【麻雀捨て牌読みシリーズ】アリアリの赤有り麻雀やネット麻雀において、「クイタン」は最も出現しやすい役であり、「クイタン」を制する者は「アリアリ赤麻雀を制す」と言っても過言ではない。「クイタン」を仕掛けられた時の捨て牌を読めるかどうかで放銃率が大きく変わってくるぞ!好評の捨て牌読みシリーズ「クイタン」編!

 

現代のアリアリ赤アリ麻雀において、

 

最も警戒せねばならん役の一つに

 

「クイタン」があるな。

 

その理由は何と言っても「速い」から。

 

で、最近の「赤ドラ」麻雀だと・・・

点数も結構高くなる上に、

祝儀(チップ)がデカイ

から尚更厄介だよね。

 

テンピンで一枚500円祝儀なら、

 

「クイタン、赤1枚」は7000点の価値があるのである。

(2000点+祝儀5000点)

 



(この「1枚!」がデカイ)

 

クイタン・赤一枚でツモれば、

親の満貫・跳満に匹敵するのであり、

(1000点・500点+祝儀5000点オール)

 

赤3枚のクイタンツモは、



 

親の役満に匹敵するのである。

(4000・2000点+祝儀15000点オール)

 

あなたがやってる麻雀の祝儀のレートにもよるが、

 

赤ドラが手の内にあったら和了に向けて全速前進!

 

赤ドラ祝儀麻雀の鉄則である。

 

つまり、

「クイタン」を制する者は、

アリアリ赤入り祝儀麻雀を制す!

 

と言っても決して言い過ぎではない。

(しかし、大概オカやウマの方がデカイけんな!こだわり過ぎるのは良くないぞ!)

 

ま、そんなのは

 

皆も百も承知だわな。

 

だけんどもしかし。

 



 

多くの麻雀プレイヤーは、

 

・リーチ

・染め手

・ドラポン

 

にはビクビクと警戒するが、

クイタンに対する警戒はとても低い。

 

手の内に一枚でも赤があれば、

クイタンでも満貫クラスの危険があるわけで、

(2枚あれば跳満クラス)

 

その危険度は

「チンイツ」や「役牌ドラ3」

に匹敵するのである。

 

なのにクイタンを警戒せずに

サクサクと中張牌を切る人がどれだけ多いことか。

 

何が言いたいかといえば、

 

クイタンを甘く見るな!

一つ鳴き入ったら警戒せよ!

 

ということである。

 

では、本題。

 

相手がクイタンの場合、

捨て牌・ロン牌はどう読めばいいのか?

を考えていきたいと思う。

 

■タンヤオ仕掛けについて。

もちろんクイタンには無限のパターンがあるので、全てを網羅することは出来ないし、網羅したとしても覚えきれやしない。以下のパターンは「よく見かけるパターン」である。まず、心しておきたいのは、一鳴きの場合・・・一段目(6巡目まで)なら30~50%の確率でテンパイ、二段目(12巡目まで)なら50~75%の確率でテンパイだと思え!そして二つ鳴きが入った場合は90%の確率でテンパイだ!二つ鳴いて出てきた牌は「リーチ宣言牌」と同じである!

 

■腰を使って鳴かなかった場合。



基本中の基本。腰を使って(鳴くかどうか迷って)鳴かなかった場合、その牌は十中八九・・・鳴けるのである(ブラフ・反応ミスじゃない限り)。何故鳴かなかったかといえば「序盤だから」「門前で進めたいから」「鳴くと決めてなかったから」といった曖昧な理由からであり、本当は欲しいのだ。つまり、鳴いても役がある可能性が高く(鳴いたら役がなくなってしまう場合は迷わない)、タンヤオや役牌、三色・一通・チャンタなどは要警戒だ。もちろん、この8ピンは将来のロン牌候補である。腰を使った牌は蛍光ペンでマークするかの如く覚えておこう。

 

■タンヤオ仕掛け、鳴いて字牌(安牌)が出てきた場合。



鳴いて役牌が出てきたパターン。これはその役牌が共通安全牌じゃないなら・・・「役牌のトイツ落とし」でクイタンに移行するケース、あるいは役牌の重なりを期待して1枚持ってたケース・・・である可能性が高い。いずれにせよこの時点ではまだテンパイじゃない可能性が高く、待ちは読めない(他に役牌を持ってる可能性もあり)。

