴きをポンして違う色の「濃い牌」が出てきた場合、「ポンチー可能な」完全イーシャンテンだった可能性が高い!つまり4索の周りは「4-4-5」や「3-4-4」あるいは「4-6-8」という形だった可能性が高く、裏スジやスジ牌は超危険だ。この4索は「リーチ宣言牌」と同じ扱いでOK。

 



逆に、ポン→同じ色の近く(例えば五万など)が出てきた場合、その付近は比較的安全である。なぜなら・・・この形でもう一枚4万を持っている可能性は極めて低いからだ(※4-4-4-5-5、3-4-4-4-5-5-6-7などからポンする形なら有り得るが、9割方4-4-5からのポンである)。つまり、4万で分断されるわけで・・・マタギの可能性はほぼ無い。ただし、シャボ待ちやカンチャン待ち、単騎待ちの可能性はある。特に、4-4-5-6-6などのイーペーコーの形からのポンは良くあるので注意が必要だ。

 



「6-6-7」から「8」をチーして6ピン切り。こういうのも良く見ますな。この時、6ピンのマタギは比較的安全である。例外的に「5-6-6-6-7」から「8」をチーして「4-7」待ち。あるいは「6-6-6-7-7」からの「8」チーの「5-8」待ち・・・があるにはあるが非常にレアである。これで当たったらゴメンナサイでOK(状況による)。

この形の時に濃厚なのは「他に頭がある」ということで、「好形」である可能性が高く、さらに言えば「赤」「ドラ」が手牌にある可能性が高く、加えて「テンパイ」の可能性も高いってこと。

巡目にもよるが、「6-6-7」の形は有益だが「リスキー」な形である。ドラなしのタンピン形ならさっさと6は切ってしまいたいところ。それをこの形で引っ張るのは「鳴いてテンパイ」を想定しているから。つまりドラが手に1枚以上ある好形って可能性が高いよね。もっとも、最近は「クイタンは出来るだけガメろ!」という打ち方が主流のようであるが。

 

■タンヤオ仕掛け、ツモって待ちが変わった場合。



タンヤオ仕掛け二つ鳴きの状況で。何かをツモって手出しされた場合に考えられるのは

①イーシャンテン→その牌でテンパイ!
②待ちが良くなった!あるいは打点が高くなった!
③空切り(あるいは横滑り)。
④有効牌をツモったがまだテンパイしていない。
⑤危険牌を掴んで降りた(回した)。

の5パターン。どうやって見分けるか?だが、まず見なければならんのは「サクッと切ったか?」「考えて切ったか?」である。

①の「その牌でテンパイ!」の場合はサクッと静かに切られることが多い。人は皆「テンパイ気配」を悟られたくないからね。ドラを抱えていれば尚更の話。そしてこの場合「2索」がテンパイ宣言牌であり、この周りは超危険である。必ず「3索」「4索」が手の内にあると思っていい。

②の「待ちが良くなった」場合は、例えば「2-4」のカン3索待ちから「5索」をツモって両面待ちに変わったケースね(「3-6」待ち)。当然「裏スジ待ち」になるわけで手出しに注意されれば「ほぼ一点」で読まれてしまう。誰だって目立ちたくないので・・・これも考えることなくサクッと静かに切られる(直撃したい相手がいる時など・・・読まれたくないのであればこの5索はツモ切りでも可)。

③の「空切り」「横滑り」は赤入り麻雀では良くある話で。3-4-5から赤5をツモって5切り、2-3-4から赤5をツモって2切り。これらも迷う必要ないし、打点アップ・テンパイ気配を悟られたくないからサクッと切られることが多いね。

では、④の「まだテンパイしていない」場合はどうか?この場合・・・手の内がシンプルで点数が高いなら悩む必要はないが、そうじゃない場合は「残り枚数」「テンパイ出来るかどうか?」「出ていく牌が安全かどうか?」「誰かテンパイしてないか?」などを少し考えることが多い。つまり、クイタン気配で2つ鳴いてるのに、少考して牌を入れ替えた場合は「テンパイしてない」可能性があるってこと。もちろんテンパイしている可能性の方が高いんだけど(笑)。

⑤の「危険牌を掴んだ」場合も同じである。勝負なら考える必要などないのであって、少考あるいは長考して手出しをした場合・・・「降りた(回した)」可能性が高くなる。その牌(ここでは2索)が、場の安全牌なら尚更で、逆にその牌がドラや無スジなどの超危険牌であればテンパイだと思っていいだろう。

まとめると・・・

・サクッと静かに手出し→テンパイ確率大。その周りは危険。
・少考、長考して手出し→テンパイしてない可能性有り
・少考、長考して危険牌ツモ切り→テンパイほぼ確定。

 

■タンヤオ仕掛け、迷ってチーした場合。



迷ってチーが入った場合、その多くは「両面」である。なぜなら・・・「愚形」なら悩む必要が無いからだ。さらに言えば、近くに牌があり、形が複雑である可能性が高い。上の図の場合、例えば「3-4-5-6-7」の三面張からのチー。あるいは「6-6-7-7-8」のイーペーコー崩れ。あるいは「6-6-7-7」のダブル両面。あるいは「6-6-7-8」「6-7-7-8」「6-7-8-8」「6-7-7-7」「6-6-6-7」からのチー。いずれにせよ、鳴くことによって劇的に点数が落ちる可能性が高く(跳満→満貫、満貫→3900、5200→2000など)、だから鳴くのを躊躇するのである。

この場合、「6-7-8」の近くはもちろん、手出し牌の近くは全てド危険。点数が落ちても両面で鳴くってことはドラを持ってる可能性大。最低でもドラ2枚は覚悟せよ。

 



同じ迷ってチーでも・・・カンチャンなどの愚形の場合、ちょっと話は違ってくる。通常愚形を鳴く場合に悩む必要はない。上図のようにクイタンが確定していれば尚更である。それなのに悩む(考える)ということは、その近くに牌があるってこと。さらに言えば「鳴いた牌」が手の内にある可能性が非常に高いってこと(上図でいえば7ピンが手の内にある可能性が高い)。例えば「6-6-7-8」「6-7-7-8」「6-7-8-8」「5-6-7-8」「5-5-6-7-8」「4-5-6-7-8」「6-6-6-7-8」「6-7-7-7-8」「6-7-8-8-8」といった形。いずれの場合でも、ピンズの受け入れが残る可能性大。

つまり、この鳴きでテンパイなら「6-7-8」の近くがド危険牌。他の色の待ちになる可能性は低く、手に7ピンがあると思ってロン牌を読もう。

 

■タンヤオ仕掛け、端っこから手出しの場合。



クイタン仕掛けで、手牌の左端から「五万」が手出しで出てきたとしよう。ちゃんと理牌されてることが条件ではあるが(理牌しないで打つ人は滅多にいない)、この場合マンズの上(6-7-8)は手にない可能性が高く、7や8は通りやすい・・・と言える。また、場合によっては5万は浮いていたのではないか(くっつきを待ってたのではないか)?という推理も成り立ち、こう推理してしまったらもうマンズ全部通しだ。※打ち手の理牌の癖にもよるので一概には言えないけどね。

 



左から2枚目の位置から「五万」が出て来た場合は「五万が浮いている」という可能性はほぼほぼゼロだ。左端の牌が「六万」か「七万」である可能性が高く、当然の如く、この周りはド危険。

 