 



クイタン二つ鳴きで共通安牌の字牌や端牌が出てきた場合・・・これは95%テンパイである。しかも好形両面やドラそば・・・といった待ちが多く、無スジは非常に危険である。

 

■タンヤオ仕掛けで、1-9が手から出てきた場合。



これは「門前」から「クイタン」に走った時に良くあるパターン。この時、高い確率で「二万」か「三万」が手牌にある。「1-3-5」からの1万切り。「1-2-2」や「1-3-3」からの1万切り。「1-3-4-5-6」「1-2-3-4-5」からの一万切り。あるいは「1-2-3」の出来メンツからの1万切りも有り得る。とにかく「二万」「三万」の近くはド危険。ただ、このケースはまだイーシャンテンってことが多いので・・・わざともう一回鳴かせるというのも手である。

 

■タンヤオ仕掛け、濃い牌が出てきた場合。



こんな感じで、鳴いた所と全く別のエリアから牌が出てきた時は・・・この牌を完全マークである。くっつき待ち牌じゃない限り、必ずこの5索の近くに牌があるのだ!一鳴きだとまだイーシャンテンである可能性もあるが・・・最終的にこの近くがロン牌である可能性は50%。特に3-6、4-7の裏スジはド危険

 



こういう感じで2つ目の鳴きをポンして違う色の「濃い牌」が出てきた場合、「ポンチー可能な」完全イーシャンテンだった可能性が高い!つまり4索の周りは「4-4-5」や「3-4-4」あるいは「4-6-8」という形だった可能性が高く、裏スジやスジ牌は超危険だ。この4索は「リーチ宣言牌」と同じ扱いでOK。

 



逆に、ポン→同じ色の近く(例えば五万など)が出てきた場合、その付近は比較的安全である。なぜなら・・・この形でもう一枚4万を持っている可能性は極めて低いからだ(※4-4-4-5-5、3-4-4-4-5-5-6-7などからポンする形なら有り得るが、9割方4-4-5からのポンである)。つまり、4万で分断されるわけで・・・マタギの可能性はほぼ無い。ただし、シャボ待ちやカンチャン待ち、単騎待ちの可能性はある。特に、4-4-5-6-6などのイーペーコーの形からのポンは良くあるので注意が必要だ。

 



「6-6-7」から「8」をチーして6ピン切り。こういうのも良く見ますな。この時、6ピンのマタギは比較的安全である。例外的に「5-6-6-6-7」から「8」をチーして「4-7」待ち。あるいは「6-6-6-7-7」からの「8」チーの「5-8」待ち・・・があるにはあるが非常にレアである。これで当たったらゴメンナサイでOK(状況による)。

この形の時に濃厚なのは「他に頭がある」ということで、「好形」である可能性が高く、さらに言えば「赤」「ドラ」が手牌にある可能性が高く、加えて「テンパイ」の可能性も高いってこと。

巡目にもよるが、「6-6-7」の形は有益だが「リスキー」な形である。ドラなしのタンピン形ならさっさと6は切ってしまいたいところ。それをこの形で引っ張るのは「鳴いてテンパイ」を想定しているから。つまりドラが手に1枚以上ある好形って可能性が高いよね。もっとも、最近は「クイタンは出来るだけガメろ!」という打ち方が主流のようであるが。

 

■タンヤオ仕掛け、ツモって待ちが変わった場合。



タンヤオ仕掛け二つ鳴きの状況で。何かをツモって手出しされた場合に考えられるのは

①イーシャンテン→その牌でテンパイ!
②待ちが良くなった!あるいは打点が高くなった!
③空切り(あるいは横滑り)。
④有効牌をツモったがまだテンパイしていない。
⑤危険牌を掴んで降りた(回した)。

の5パターン。どうやって見分けるか?だが、まず見なければならんのは「サクッと切ったか?」「考えて切ったか?」である。

①の「その牌でテンパイ!」の場合はサクッと静かに切られることが多い。人は皆「テンパイ気配」を悟られたくないからね。ドラを抱えていれば尚更の話。そしてこの場合「2索」がテンパイ宣言牌であり、この周りは超危険である。必ず「3索」「4索」が手の内にあると思っていい。