■タンヤオ仕掛け、カンチャン落としがあった場合。

タンヤオ仕掛けで「カンチャン落とし」があった場合、さらに優秀な待ちがあると見て間違いなく、その落とされた牌近くは要警戒である。例えば「4-6-6-7」という列びであれば多くの人が「4→6」という順番で落としていくだろう。また「2-4-6-8」という列びであれば「2→4」「8→6」という順番で落としていく人が多いと思う。つまり、カンチャン落としで危険なのは「後から切られた方」。最初に切られた方は比較的安全。

 

■タンヤオ仕掛け、両面落としがあった場合。

タンヤオ仕掛けで「両面落とし」があった場合、これは「両面ターツがオーバーした」もしくは「ドラターツを優先した」のどちらかであり、好形両面もしくはドラソバ待ちである可能性が高い。特にドラ付近や赤ドラに注意しよう。

 

■切る牌が無くなったら2-8を切るべし。

これは確率論の話で、状況に合った話ではない(笑)。タンヤオ仕掛けに対して切る牌が無くなった場合、「2」もしくは「8」を切ろう。これは、クイタンに「1-3」「7-9」のカンチャン待ちが存在しない!というだけの理論であるが、クイタンにおいて「カンチャン」は結構な割合で存在するのであり、確率で言えば・・・他の無スジを切るより3~4割ほど放銃する可能性が下がると思う。

 

というわけで、

 

クイタンの場合の良くある捨てパターンを洗ってみたが、

いかがだっただろうか?

 

クイタンは手の内が透けやすい。

 

だから読みやすいわけで、

 

今回の記事を一通り見ておくだけで、

迂闊な放銃が減ると思うぞ。

 

さて、

 

今日も麻雀日和。

 

楽しく麻雀やろうぜ!

 



 

 

あ、そうそう。

 

私がいつもプレイしているリアル賭け麻雀「DORA麻雀」でね。

年末に、

「超ビッグトーナメント」

が行われるぞ!

 



なんと賞金総額3,000ドル!(約34万円)

優勝賞金は750ドル!(約85,000円)

参加費は・・・無料!

現在の参加人数は・・・576人!

 

この中で頂点に立つのは半端じゃないが、

なんせ参加費無料だし、

1着勝ち抜けなので・・・

2回トップを取れば40~50位以内が確定。

3回トップを取ればトップ16であり、

4回トップを取れば決勝卓(4位以内確定)である。

4位以内なら2万円以上の高額賞金であり、

運が良ければここまで辿り着けるかもしれんじゃないか。

 

なんせ無料だしね(笑)。

 

世の中に、

面白いネット麻雀サイトは多々あれど、

リアルに稼げる麻雀はDORA麻雀だけ。

 

この機会に是非カモン!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【麻雀捨て牌読みシリーズ】麻雀において、相手が「ホンイツ」である場合は非常に読みやすい!色を完全に絞れるからである。しかし、もう一歩踏み込めば、相手の待ちが分かる?捨て牌から相手の手が一点で読めるかも?捨て牌読み第7回は「ホンイツ」読み。まず、ホンイツかどうかの判断。それから相手の待ちを読め!

 

近代麻雀の

藤田晋(サイバーエージェント社長)のコラムに、

こんな記事があった。

 



 

「実力の近い友達が3人以上いて」

「毎日ゴルフと麻雀で真剣勝負できれば」

「永遠に飽きない」

 

ええこと言うなあ・・・!

 

私も、麻雀とゴルフほど面白い遊びはないと思う。

(ちなみにこちらは管理人のゴルフブログである)

 

そして、人生遊んでナンボである。

 

つまり、

 

麻雀友達ゴルフ友達は一生遊べる友達。

 

貴方にもきっと、

 

大事な麻雀友達がいるだろうと思う。

 

その中には

「勝ったり負けたり」の実力伯仲のヤツもいれば、

「いつも負けてる」格下のヤツもいると思う。

 

その「いつも負けてる格下のヤツ」を

「格好の獲物」と捉えて食い物にするのではなく、

 

色々教えたり、

その時その時にアドバイスしたりして、

「実力伯仲」の麻雀友達に育てることを勧める。

 

だって、

負けても負けても来るヤツは心の底から麻雀好き。

互角の戦いが出来るようになれば、

一生の友達になれるかもしれないのだから。

 

目先の金より、

一生の友達の方が、

ずっと大事なんだぜ!

 

そのときには・・・

 

このブログで勉強するように勧めてくれよー!

 

・・・ゲフン。ゲフン。

 

さて、

 

好評の「捨て牌読みシリーズ」の第7回は

「ホンイツ」。

(今までの記事が読みたい人はこちらから順番に!)

 

「え?ホンイツは簡単だから、読む必要ないんじゃね?」

 

と思った方多数だと思う。

 

確かにホンイツは「色が絞れる」ので簡単である。

 

しかし、捨て牌から、

 

「1点、あるいは2点」

 

で待ちが読めるとしたらどうだろう?

 

「その色全部絞る」必要なくなるし、

「生牌の字牌」を切ることも出来るし、

その結果「勝負」することも出来るようになるわけで、

 

私からすれば、

「ホンイツの時こそ、注意深く捨て牌を見ろ!」

である。

 

なぜなら「ホンイツは簡単」だからだ。

門前リーチの待ちを読むのは至難の業だが、

ホンイツの手牌を読むのはそう難しいことではないのである。

 

じゃあ、最初の基本から行くぜ!

 

■まず「ホンイツ」であるかどうかの判断。

1、他の色をビシバシ切っている(ドラ・ドラそばを切ってればほぼ確定)。

2、役牌・字牌の切り出しが遅い(1枚以上見えてから切られる)。

3、鳴く準備をしている(キョロキョロしている)。

 

まあ、基本的に、

ホンイツは・・・

見れば分かるわな(笑)。

 

しかしホンイツかどうか微妙な捨て牌の時もあるよね。

 



 

こんな捨て牌だと、

ソウズの染め手かどうかはまだ分からないよな?

 

単に手が早いだけかもしれんし、

ソウズが余ってないだけかもしれん。

 

そういう時のために・・・応用編行くぞ!

 

4、不要牌のツモ切りが早い(迷わない)。

5、山からツモるのが遅い(ポンチーしたい)。

 

4に関しては・・・

ブラフを使うヤツもいるので一概には言えぬが、

盲牌が得意なヤツは特に、

ツモった瞬間に必要か必要じゃないかが分かるわけで、

手牌に入れることなくスパーン!と捨てちゃうわけだ。

 



 

例えば、この4ピンがツモ切りだったとして、

・一旦手の内に入れて考慮した後のツモ切りなのか?

・迷うこと無くツモった瞬間に捨てられるか?

で「ホンイツ」かどうかの判断が出来るのである。

 

もちろんすでにテンパイ目前で

4ピンが全く不要って可能性もあるが、

5万も9ピンも即切りで、西が手出し・・・なんて時は、

「ソウズのホンイツ」である可能性が高くなるわけだ。

 

普通のタンピン手・リーチ手ならね。

序盤は5万や4ピンは手の中に入れて考えるのが普通。

仮に孤立牌だとしてもくっつく可能性大だからね。

 

つまり、序盤から、使わない色の中張牌などを

迷いもせずに切ってる場合は・・・

十中八九「ホンイツ」。

(トイトイやチートイツの可能性も有り)

 

逆に、ホンイツっぽい捨て牌でも、



ちゃんと5万や4ピンを手牌に入れ、

考えてから捨てられる場合は、

その近くに牌があるorくっつきを考えた・・・可能性が高い。

つまり、ホンイツである可能性は低い。

(ソウズが濃いorソウズが浮いてない)

 

そして、いつもはやたらツモるのが早いくせに、

その時ばかりは上家が切ったのを確認してからツモるヤツもいるな。

これは「チー」したいからであり、

やはり「ホンイツ」である可能性が高い。

 



 

とまあ、

「ホンイツかどうか?」を判断するのは比較的容易である。

鳴きが一つ入ればもう大体分かるしな。

 

で、大事なのは、

 

「ホンイツかどうか?」ではなく、

「ホンイツ時の相手の待ち」である。

 

当たり前だが、

 

「ホンイツ」の待ちは

「その色」「字牌」のいずれか。

 

これはもう単純な話で、

 

基本的には、

 

「その色と字牌は切っちゃダメ!(現物以外)」

 

である。

 

ズコー!