②の「待ちが良くなった」場合は、例えば「2-4」のカン3索待ちから「5索」をツモって両面待ちに変わったケースね(「3-6」待ち)。当然「裏スジ待ち」になるわけで手出しに注意されれば「ほぼ一点」で読まれてしまう。誰だって目立ちたくないので・・・これも考えることなくサクッと静かに切られる(直撃したい相手がいる時など・・・読まれたくないのであればこの5索はツモ切りでも可)。

③の「空切り」「横滑り」は赤入り麻雀では良くある話で。3-4-5から赤5をツモって5切り、2-3-4から赤5をツモって2切り。これらも迷う必要ないし、打点アップ・テンパイ気配を悟られたくないからサクッと切られることが多いね。

では、④の「まだテンパイしていない」場合はどうか?この場合・・・手の内がシンプルで点数が高いなら悩む必要はないが、そうじゃない場合は「残り枚数」「テンパイ出来るかどうか?」「出ていく牌が安全かどうか?」「誰かテンパイしてないか?」などを少し考えることが多い。つまり、クイタン気配で2つ鳴いてるのに、少考して牌を入れ替えた場合は「テンパイしてない」可能性があるってこと。もちろんテンパイしている可能性の方が高いんだけど(笑)。

⑤の「危険牌を掴んだ」場合も同じである。勝負なら考える必要などないのであって、少考あるいは長考して手出しをした場合・・・「降りた(回した)」可能性が高くなる。その牌(ここでは2索)が、場の安全牌なら尚更で、逆にその牌がドラや無スジなどの超危険牌であればテンパイだと思っていいだろう。

まとめると・・・

・サクッと静かに手出し→テンパイ確率大。その周りは危険。
・少考、長考して手出し→テンパイしてない可能性有り
・少考、長考して危険牌ツモ切り→テンパイほぼ確定。

 

■タンヤオ仕掛け、迷ってチーした場合。



迷ってチーが入った場合、その多くは「両面」である。なぜなら・・・「愚形」なら悩む必要が無いからだ。さらに言えば、近くに牌があり、形が複雑である可能性が高い。上の図の場合、例えば「3-4-5-6-7」の三面張からのチー。あるいは「6-6-7-7-8」のイーペーコー崩れ。あるいは「6-6-7-7」のダブル両面。あるいは「6-6-7-8」「6-7-7-8」「6-7-8-8」「6-7-7-7」「6-6-6-7」からのチー。いずれにせよ、鳴くことによって劇的に点数が落ちる可能性が高く(跳満→満貫、満貫→3900、5200→2000など)、だから鳴くのを躊躇するのである。

この場合、「6-7-8」の近くはもちろん、手出し牌の近くは全てド危険。点数が落ちても両面で鳴くってことはドラを持ってる可能性大。最低でもドラ2枚は覚悟せよ。

 



同じ迷ってチーでも・・・カンチャンなどの愚形の場合、ちょっと話は違ってくる。通常愚形を鳴く場合に悩む必要はない。上図のようにクイタンが確定していれば尚更である。それなのに悩む(考える)ということは、その近くに牌があるってこと。さらに言えば「鳴いた牌」が手の内にある可能性が非常に高いってこと(上図でいえば7ピンが手の内にある可能性が高い)。例えば「6-6-7-8」「6-7-7-8」「6-7-8-8」「5-6-7-8」「5-5-6-7-8」「4-5-6-7-8」「6-6-6-7-8」「6-7-7-7-8」「6-7-8-8-8」といった形。いずれの場合でも、ピンズの受け入れが残る可能性大。

つまり、この鳴きでテンパイなら「6-7-8」の近くがド危険牌。他の色の待ちになる可能性は低く、手に7ピンがあると思ってロン牌を読もう。

 

■タンヤオ仕掛け、端っこから手出しの場合。



クイタン仕掛けで、手牌の左端から「五万」が手出しで出てきたとしよう。ちゃんと理牌されてることが条件ではあるが(理牌しないで打つ人は滅多にいない)、この場合マンズの上(6-7-8)は手にない可能性が高く、7や8は通りやすい・・・と言える。また、場合によっては5万は浮いていたのではないか(くっつきを待ってたのではないか)?という推理も成り立ち、こう推理してしまったらもうマンズ全部通しだ。※打ち手の理牌の癖にもよるので一概には言えないけどね。

 