 



 

なんじゃそりゃ~~~!

 

だってさー。

 

ホンイツの場合はもう役が確定してるからねー。

シャンポンでもカンチャンでもペンチャン待ちでもいいわけで、

字牌単騎なんかも十分有り得るわけで、

その色と字牌は当然の如く、危険牌なのである。

 

自分に手が入って無い時はもちろん、

相手に和了させたく無い時は、徹底してこれらを絞るべきである。

(逆に和了して貰いたい時はわざと鳴かせるのもアリ)

 

ただし!

 

男なら、

 

行かにゃならん時があるわな?

 

ダントツラスでの最後の親。

オーラスでの上がりトップ。

タンピン三色赤赤オモオモのイーシャンテン。

(テンパイなら当然ノンストップで勝負!)

 

こんな時は、

相手が

ホンイツ気配だろうと

チンイツ気配だろうと

チクビポツンのカワイイ女の子だろうと

行かねばならんわけで、

(まだテンパってないかもしれんしな!)

 

そんな時に

 

以下の内容を思い出して頂けると嬉しい。

 

1、手出し牌の裏スジはド危険。

例えばこんな形から



9索をチーして打5索。3-6待ち。

という形が、ホンイツでは圧倒的に多いのであり、

とりあえず、

 

ポン・チー後の手出し牌のマタギ裏スジは、

最も危険である。

 

これはポンチーの時もそうだが、

最終手出し牌の裏スジも同様に危険である。

 

改めて書く必要がないくらいの話で、

これが大前提ね。

 

じゃあ、この場合の裏スジである、

3-6と4-7はどっちが危険か?

というと、

当然その判断をするのは難しい。

 

しかし、それが可能な場合もあるんだ。

 

例えば発をポン。ペン7索を鳴いて6索切りってケース。



この時最も危険なのは6索の裏スジ。

つまり2-5-8、4-7である。

さっきも書いたように、

どちらもド危険。

 

なんだけどもしかし。

 

ここで相手の手を推理してみよう。



こういう手から7索をチーして打6索。

打5索でシャンポンに受ける人もいるかもしれんが、

(1索ツモなら符ハネするし)

一通の含みもあるし待ちも多いし、

打6索で4-7に受ける人の方が多いと思う。

 

じゃあ、2-5-8になるパターンは?



この1-6待ちテンパイから7索をチーして打6索。2-5-8へ。

(鳴いて三面張になるパターン。これは気付きにくいが、たまにあるパターンなので見逃さないようにしよう)

 

じゃあ、5-8になるパターンは?



こんな形からの7索チー。そして打6索。5-8待ち。

 

いずれも十分有り得る形であるが、

ポイントは2-5-8待ち、あるいは5-8待ちとなる場合、

6-7索が必ず手の内にあるということ。

 

その上で、ペンチャンチーをするってことは、

6-7-8-9の形だったはずで、

これは多くの打ち手が「チー」を一瞬ためらうのだ。

 

え?

 

どゆこと?

 

2、鳴く時の「間」に注意せよ!





上の場合は躊躇することなくペンチャンでチーだろ?

しかし、

下の場合はだれだって一瞬考えると思う。

(準備してないと即鳴き出来ない)

 

つまり、

 

「んーーー。それはチーかなあ」

 

なんて言いながら鳴く時や、

 

「・・・・チー」

 

と一瞬「間」があって鳴くときは、



こういう形が濃厚なわけで、

手の内に7索がある可能性が高い。

よって・・・5-8待ちの可能性があるってこと。

 

逆にサクッと鳴いた場合は、



こういう形が濃厚なわけで、

手の内に7索はない可能性が高い。

よって5-8待ちの可能性は低いってこと。

 

無限のパターンがあるので一概に言えないのだが、

「悩んで鳴いたらその牌を持ってる」

「悩まず鳴いたらその牌を持ってない」

と決めてしまっていいと思う。

 

この件に関して違う例を挙げると・・・



これ7索が出たら誰だって迷わず即鳴きだよね?

 



でもこれで7索が出たら・・・一瞬考えるでしょ?

 

もちろん悩む必要ない時だってあるし、

上級者は瞬時に判断出来るから、

そんな「間」はほんの刹那かもしかない。

 

しかし、

「悩んで鳴いたらその牌を持ってる」

「悩まず鳴いたらその牌を持ってない」

と決めつけておくと、手牌推理が単純になっていいと思うぞ。

 

ちなみにこれは「普通の鳴き」でも同じ原理。

腰を使って「鳴こうとしたけど鳴かない」なんて時や、

「ちょっと考えてチー」なんて時は、

結構な確率でその牌を持ってると思っていい。

 

だって、急所のカンチャンやペンチャン、

タンヤオなどの役確定となる鳴きは

躊躇する必要がないのだから。

 

何故躊躇するかといえば、

鳴くことによって手牌が複雑化する・・・

あるいは、鳴いた後の待ちが変化するからであり、

多くの場合、その牌を持っているのである。

 

もちろん、そうじゃないことも多々あるのであるが、

手牌読みはこのくらい強引に考えた方がいい。

どうせ相手の手なんてわかんないんだから(笑)。

 

話を戻そう。

 

では、先の話で2-5になるパターンはあるだろうか?

 

もちろん、ある。



こういう形から7索を鳴いて打6索。2-5待ち。

 

また、



こういう形から7索を鳴いて打6索。2-5待ち。

 

いずれも十分あり得るが、

この場合の形を良く見てみると、

6-8-9の形からの7索を鳴いての6索切りであり、

多くの打ち手は「6-8」で鳴いて、9索を切るのである。

その方が安全だし、

捨て牌の情報が減るからである。

 

そして、鳴いて6索を切るってことは、

ツモってリーチとは異なり、

4-6から3がくっついて6索切りってパターンはないのである。

 

つまり、この場合、2-5索待ちの危険性は低い!

(もちろんゼロじゃない)

 

結論を言うと、



この捨て牌では5-8、4-7は超危険だが、

2は比較的通り安いってことになる。

あと、7索を鳴いた時に「間」があったかどうかで、

 

間がなかった→7索持ってない?→4-7が危険

間があった→7索持ってる?→5-8が危険

 

ということが判断出来るな。

 

簡単に言えば、

勝負するなら、字牌・1索・2索・3索・9索は全ツッパ。

シャンポンやカンチャンで当たったらしょうがないぜ!

(あくまで勝負するならって話だよ?降りる場合は切っちゃだめよ?)

 

ってこと。

 

この「6索切り」はあくまで例。

 

色んなパターンがあるんだが、

ホンイツは手が透けやすい。

 

色々と相手の手牌を読みながら打つようにすると、

「一点読み」

が可能になるんだぜ~~~!

(ハズレてもいい。読むことが大事)

 

3、手出し牌の切り出し場所を確認せよ!

ホンイツは「その色」と「字牌」しかないわけで、

手牌構成が簡単である。例えば、



こんな形になっていることが多く、

右利きの人の多くは、

左から順番に並べ、

右端(右手側)には字牌、

あるいは不要牌を置いておく人が多い。

 

これは打ち手によって傾向が変わるので、

「上がり形」などを観察して、

その打ち手のクセを掴むようにしておく必要がある。

(一度後ろから見ておくのが一番いい)

 

中には左端や真ん中に不要牌を置く人もいるし、

右から順番に並べる人もいる。

(理牌しないで打つ強者は・・・今はほとんどいないよね)

 

まあしかし、90%は無意識の内にこういう列びで打つと思う。



 

で、ソウズホンイツの場合は、

ピンズやマンズが出て来る内はまだ1シャンテン以下で。

・右端から字牌が出てきたら黄色信号

・ソウズが出てきたら赤信号なのであるが、

 

その牌が出て来る場所で危険度が結構変わるのである。

 

例えば、字牌「右から2番目」から出てきたとするわな。



そうすると、

その右にもう一つ不要牌があるのだ。



中身はこんな感じ。8索をツモって東切り。

つまり、右端にまだ字牌があるわけ。

つまりまだテンパイ前の可能性大(字牌単騎の場合は別)。

これはまだ青信号である。

 

じゃあ、字牌右端から出てきたら?



これは字牌整理が終わった可能性があり、黄色信号

イーシャンテンの可能性大。

 

次に、

9索「右から3番目」から出てきたとするわな。



そうすると、

その右には「字牌のトイツ」がある可能性が非常に高いのだ。



こんな形からの9索切り。

つまり字牌は頭、

もしくはシャンポンの当たり牌である可能性が高く、黄色点滅信号

字牌は危険!

(鳴かれる可能性も大)

 

次。

 

9索「右から4番目」から出てきた場合・・・



その右には「字牌の暗刻」がある可能性が高い。

こんな形。



これは打点が一気に挙がるので、

勝負する時は注意が必要。

そして、この場合は、黄色点滅or赤信号であるが、

字牌は通る!

と思っていい。

もちろん、他に字牌のトイツがあれば別だが。

 

もう一つ行こう。

9索「右から5番目」から出てきた場合、



これは、右4つが「字牌」である可能性が高く、

・字牌シャボ待ち。

・字牌単騎待ち。

の可能性が高い。このパターンはもう赤信号

字牌は超超危険!

だと思った方がいいな。

 

今回9索が出てきた場合の話をしたが、

これは別に8索でも7索でも応用が効く話で、

 

要は、

 

「字牌があるかどうか」

「字牌が何個あるか」

 

が判断出来れば、

 

・テンパイしているか?

・点数が高いのか?

・字牌待ちなのか?

 

が判断出来るということである。

 

また、切り出しは左端にも注目である。

例えば、



こんな感じで左端から3索が出てきたとする。

であれば、

この手牌の中に1索・2索はない!

と推測出来るわけで、

 



こんな手牌からの2-5待ちはあっても、

 



こんな手牌からの1-4待ちはないし、

 



こんな手牌からの3索切り1索シャボ待ちや単騎待ちもない!

 

と推測出来るのだ。

 

逆に、



こんな感じで左端2番めから3索が出てきた場合。

 



こんな形からの3索切り1-4索待ちの可能性が高く、

 



こんな形からの3索切り、カン2索も可能性もあるので注意が必要である。

 

なお、



左端から1索が出てきた場合は、

 



こういう場合の不要牌か、

(この場合、待ちがどこかはサッパリわからない)

 



こういう場合の2-5待ちのケースが非常に多く、

 

勝負するなら2-5以外。

 

左端っこの1切りは2-5ド本命。

 

と思っておいて間違いない。

 

まとめよう。

 

まとめ

・手出し牌の裏スジはど危険!

・鳴く時の「間」に注意するべし!

・手出し牌の切り出し場所を確認せよ!

 

ちなみに、

ホンイツのスジは信じていいと思う。

もちろん相手がカンチャン、ペンチャン、シャボ待ちの場合、

サクッと振り込む可能性もあるわけだが、

勝負ならしょうがないし、

リーチと較べて・・・

意図的に「スジ引っ掛け」をする可能性は低いのである。

どうせその色は警戒されるんだからね。

 

以上、参考になったら幸いである。

 

良かったらこれも一緒に読んでね。

捨て牌読み「トイトイ」の場合

 

 

さて、

 

今回は平日昼間に開催される「真似満」に参加してきたぞ!

 



 

参加費はたったの2ドル。なのに、賞金は結構高いけんな。

狙い目のトーナメントである。

 



東風戦の二人抜け。親番の連チャンなし。とにかく先行逃げ切りが大事。ゆっくり手作りする暇なんてなし。1回戦は1位で通過。

 



僅差の3着目から逆転のバカホン。1着で2回戦も通過。

 



ここを抜ければ決勝卓。僅差の2着目でオーラスを迎えたんだが・・・全く手にならず、まだ字牌整理も終わってない順目で終了。3着で決勝卓進出ならず。

 



決勝卓には残れなかったが・・・僅差で5着に入っており、9.2ドルをゲット。

 

ま、参加費は取り戻したな。

 

平日は忘れやすいんだが・・・

またやろうっと。

 

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

 

 

【捨て牌読みシリーズ】麻雀において対戦相手が「鳴いた」時、相手の「役」や「待ち」がちょっとでも読めるようになれば、劇的に麻雀が変わる!ポンが入った時に注意するべきことは「ポン出し牌」!トイトイのシャンポン待ちでも待ちが分かるようになる?捨て牌読み第6回は「トイトイ」。あなたもポンチーハンターになれる(笑)。

 

以前、

 

捨て牌読みシリーズ!

「リーチ宣言牌が◯◯の時」

 

ってのを5回に渡ってやったんだが(興味ある方は見てね→こちら)、

これがとても好評であったので、

続けて・・・

相手が「鳴いた時」の捨て牌読みシリーズをやりたいと思う。

 

今回は「トイトイ」の場合である。

 

あなたは、

 

「トイトイだとシャンポン待ちになるから、

待ちなんて分かんないでしょ?

アカギじゃあるめーしよ!」

 



 

と思ってないだろうか?

 

もしそう思ってたのなら、

今までだいぶん損をして来たことになるぞ!

 

意外と分かるんだなこれが!

 

気をつけるのはこれだけでいい。

・初ポン出しされたときの牌!

・その後、数順の手出し牌!

 

あなたはこういう手牌で5万をポンをした時、

どの牌を切るだろうか?



特別な理由がなければ、10人中10人が4ピンを切ると思う。

なぜなら、この時点ではもう「トイトイ」を狙うより他にないわけで、

門前を目指すなら3-6ピンの受けは絶対的に必要だが、

鳴いてしまったからにはもう必要なし。

そして4ピンは危険度が高い。

先に切っておきたいというのが麻雀心理。

 

これを他家から見た場合、

ポン出しされた・・・

「4ピン」の近くに牌がある可能性が高い!

と読めるわけだ。

(この時点ではトイトイかタンヤオか役牌か・・・分からない)

 

そして次巡に安全牌の北をツモったら?



当然、1万を切って安全牌の北を持っておくだろう?