左から2枚目の位置から「五万」が出て来た場合は「五万が浮いている」という可能性はほぼほぼゼロだ。左端の牌が「六万」か「七万」である可能性が高く、当然の如く、この周りはド危険。

 

■タンヤオ仕掛け、カンチャン落としがあった場合。

タンヤオ仕掛けで「カンチャン落とし」があった場合、さらに優秀な待ちがあると見て間違いなく、その落とされた牌近くは要警戒である。例えば「4-6-6-7」という列びであれば多くの人が「4→6」という順番で落としていくだろう。また「2-4-6-8」という列びであれば「2→4」「8→6」という順番で落としていく人が多いと思う。つまり、カンチャン落としで危険なのは「後から切られた方」。最初に切られた方は比較的安全。

 

■タンヤオ仕掛け、両面落としがあった場合。

タンヤオ仕掛けで「両面落とし」があった場合、これは「両面ターツがオーバーした」もしくは「ドラターツを優先した」のどちらかであり、好形両面もしくはドラソバ待ちである可能性が高い。特にドラ付近や赤ドラに注意しよう。

 

■切る牌が無くなったら2-8を切るべし。

これは確率論の話で、状況に合った話ではない(笑)。タンヤオ仕掛けに対して切る牌が無くなった場合、「2」もしくは「8」を切ろう。これは、クイタンに「1-3」「7-9」のカンチャン待ちが存在しない!というだけの理論であるが、クイタンにおいて「カンチャン」は結構な割合で存在するのであり、確率で言えば・・・他の無スジを切るより3~4割ほど放銃する可能性が下がると思う。

 

というわけで、

 

クイタンの場合の良くある捨てパターンを洗ってみたが、

いかがだっただろうか?

 

クイタンは手の内が透けやすい。

 

だから読みやすいわけで、

 

今回の記事を一通り見ておくだけで、

迂闊な放銃が減ると思うぞ。

 

さて、

 

今日も麻雀日和。

 

楽しく麻雀やろうぜ!

 



 

 

あ、そうそう。

 

私がいつもプレイしているリアル賭け麻雀「DORA麻雀」でね。

年末に、

「超ビッグトーナメント」

が行われるぞ!

 



なんと賞金総額3,000ドル!(約34万円)

優勝賞金は750ドル!(約85,000円)

参加費は・・・無料!

現在の参加人数は・・・576人!

 

この中で頂点に立つのは半端じゃないが、

なんせ参加費無料だし、

1着勝ち抜けなので・・・

2回トップを取れば40~50位以内が確定。

3回トップを取ればトップ16であり、

4回トップを取れば決勝卓(4位以内確定)である。

4位以内なら2万円以上の高額賞金であり、

運が良ければここまで辿り着けるかもしれんじゃないか。

 

なんせ無料だしね(笑)。

 

世の中に、

面白いネット麻雀サイトは多々あれど、

リアルに稼げる麻雀はDORA麻雀だけ。

 

この機会に是非カモン!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【捨て牌読みシリーズ】麻雀において対戦相手が「鳴いた」時、相手の「役」や「待ち」がちょっとでも読めるようになれば、劇的に麻雀が変わる!ポンが入った時に注意するべきことは「ポン出し牌」!トイトイのシャンポン待ちでも待ちが分かるようになる?捨て牌読み第6回は「トイトイ」。あなたもポンチーハンターになれる(笑)。

 

以前、

 

捨て牌読みシリーズ!

「リーチ宣言牌が◯◯の時」

 

ってのを5回に渡ってやったんだが(興味ある方は見てね→こちら)、

これがとても好評であったので、

続けて・・・

相手が「鳴いた時」の捨て牌読みシリーズをやりたいと思う。

 

今回は「トイトイ」の場合である。

 

あなたは、

 

「トイトイだとシャンポン待ちになるから、

待ちなんて分かんないでしょ?

アカギじゃあるめーしよ!」

 



 

と思ってないだろうか?

 

もしそう思ってたのなら、

今までだいぶん損をして来たことになるぞ!

 

意外と分かるんだなこれが!

 

気をつけるのはこれだけでいい。

・初ポン出しされたときの牌!

・その後、数順の手出し牌!

 

あなたはこういう手牌で5万をポンをした時、

どの牌を切るだろうか?