つまりこの時に切られる手出しの「1万」もヒントになるわけで、

(安牌として1万を持っていたのでなければ、必ず近くに牌がある)

2万あるいは3万の対子がある・・・と読めるわけだ。

 

で、1索が出てポン。



安全牌の北が出て行ってテンパイになるわけだが、

この時点で他家から見るとタンヤオの可能性が消え、

役の可能性があるのは「トイトイ」か「役牌」。

(三色同刻などの例外役は考える必要なし)

 

役牌の場合は基本何でもありだが・・・

仮にこの手が「役牌無しのトイトイ」だとすれば、

 

・4ピンの近く

・1万の近く

 

を警戒すればいいってことになるわな。

 

もちろんこれは「強引な推理」であり、実戦ではこんなに単純なケースばかりではない。役牌が対子・暗刻のケースもあるし、単騎待ちだってもあるし(このケースは何でもアリ)、ドラやオタ風や何の関連もない理不尽な待ちってケースもある。

 

しかし、

 

「4ピン・1万の近くは危ない!」

 

という思考が出来るだけで、

 

「トイトイの待ちは全然分からんわ!」

 

という初級レベルから脱却出来るのだ。

 

実は、

トイトイの待ちは、

結構読みやすいのである。

 

ポン出し牌と、その後数巡の手出しをチェックしておけば良く、あとは役牌やドラ、赤ドラなどを警戒すればオッケー(それ以上の深い読みは必要ない。つか出来ない。笑)。

 

これだけでアナタもポンチーハンターになれる?

 



 

しかし・・・

難しいのが「クイタン」「役牌バック」との比較。

 

ココで一つ・・・その見分け方の例をお教えしておこう。

もちろん絶対の見分け方ではないので参考までに。

 

・すでに切ってる牌の近くをポン→トイトイの可能性大。

・チートイぽい捨て牌でポン→トイトイの可能性大。

・ポン出し牌がオタ風牌→トイトイor役牌の可能性大。

・ポン出し牌が役牌→トイトイor役牌の可能性大。

・ポン出し牌が一九牌→クイタンの可能性大。

 

典型的なのは「序盤に3万を切ってるのに4万ポン!」みたいなパターン。



これはかなり不自然な切り方であり、「トイトイ決め打ち」「チートイ狙い」の典型的なパターンである。4万がドラなんて時は特にありがち。

 

「チートイぽい捨て牌」もトイトイの可能性大。



チートイからトイトイへの移行やね。このケースは捨て牌からは全く読めないわけだが、端牌やスジ牌やオタ風など一見すると安全そうな牌が危険になる。

 

ポン出し牌がオタ風の場合、



これを安牌として持っていたわけじゃないのであれば、牌の重なりを期待して持っていたのである。つまりクイタンの可能性は低い(クイタンをやっててオタ風を手の中に残すヤツはいない)。トイトイか役牌バックだろう。その後数巡の手出し牌に注意。

 

ポン出し牌が生牌の役牌の場合、



これも重なりを期待して持っていたわけで(絞る必要もあるしな)、クイタンの可能性は低い(もちろんゼロではない)。手の中に役牌の対子があり、役牌2を目指していた可能性、あるいは、役牌を諦めてトイトイに移行した可能性が高い。

 

ポン出し牌が一九牌の場合、



これは分かりやすいわな。高確率でクイタンである。しかしこのケースも切った牌の近くに必ず牌があるのだ。なぜなら皆、最初は門前を目指すからだ。1-2-2や1-3-3といった形からの1切り。あるいは1-3-5、1-2-4からの1切り。あるいは1-2-2-3-3からの1切り。また1-2-3や1-2-3-4-5-6からのフリテン1切りも有り得る。近くの牌はもちろん、そのスジも要注意である(鳴かせないようにしないといけない)。

 

今回「ポン出し牌」について色々と書いてきたが、

最後に「ポン出し牌がポンした牌の隣」のケースを考えてみよう。

このケースが一番多いんだよね~。



こういうケースな。

5ピンを鳴いて4ピンが出て来る・・・とてもよくあるパターン。

このケースで4ピンの近くに待ちがあるか?

 

特に5ピンが4枚見えたりしたら、

なんとなく4ピンの近くはもうなさそうに見えるが・・・



こういう牌姿から5ピンポンの4ピン切り。

十分あり得る形だろう?

 

あるいは





こんな形からの5ピンポンの4ピン切り。

いずれも十分有り得る形であり、

 

・ポン出し牌がその隣→その近くはもうない。

 

というロジックは成り立たないので注意されたし。

(これはクイタンの場合も同じである)

 

トイトイを相手にする時は、スジやカベや字牌はむしろ危険。

ドラポンや役牌絡みで打点が高そうな場合は降りるのが定石だが、

現物が無くなった時は・・・

・ポン出し牌の近くはスジでもカベでも切らない。

・オタ風でも生牌は切らない。

・出来るだけ「2枚切れ」の牌を切る。

ようにしよう。

これだけで振り込む可能性は相当下がると思うぞ。

 

結論。

・トイトイは意外と読みやすい!

・初ポン出し牌に注意せよ!

・その後数巡の手出し牌に注意せよ!

・トイトイを相手にする時は、スジやカベを信じるな!

 

 

さて、

 

先日、DORA麻雀の

「優勝者賞金総取りトーナメント」

に出場してきたのだが、

 

なんと・・・浅次郎、優勝しちゃったぜ!

 



 

参加人数は20人。参加費は7ドル。合計140ドル。

運営側が80ドル追加してくれるんで、

賞金総額は220ドル(約24,500円)。

 

1着のみ通過のトーナメント方式で、

賞金は優勝者の総取り。

 

このトーナメント、実は、ポイントは参加人数なのである。

今回20人であったが、この場合5卓立つわな。

そうすると1着の5人が勝ち上がるわけだが、

5人で麻雀は出来ないわけで、実際の勝ち抜けは8人。

つまり、1回戦は浮きの2着ならかなりの確率で次に進めるのである(5人中3人ね)。

 

これが頭にあるのとないのとは大違いで、

「1着じゃないと絶対ダメ!」

「浮きの2着ならOK!」

は条件的に全然違うのである。

 

そして2回戦は8人、決勝卓に行けるのは4人。

つまり、2回戦は2着以内で完全にオッケー。

 

そして、決勝卓のみ、1着を目指せばいいのである。

 

今回、1回戦を2着で通過した私は、

 

2回戦もせこく2着狙いで通過。

 



1位との差は16600点。マンガン直撃でも逆転出来ないわけで、早々に2着狙い(笑)。タンピンドラドラの好配牌だったが、さっさと鳴いて速攻で和了。決勝卓へ。

 

決勝卓は、大物手が飛び交う展開で・・・東3で親がマンガンツモ。私は手が入らずに為す術もなく・・・トップとの差18,200点でオーラスへ。

 

親ではあったが、満貫ツモでも届かない点差。条件は9600直撃か、ハネ満ツモ。赤ドラなし、連荘なしのトーナメントでこれは非常にキツイ・・・。しかもドラはオタ風の北・・・。

 

しかし、私は諦めなかった。

 

懸命に手作りをし、奇跡的にタンヤオ三色をテンパイ。

リーチしてツモって、裏ドラを一枚乗せる!

これが唯一の逆転の道。

(リーチしないと届かないが、リーチしたらトップ目からは絶対でない)

 

残るツモは2回・・・

 

もうダメかと思ったところで奇跡の6ピンツモ。

 



 

裏ドラが1枚乗ってハネ満ツモ。

 

大・逆・転・V!

 

いえ~~~~い!

 



一応、証拠画像。

 

約25,000円か・・・

 

早速セブンイレブンで下ろそうっと(笑)。

 

 

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【麻雀鉄鳴きのセオリーその5】タンピン一盃口ドラ3の好形一向聴、あるいは純チャン三色ドラ、あるいはピンフ一通ドラ3なんてチャンス手が入った時、多くの人はリーチを掛けて高得点を目指すと思うが、近代麻雀はスピードが命!鳴いて満貫あるなら鳴け!キー牌は鉄鳴き!鳴いて点数変わらんならダイヤモンド鳴き!