特別な理由がなければ、10人中10人が4ピンを切ると思う。

なぜなら、この時点ではもう「トイトイ」を狙うより他にないわけで、

門前を目指すなら3-6ピンの受けは絶対的に必要だが、

鳴いてしまったからにはもう必要なし。

そして4ピンは危険度が高い。

先に切っておきたいというのが麻雀心理。

 

これを他家から見た場合、

ポン出しされた・・・

「4ピン」の近くに牌がある可能性が高い!

と読めるわけだ。

(この時点ではトイトイかタンヤオか役牌か・・・分からない)

 

そして次巡に安全牌の北をツモったら?



当然、1万を切って安全牌の北を持っておくだろう?

つまりこの時に切られる手出しの「1万」もヒントになるわけで、

(安牌として1万を持っていたのでなければ、必ず近くに牌がある)

2万あるいは3万の対子がある・・・と読めるわけだ。

 

で、1索が出てポン。



安全牌の北が出て行ってテンパイになるわけだが、

この時点で他家から見るとタンヤオの可能性が消え、

役の可能性があるのは「トイトイ」か「役牌」。

(三色同刻などの例外役は考える必要なし)

 

役牌の場合は基本何でもありだが・・・

仮にこの手が「役牌無しのトイトイ」だとすれば、

 

・4ピンの近く

・1万の近く

 

を警戒すればいいってことになるわな。

 

もちろんこれは「強引な推理」であり、実戦ではこんなに単純なケースばかりではない。役牌が対子・暗刻のケースもあるし、単騎待ちだってもあるし(このケースは何でもアリ)、ドラやオタ風や何の関連もない理不尽な待ちってケースもある。

 

しかし、

 

「4ピン・1万の近くは危ない!」

 

という思考が出来るだけで、

 

「トイトイの待ちは全然分からんわ!」

 

という初級レベルから脱却出来るのだ。

 

実は、

トイトイの待ちは、

結構読みやすいのである。

 

ポン出し牌と、その後数巡の手出しをチェックしておけば良く、あとは役牌やドラ、赤ドラなどを警戒すればオッケー(それ以上の深い読みは必要ない。つか出来ない。笑)。

 

これだけでアナタもポンチーハンターになれる?

 



 

しかし・・・

難しいのが「クイタン」「役牌バック」との比較。

 

ココで一つ・・・その見分け方の例をお教えしておこう。

もちろん絶対の見分け方ではないので参考までに。

 

・すでに切ってる牌の近くをポン→トイトイの可能性大。

・チートイぽい捨て牌でポン→トイトイの可能性大。

・ポン出し牌がオタ風牌→トイトイor役牌の可能性大。

・ポン出し牌が役牌→トイトイor役牌の可能性大。

・ポン出し牌が一九牌→クイタンの可能性大。

 

典型的なのは「序盤に3万を切ってるのに4万ポン!」みたいなパターン。



これはかなり不自然な切り方であり、「トイトイ決め打ち」「チートイ狙い」の典型的なパターンである。4万がドラなんて時は特にありがち。

 

「チートイぽい捨て牌」もトイトイの可能性大。



チートイからトイトイへの移行やね。このケースは捨て牌からは全く読めないわけだが、端牌やスジ牌やオタ風など一見すると安全そうな牌が危険になる。

 

ポン出し牌がオタ風の場合、



これを安牌として持っていたわけじゃないのであれば、牌の重なりを期待して持っていたのである。つまりクイタンの可能性は低い(クイタンをやっててオタ風を手の中に残すヤツはいない)。トイトイか役牌バックだろう。その後数巡の手出し牌に注意。

 

ポン出し牌が生牌の役牌の場合、



これも重なりを期待して持っていたわけで(絞る必要もあるしな)、クイタンの可能性は低い(もちろんゼロではない)。手の中に役牌の対子があり、役牌2を目指していた可能性、あるいは、役牌を諦めてトイトイに移行した可能性が高い。

 

ポン出し牌が一九牌の場合、



これは分かりやすいわな。高確率でクイタンである。しかしこのケースも切った牌の近くに必ず牌があるのだ。なぜなら皆、最初は門前を目指すからだ。1-2-2や1-3-3といった形からの1切り。あるいは1-3-5、1-2-4からの1切り。あるいは1-2-2-3-3からの1切り。また1-2-3や1-2-3-4-5-6からのフリテン1切りも有り得る。近くの牌はもちろん、そのスジも要注意である(鳴かせないようにしないといけない)。

 

今回「ポン出し牌」について色々と書いてきたが、

最後に「ポン出し牌がポンした牌の隣」のケースを考えてみよう。

このケースが一番多いんだよね~。



こういうケースな。

5ピンを鳴いて4ピンが出て来る・・・とてもよくあるパターン。

このケースで4ピンの近くに待ちがあるか?