 

鷲巣麻雀、やっと決着したねえ。

 



 

長え長えと思っていたが、

まさか一晩で20年とは・・・(笑)。

 

まあ、こんなことを言うのもなんだが、

 

あの時、私の恋が終わっていれば最高だったの同じように、

あの時、鷲巣麻雀も終わっていれば最高だったのに。

 



 

まあ、大人の事情があったんだろうけどな。

 

さて、

 

今日は、

鉄鳴きのセオリー5回目

 

今までは

「厳しい状況」「点数が低い状況」での鳴きの話が多かったが、

 

今回は

「恵まれている状況」「高得点が狙える状況」での話である。

 

例えばこんな絶好の形。東1局の6巡目。

 



 

3索が上家からポロリと出た時にあなたは鳴くだろうか?

 

 

 

な、

 

 

 

な、

 

 

 

鳴くかボケェェェェ!

 



 

と新八ツッコミを挿れる方が殆どだと思う。

 

タンピン三色一盃口赤ドラ3の好形一向聴。

高めならダマ倍満であり、

リーチ掛けてツモって裏ドラが乗れば3倍満まである手である。

 

これを鳴いてしまえば

タンヤオドラ3の満貫止まり・・・

 

「まだ6巡目なのになんで鳴かなあかんねん!」

「あんた夢なさ過ぎ!」

 

という方が多いと思う。

 

あるいは、

 

「あ、鳴いたら満貫テンパイか・・・」と一瞬思っても、

「巡目早いし、まいっか!」

 

とスルーしてしまう方が多いと思う。

(こういうのは「鳴く」と決めておかないと鳴けない)

 

だけんどもしかし!

 



 

何より痛恨なのは、

このチャンス手を和了れないこと!

 

そう思わね?

 

麻雀は運が大きな要素を占めるゲームであるが、

それ故に「運」を味方に付けることが何より大事である。

やって来た「運」は絶対的に得点に結び付けなければならない。

 

そして、

どんだけ好形だろうと、

一向聴だと和了出来ないのである!

 

そして一向聴地獄が続けば・・・

あっという間に終盤になってしまうのである。

 

例えば、さらに6回ツモってテンパイ出来なければ12巡目。

そうなればもう終盤であり、

誰かがテンパイしている確率はヒジョーに高く、

先にリーチが掛かってしまうかもしれない。

 

仮に、12巡目にテンパイ出来たとして、

残るツモは5~6回。

みんなが降りてしまえば和了れる保証などないのだ。

 



 

さらに言えば、この手・・・

仮にテンパイ出来たとしても、

低め低めを引けばタンピンドラ3である。

 

そう。低めなら点数はそんなに変わらんのだ。

 

優先すべきはスピード。

 

相手が和了れない状態で、

コチラだけが和了れる状態を作る。

 

麻雀でもケンカでも戦争でも同じ。

 

大事なのは、

 

先制攻撃である。

 



 

このタンピン好形の手、

鉄鳴きでテンパイに構えるべし。

 

もちろん、

6索も5索も3ピンも6ピンも4万も7万も鳴けるもんは全て

 

「鉄鳴き」!

 

赤3枚の満貫をツモれば3枚オール。

それだけで役満や3倍満に匹敵するのであり、

このチャンス手は絶対的に和了らねばならんのだ。

 

点数的に満貫あれば、

好形タンピン手であれ「鉄鳴き」じゃ!

(赤持ってれば尚更ね)

 

あ、念のために言っておくが状況によって変わるけんな。

オーラスでトップとの差が17,000点・・・なんて時は

満貫直撃しても届かないわけで、

そういう時は門前で高めを目指すべきである。

 

次にこういうケース。

 

純チャン三色ドラ1の一向聴。これまた東1局の6巡目だとする。

 



 

上家からポロッと1ピンが出た場合、あなたは鳴くだろうか?

 

 

 

な、

 

 

 

な、

 

 

 

鳴くかボケェェェ!

 



 

と新八ツッコミを入れる人は今回は半分くらいかもね(笑)。

 

今回、門前でも「純チャン三色ドラ1」で跳満までしかないからだ。

(リーチ掛けてツモれば倍満だが)

 

しかし、麻雀において理想を追うドリーマーは多く、

6巡目ならスルーしてしまう人も多いと思う。

 

だけんどもしかし!

 



 

この手・・・純チャンも三色も成立させるために

絶対的に必要なキー牌「1ピン」である。

逆の「4ピン」が入れば役無し。リーのみ。

 

6巡目にキー牌の1ピンが出た・・・残りは3枚。

 

この1ピン誰かがすでに持ってるかもしれないし、

山にあるとしても他の3人にツモられるかもしれないし、

都合よくキー牌を先にツモって理想的なテンパイになる可能性は・・・

 

とてもとても低いのである。

 

であれば、

 

キー牌は、何巡目であろうと「鉄鳴き」。

 

鳴いて満貫あれば尚更である。

鳴いて純チャン三色ドラ1の満貫を確定させるべし。

 

ちなみに、この手の最重要キー牌は「1ピン」であるが、

純チャン三色を完成させるには「2索」も必要。

 



 

だから2索が先に出ても「チー」である。

片和了でも全然オッケー。

 



 

リスクは4ピンをツモった場合にフリテンになることだけ。

たいしたリスクではない。

 

この手を門前で進めても・・・

キッチリ純チャン三色に仕上がる可能性は五分五分。

しかし、こんなチャンス手は絶対的に和了らねばならんのだ!

 

大事なのは「1ピン」「2索」が出たら鳴く!と決めておくこと。

 

あ、ちょっと聞きたいけど、

 

この手で3索をツモったらどうする?

 



 

純チャンも三色も無くなるけど、両面待ちでのテンパイ。

 

リーチ掛ける?

 

1索ツモならリーチでいいと思うけどね。

 

(答えなんかないけど)

 

もうひとつ行こう。

 

ピンフ一通ドラドラ+赤ドラの勝負手。これも東1局の6巡目としよう。

 



 

上家から急所の9万が出た。これ、鳴く?

 

 

 

な、

 

 

 

な、

 

 

 

ん?

 

 

 

これは鳴いてもいいか・・・。

 



 

鳴いてしまえば一通ドラ3の満貫確定で6-9索のナイスな両面待ち。

 

門前でもすぐテンパイ出来そうであるが、

この場合待ちが良すぎて、高め9万で和了れる可能性は薄い。

(9万がすでに1枚以上河にあるなら尚更)

 

高めならピンフ一通ドラ3の跳満だが、

低めならピンフドラ3。リーチ掛けても満貫まで。

 

鳴いても門前でも点数そんなに変わんねえ!

 

そんな時はもう・・・

「鉄」ではなく「ダイヤモンド鳴き」である。

 

しかし、

待ちが良すぎるためにスルー・・・

あるいは

巡目が早過ぎるからスルー・・・

してしまう甘い打ち手は結構いる。

 

広い一向聴でも入らない時は入らないのであり、

一晩を共に出来そうな女を口説くチャンスを逃したらダメなのと同じように、

満貫のテンパイチャンスは絶対に逃してはダメなのだ。

 

まとめよう。

 

【鉄鳴きのセオリーその5】まとめ。

・満貫あれば鳴いて良し!(チャンス手を逃すな!)

・好形タンピンでも鳴いてしまえ!

・キー牌は出た瞬間に鳴け!片和了恐れるべからず!

・鳴いても点数がそう変わらん時はダイヤモンド鳴き!