 

特に5ピンが4枚見えたりしたら、

なんとなく4ピンの近くはもうなさそうに見えるが・・・



こういう牌姿から5ピンポンの4ピン切り。

十分あり得る形だろう?

 

あるいは





こんな形からの5ピンポンの4ピン切り。

いずれも十分有り得る形であり、

 

・ポン出し牌がその隣→その近くはもうない。

 

というロジックは成り立たないので注意されたし。

(これはクイタンの場合も同じである)

 

トイトイを相手にする時は、スジやカベや字牌はむしろ危険。

ドラポンや役牌絡みで打点が高そうな場合は降りるのが定石だが、

現物が無くなった時は・・・

・ポン出し牌の近くはスジでもカベでも切らない。

・オタ風でも生牌は切らない。

・出来るだけ「2枚切れ」の牌を切る。

ようにしよう。

これだけで振り込む可能性は相当下がると思うぞ。

 

結論。

・トイトイは意外と読みやすい!

・初ポン出し牌に注意せよ!

・その後数巡の手出し牌に注意せよ!

・トイトイを相手にする時は、スジやカベを信じるな!

 

 

さて、

 

先日、DORA麻雀の

「優勝者賞金総取りトーナメント」

に出場してきたのだが、

 

なんと・・・浅次郎、優勝しちゃったぜ!

 



 

参加人数は20人。参加費は7ドル。合計140ドル。

運営側が80ドル追加してくれるんで、

賞金総額は220ドル(約24,500円)。

 

1着のみ通過のトーナメント方式で、

賞金は優勝者の総取り。

 

このトーナメント、実は、ポイントは参加人数なのである。

今回20人であったが、この場合5卓立つわな。

そうすると1着の5人が勝ち上がるわけだが、

5人で麻雀は出来ないわけで、実際の勝ち抜けは8人。

つまり、1回戦は浮きの2着ならかなりの確率で次に進めるのである(5人中3人ね)。

 

これが頭にあるのとないのとは大違いで、

「1着じゃないと絶対ダメ!」

「浮きの2着ならOK!」

は条件的に全然違うのである。

 

そして2回戦は8人、決勝卓に行けるのは4人。

つまり、2回戦は2着以内で完全にオッケー。

 

そして、決勝卓のみ、1着を目指せばいいのである。

 

今回、1回戦を2着で通過した私は、

 

2回戦もせこく2着狙いで通過。

 



1位との差は16600点。マンガン直撃でも逆転出来ないわけで、早々に2着狙い(笑)。タンピンドラドラの好配牌だったが、さっさと鳴いて速攻で和了。決勝卓へ。

 

決勝卓は、大物手が飛び交う展開で・・・東3で親がマンガンツモ。私は手が入らずに為す術もなく・・・トップとの差18,200点でオーラスへ。

 

親ではあったが、満貫ツモでも届かない点差。条件は9600直撃か、ハネ満ツモ。赤ドラなし、連荘なしのトーナメントでこれは非常にキツイ・・・。しかもドラはオタ風の北・・・。

 

しかし、私は諦めなかった。

 

懸命に手作りをし、奇跡的にタンヤオ三色をテンパイ。

リーチしてツモって、裏ドラを一枚乗せる!

これが唯一の逆転の道。

(リーチしないと届かないが、リーチしたらトップ目からは絶対でない)

 

残るツモは2回・・・

 

もうダメかと思ったところで奇跡の6ピンツモ。

 



 

裏ドラが1枚乗ってハネ満ツモ。

 

大・逆・転・V!

 

いえ~~~~い!

 



一応、証拠画像。

 

約25,000円か・・・

 

早速セブンイレブンで下ろそうっと(笑)。

 

 

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【麻雀鉄鳴きのセオリーその4】役もない、ドラもない、手牌も悪い・・・でも、行かねばならん!という状況って結構あるよな!そういう時にモクモクと門前で進めてテンパイを目指す?仮にテンパイしたとてリーチのみ。だったら、クイタンでも役牌バックでもトイトイでも鳴きホンイツの方が圧倒的に速い!とりあえず強引ポンチーだ!