 

今回の記事は・・・読めば納得であるが、

実戦で「鳴く」のは非常に難しい。

どうしても「理想」を追いたくなるし、

一瞬の迷いで「発声」出来なかったりするからだ。

 

しかし、アリアリの赤有り近代麻雀で大事なのはスピード。

役に縛られる必要はない。

 

満貫あれば、

鳴いてテンパイに取るべし!

 

さて、

 

今日も元気にDORA麻雀。

 

サンマの8ドル卓。

 

1着なら約1000円プラス、

2着ならほぼチャラ、

3着なら約1000円マイナスっていうシンプルな麻雀である。

 



13000点差あったのだが、直撃できっちり捲って1着。+9.05ドル。

 



17000点差の2着目で、最後まで逆転を狙ったのだが・・・結局テンパイ出来ずに流局。2着+0.49ドル。

 



1位と点数が離れすぎてドモナラズ。2着-3.13ドル。

 



直撃かツモなら逆転だったのだが・・・しょうがないですな。2着+2.70ドル。

 



圧勝で1着。1万は臭いと思ったが点差あったからね。+11.87ドル。

 

トータル:+20.98ドル(約2,300円)

 

まあ、一回このくらい勝てると、

月に1~2万円になりますな。

 

レートを上げて打てば、

月10万位勝てる人もいるだろうけどね。

 

私はこのくらいの遊びでちょうどいい。

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」

 


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【麻雀鉄鳴きのセオリーその4】役もない、ドラもない、手牌も悪い・・・でも、行かねばならん!という状況って結構あるよな!そういう時にモクモクと門前で進めてテンパイを目指す?仮にテンパイしたとてリーチのみ。だったら、クイタンでも役牌バックでもトイトイでも鳴きホンイツの方が圧倒的に速い!とりあえず強引ポンチーだ!

 

オーラスで800点差の2着目。

3着目も4着目も1000点以内の僅差。

誰かにツモられたらおしまい。ノーテンでもラス落ち。

こんな時はもうどんな手であれ・・・行くしかないわな。

 



 

はたまた、

 

南3の親で、一人沈みの断トツラス。

3着目までは2万点以上あり、トビ寸前。

この親が終わったらラス確定。

こんな時ももう・・・どんな手であれ行くしかない。

 



 

そう。

どんなに手が悪くても、1000点しかなくても、

行くしかねぇのである!

 

で、でもクッパは怖いズラ・・・

 



 

とか言ってる暇はないのである!

 



 

行かないとピーチ姫が犯られてしまうのだ!

(手遅れかもしれんが、行くしかないのである笑)

 

麻雀の実力はその「腕」だけではない。

行くべき時に行けるか?

引く時に引けるか?

という「判断力」も非常に大事。

 

さて、

 

行くしかねえ時に、

 



 

こんな配牌が来てくれれば、

クイタン一直線で迷うことはないわけだが、

 



 

こんな配牌が来た時にどうするか?

 

というのが本稿の主旨である。

 

ど、

 

ど、

 

どうにもならんわボケェェェ!

 



 

というのが本音であるが(笑)、

 

「絶対上がりに向かわねばならん」

 

という条件下なので、

どうにかせんばいかんのである。

 

もちろん、

ツモや上家の捨て牌によるので一概には言えん。

 

一概には言えんが、

この手・・・このまま門前で進めても、



テンパイに至る可能性はヒジョーに低い。

急所にズコズコと入ったとしても5向聴なのだ。

 

こういう時、為す術がないからと言って、

「とりあえず門前」で進める人はとても多い。

 

ドラも役もないから、

とにかく「リーチ」を目指すのである。

 



 

そしてその多くはテンパイまでたどり着けない。

奇跡的にたどり着いたとしても終盤だろう。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

鳴くのである。

 

こんなもんはもう鳴いてテンパイする他ない。

 



 

この配牌での可能性としては、

 

「鳴きホンイツ」

「チャンタ」

「役牌バック」

 

だろう。

 

例えば第一ツモが、オタ風の北だったらどうか?



もう「鳴きホンイツ」まっしぐらである。

 

「北」はもちろん鉄ポン!



この形になれば配牌とは雲泥の差。

マンズを2~3枚引けば十分鳴きホンイツが狙えるだろう。

 

当然1万や2万や7万などのキー牌も鉄鳴きである。

 

全部鳴く!

 

これだけでめっちゃスピードが上がるのである。

 

ちなみに、



理想的に進んでこんな手牌になった時は、

9索ではなく9万から切ることをオススメする。

(上がり易さを優先するなら6万でも良い)

 

この9索と9万(6万)の順番が違うだけで、

警戒のされ方が全然違ってくるからだ。

 

「あれ?ホンイツじゃなくてトイトイ?役牌バック?」

 

と思ってくれれば、

マンズも出やすくなるってもんである。

 

次、

 

例えば第一ツモが8索だったらどうか?



こうなったらもう「チャンタ」まっしぐらであり、

これまたキー牌は全て鉄鳴きである。

 

決して門前で仕上げようなどと思ってはいけない。

「鳴くこと」を前提に手作りせねばならんのだ。

 

ちなみに、

「チャンタ」や「三色」や「一通」は、

鳴いても難しい役である。

最初からある程度ターツがないと難しいので、

バラバラの状態からは目指すべきではない。

(上記の状態からは厳しい。でも行くしかない笑)

 

もちろんそれしか役がない時はしょうがないのだが、

そんな時でも諦めてはいけないのが、

「役牌バック」である。



なんか良さげな牌をツモった時、

場に白が一枚出てると・・・

つい合わせて白を切りたくなるわな。

 

しかし、ホンイツもチャンタもダメな場合、

命綱は「役牌」である。

 

この手牌、白が1つ重なるだけで、

大きく和了に近づくのである。

 



 

好形とは言えんが、

この状態で場に白が一枚出ていれば、

後から必ず白が出て来るのである(王牌にない限り。笑)。

 

であれば、

目指すは「役牌バック」

 

キー牌は全て鳴いていい。

仮に相手が「白バック」を警戒したとしても・・・

「白のみ」と分かってる分、

そう簡単に止まるもんじゃない(笑)。

 

なので、

手が進んでこんな感じの手牌になった時、



つい白を切りたくなるが・・・

出来るだけ場に切れてない役牌は持っておかねばならない。

 

白を切っても門前テンパイはまだ遠く、

この白を誰かに鳴かれるかもしれんからだ。

この場合は6索切りか8万切り。

 

役牌は命綱。

ギリギリまで持っておくべし。

 

それから、強引鳴きで最も簡単なのが、

・クイタン

・トイトイ

である。

 

例えばこんな手牌の時、上家が4万を捨てたとする。



このまま手を進めても、

どうせ「リーのみ」にしかならんわけで、

しかもカンチャン待ちかシャンポン待ちになる可能性大。

 

こんな時は4万を鳴いてクイタンを目指せ!



1万を切ったら食い替えになるので3万を切る。

この形なら5万、2ピン、3ピン、6索、8索が鳴ける形となるわな。

5万、4ピン、5索に何かがくっつけば新たな鳴き要素も出てくる。

 

もちろんこれで和了れるとは限らんが、

さっきの形で門前を目指すより5倍以上速くなるだろう。

 

役がない時は、

強引タンヤオを目指すべし!

である。

時には么九牌の対子や暗刻を落としたっていいと思うぞ。

 

尚、序盤で対子が4つあれば、



「トイトイ」に向かうべし!である。

大きな点数が欲しいならチートイに行くべきだが、

(チートイはドラを重ねてリーチしてツモれば跳満である)

 

スピードならトイトイが数段上。

 

特に端牌やオタ風を持ってる場合はトイトイ狙いが吉。

(端牌やオタ風は鳴きやすい)

 

ハダカ単騎になる覚悟で鳴いてしまえ!