 

オーラスで800点差の2着目。

3着目も4着目も1000点以内の僅差。

誰かにツモられたらおしまい。ノーテンでもラス落ち。

こんな時はもうどんな手であれ・・・行くしかないわな。

 



 

はたまた、

 

南3の親で、一人沈みの断トツラス。

3着目までは2万点以上あり、トビ寸前。

この親が終わったらラス確定。

こんな時ももう・・・どんな手であれ行くしかない。

 



 

そう。

どんなに手が悪くても、1000点しかなくても、

行くしかねぇのである!

 

で、でもクッパは怖いズラ・・・

 



 

とか言ってる暇はないのである!

 



 

行かないとピーチ姫が犯られてしまうのだ!

(手遅れかもしれんが、行くしかないのである笑)

 

麻雀の実力はその「腕」だけではない。

行くべき時に行けるか?

引く時に引けるか?

という「判断力」も非常に大事。

 

さて、

 

行くしかねえ時に、

 



 

こんな配牌が来てくれれば、

クイタン一直線で迷うことはないわけだが、

 



 

こんな配牌が来た時にどうするか?

 

というのが本稿の主旨である。

 

ど、

 

ど、

 

どうにもならんわボケェェェ!

 



 

というのが本音であるが(笑)、

 

「絶対上がりに向かわねばならん」

 

という条件下なので、

どうにかせんばいかんのである。

 

もちろん、

ツモや上家の捨て牌によるので一概には言えん。

 

一概には言えんが、

この手・・・このまま門前で進めても、



テンパイに至る可能性はヒジョーに低い。

急所にズコズコと入ったとしても5向聴なのだ。

 

こういう時、為す術がないからと言って、

「とりあえず門前」で進める人はとても多い。

 

ドラも役もないから、

とにかく「リーチ」を目指すのである。

 



 

そしてその多くはテンパイまでたどり着けない。

奇跡的にたどり着いたとしても終盤だろう。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

鳴くのである。

 

こんなもんはもう鳴いてテンパイする他ない。

 



 

この配牌での可能性としては、

 

「鳴きホンイツ」

「チャンタ」

「役牌バック」

 

だろう。

 

例えば第一ツモが、オタ風の北だったらどうか?



もう「鳴きホンイツ」まっしぐらである。

 

「北」はもちろん鉄ポン!



この形になれば配牌とは雲泥の差。

マンズを2~3枚引けば十分鳴きホンイツが狙えるだろう。

 

当然1万や2万や7万などのキー牌も鉄鳴きである。

 

全部鳴く!

 

これだけでめっちゃスピードが上がるのである。

 

ちなみに、



理想的に進んでこんな手牌になった時は、

9索ではなく9万から切ることをオススメする。

(上がり易さを優先するなら6万でも良い)

 

この9索と9万(6万)の順番が違うだけで、

警戒のされ方が全然違ってくるからだ。

 

「あれ?ホンイツじゃなくてトイトイ?役牌バック?」

 

と思ってくれれば、

マンズも出やすくなるってもんである。

 

次、

 

例えば第一ツモが8索だったらどうか?



こうなったらもう「チャンタ」まっしぐらであり、

これまたキー牌は全て鉄鳴きである。

 

決して門前で仕上げようなどと思ってはいけない。

「鳴くこと」を前提に手作りせねばならんのだ。

 

ちなみに、

「チャンタ」や「三色」や「一通」は、

鳴いても難しい役である。

最初からある程度ターツがないと難しいので、

バラバラの状態からは目指すべきではない。

(上記の状態からは厳しい。でも行くしかない笑)

 

もちろんそれしか役がない時はしょうがないのだが、

そんな時でも諦めてはいけないのが、

「役牌バック」である。



なんか良さげな牌をツモった時、

場に白が一枚出てると・・・

つい合わせて白を切りたくなるわな。

 

しかし、ホンイツもチャンタもダメな場合、

命綱は「役牌」である。

 

この手牌、白が1つ重なるだけで、

大きく和了に近づくのである。

 



 

好形とは言えんが、

この状態で場に白が一枚出ていれば、

後から必ず白が出て来るのである(王牌にない限り。笑)。

 

であれば、

目指すは「役牌バック」

 