 

じゃないと・・・

 



 

クッパにピーチ姫を犯られてしまうぞ!(やめてぇぇぇ)

 

【鉄鳴きのセオリーその4】まとめ。

・絶対行かねばならん時は、まず鳴きを考えろ!

・鳴きホンイツを目指せ!

・役牌バックを最後まで諦めるな!

・強引クイタンで仕掛けろ!

・対子が4個あればトイトイ!

 

配牌がクソだからって諦めたらダメ。

誰だってクソ配牌が来るのである。

 



 

そういう時になんとか和了まで持って行けるようになれば、

競り合い・ねじり合いに強くなれるぞ!

 

さて、

 

今日も楽しくDORA麻雀♪

 

サンマの8ドル卓東風戦だと、

一回に動くお金は1000円前後。

1回10分程度なので気軽に遊べるぞ!

 



ぐあっ!僅差トップだったのだが親被りで2着転落。+2.10ドル。

 



ぐあっ!キッチリ捲くられてラス落ち。-9.55ドル。

 



断トップ!+13.37ドル!

 



2着浮上の和了。+0.27ドル。

 



これまた2着逆転の和了。-2.15ドル。

 



いえーい。国士無双をツモ和了!16000オール。

 



国士和了もあって断トツのトップ。+15.18ドル。

 



2着。+0.55ドル!

 

TOTAL +19.77ドル(約2,300円)

 

役満和了するとやっぱ気持ちええな!

そろそろ稼いだ分のお金を下ろすか。

 

リアルマネーで対戦出来るネット麻雀!


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【麻雀鳴きのセオリーその3】現代のアリアリ赤有り麻雀は何よりスピードが大事。今回は鳴いてテンパイ(ポンテン・チーテン)について。鳴けばテンパイ・・・でもまだ序盤?両面を鳴くのはもったいない?鳴いたら1000点、2000点になる?こういう時、あなたは鳴く?鳴かない?鳴く時の基準は何?鳴いてテンパイなら問答無用で鳴いてしまえ!

 

麻雀の本質は、

 

ピラミッドである。

 



 

この画像の通り、

麻雀は、和了に近づくにつれ、

牌の受け入れがどんどん狭くなるのである。

 

当然和了る時が最も狭いわけだが、

(和了牌は1~2牌。多くても3牌。※例外あり)

この時はツモだけではなく他家からも和了れるわけであるから、

 

実際最も厳しいのは、

テンパイに至る時なのである。

 

だから、私もあなたも、

「イーシャンテン地獄」に陥ることが多いのであり、

 



 

結局テンパイ出来ずに流局・・・

 

なんてことが多々発生するのである。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

「テンパイ出来る時は鳴いとけ!」

 

というのがこの稿の主旨である。

 

もちろん、

鳴いたら和了れない「役無し」って時は基本NGである。

(形式テンパイにする時はOK)

 

しかし何らかの役があって赤が一枚でもあれば、

基本的に鳴いてテンパイでOK

 

なぜなら、

冒頭で述べたように

イーシャンテンからテンパイに至る時の受け入れが最も狭く、

最も時間が掛かるのであり、

現代のアリアリスピード麻雀において、

 

テンパイは神!

 



 

だからである。

 

しかし、多くの人が理想を追い、

 

『捨て牌の2段目位(10~12巡)まで・・・

テンパイ出来る牌が場に出てもスルー』

 

してしまうのである。

 

3段目の終盤近くになると慌てて鳴くのに、

2段目まではスルーしてしまう・・・

(私もよく見逃してしまう・・・)

 

その理由の大部分は、

 

・門前で仕上げてリーチ掛けたいから。

・鳴いたら安くなるから。

・あるいは、鳴いたら和了れないから。

 

である。

 

先程も書いたが、

鳴いたら和了れなくなる場合は鳴く必要ない。

 

しかし、

「リーチを掛けたい」「安くなる」

という理由でテンパイを逃すと・・・劇的に遅くなってしまうのだ。

(もちろん絶対的に点数が必要な場合は除くぞ)

 

特に2段目を過ぎれば、

いつどこからリーチが掛かってもおかしくないのであり、

誰かが大物手のイーシャンテンかもしれないのである。

 

誰もがイーシャンテン・・・

そんな時にいち早くテンパイを入れる!

 

これが麻雀のキモであり、

強い打ち手と弱い打ち手の差であり、

勝ち組と負け組の差・・・と言っても過言ではない。

 

なので、

 

捨て牌の2段目になったら

「鳴く準備」をしておくことをオススメする。

 

デメリットとして、

 

当然、鳴けば手牌は透ける。

 



 

これはもうしょうがなし!である。

 

しかし、多くのケースにおいて、

喰いタン系の鳴きは軽視されがちである。

 

「リーチ」や「染め系の鳴き」は大いに警戒されるのに、

「喰いタン」はあまり警戒されない。

 

「リーチ」には安牌・スジを切るが、

「喰いタン」にはドラそばの無スジでも平気で切る。

 

という人が多いのではなかろうか?

 

メンタンピンも

クイタンドラドラも点数は一緒。

 

実は、軽い鳴きはとても和了りやすいのである。

 

ただし、

これは鳴き全般に言えることだが、

ドラなし赤ドラなしの1翻の場合は・・・

リスクが大き過ぎるので状況次第である。

 

「浅次郎さん、悪形が残る場合でも鳴きますか?」

 



 

例えば、こんな形で8ピンが出た場合、鳴いたらカン3万の悪形。

 

点棒状況にもよるが、

もちろん鉄鳴きである。

(どうせカン3万が残るんだし笑)

 

なぜなら、

テンパイは神だからだ。

 



 

そう決めておくのが大事であり、

打ってる時に迷ってはならぬのである。

 

ちなみに、この場合、



6索が出ても鉄鳴きである。

次巡にテンパイ出来る可能性がドーンと上がるからである。

 

「浅次郎さん、3面張の好形でも鳴きますか?」

 



 

これは意見が別れるところだろう。

 

つか普通は鳴かんわな(笑)。

 

しかし巡目・状況によるぞー!

 

10巡過ぎの終盤、

もしくは誰かにテンパイ気配アリ、

あるいは点棒的に競った展開であれば・・・

 

3-6万でチーテンを取るのも選択肢の一つ(喰いタン確定)。

2-5-8ピンも状況次第で鳴くのもアリだと思う。

 

大事なのは

「3面張でも鳴く可能性もアリ」

と考えておくことである。

 

どんだけ待ちが良くても、

テンパイしないと和了れないのだから。

 



6索も鉄鳴きだな。

シャンテン数は変わらないけど、3色含みの鬼のイーシャンテン。

 

 

■鉄鳴きのセオリー3まとめ

・役があるなら鉄板で鳴きテンパイを取れ!

・喰いタンは警戒されにくい(和了やすい)!

・悪形や3面張も気にするな(テンパイ優先)!

 

 

さてと、

 

ドラ麻雀打ってくるか!

 

サンマ8ドル卓。

 



2着死守で-0.19ドル。サンマはラスを引かないのが大事。

 



これだけトップが遠いとドモナラズ。2着-3.15ドル。

 



ドラを重ねて数え役満。

 



でも、何故か僅差勝ち。あぶねえあぶねえ。+10.43ドル

 



ぐあ!最後逆転されてしまった・・・2着で+2.97ドル。

 

トータル+10.06ドル(1100円くらい)

 

まあまあかな。

 

 

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」

 


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!