キー牌は全て鳴いていい。

仮に相手が「白バック」を警戒したとしても・・・

「白のみ」と分かってる分、

そう簡単に止まるもんじゃない(笑)。

 

なので、

手が進んでこんな感じの手牌になった時、



つい白を切りたくなるが・・・

出来るだけ場に切れてない役牌は持っておかねばならない。

 

白を切っても門前テンパイはまだ遠く、

この白を誰かに鳴かれるかもしれんからだ。

この場合は6索切りか8万切り。

 

役牌は命綱。

ギリギリまで持っておくべし。

 

それから、強引鳴きで最も簡単なのが、

・クイタン

・トイトイ

である。

 

例えばこんな手牌の時、上家が4万を捨てたとする。



このまま手を進めても、

どうせ「リーのみ」にしかならんわけで、

しかもカンチャン待ちかシャンポン待ちになる可能性大。

 

こんな時は4万を鳴いてクイタンを目指せ!



1万を切ったら食い替えになるので3万を切る。

この形なら5万、2ピン、3ピン、6索、8索が鳴ける形となるわな。

5万、4ピン、5索に何かがくっつけば新たな鳴き要素も出てくる。

 

もちろんこれで和了れるとは限らんが、

さっきの形で門前を目指すより5倍以上速くなるだろう。

 

役がない時は、

強引タンヤオを目指すべし!

である。

時には么九牌の対子や暗刻を落としたっていいと思うぞ。

 

尚、序盤で対子が4つあれば、



「トイトイ」に向かうべし!である。

大きな点数が欲しいならチートイに行くべきだが、

(チートイはドラを重ねてリーチしてツモれば跳満である)

 

スピードならトイトイが数段上。

 

特に端牌やオタ風を持ってる場合はトイトイ狙いが吉。

(端牌やオタ風は鳴きやすい)

 

ハダカ単騎になる覚悟で鳴いてしまえ!

 

じゃないと・・・

 



 

クッパにピーチ姫を犯られてしまうぞ!(やめてぇぇぇ)

 

【鉄鳴きのセオリーその4】まとめ。

・絶対行かねばならん時は、まず鳴きを考えろ!

・鳴きホンイツを目指せ!

・役牌バックを最後まで諦めるな!

・強引クイタンで仕掛けろ!

・対子が4個あればトイトイ!

 

配牌がクソだからって諦めたらダメ。

誰だってクソ配牌が来るのである。

 



 

そういう時になんとか和了まで持って行けるようになれば、

競り合い・ねじり合いに強くなれるぞ!

 

さて、

 

今日も楽しくDORA麻雀♪

 

サンマの8ドル卓東風戦だと、

一回に動くお金は1000円前後。

1回10分程度なので気軽に遊べるぞ!

 



ぐあっ!僅差トップだったのだが親被りで2着転落。+2.10ドル。

 



ぐあっ!キッチリ捲くられてラス落ち。-9.55ドル。

 



断トップ!+13.37ドル!

 



2着浮上の和了。+0.27ドル。

 



これまた2着逆転の和了。-2.15ドル。

 



いえーい。国士無双をツモ和了!16000オール。

 



国士和了もあって断トツのトップ。+15.18ドル。

 



2着。+0.55ドル!

 

TOTAL +19.77ドル(約2,300円)

 

役満和了するとやっぱ気持ちええな!

そろそろ稼いだ分のお金を下ろすか。

 

リアルマネーで対戦出来るネット麻雀!


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【麻雀鳴きのセオリーその3】現代のアリアリ赤有り麻雀は何よりスピードが大事。今回は鳴いてテンパイ(ポンテン・チーテン)について。鳴けばテンパイ・・・でもまだ序盤?両面を鳴くのはもったいない?鳴いたら1000点、2000点になる?こういう時、あなたは鳴く?鳴かない?鳴く時の基準は何?鳴いてテンパイなら問答無用で鳴いてしまえ!

 

麻雀の本質は、

 

ピラミッドである。

 



 

この画像の通り、

麻雀は、和了に近づくにつれ、

牌の受け入れがどんどん狭くなるのである。

 

当然和了る時が最も狭いわけだが、

(和了牌は1~2牌。多くても3牌。※例外あり)

この時はツモだけではなく他家からも和了れるわけであるから、

 

実際最も厳しいのは、

テンパイに至る時なのである。

 

だから、私もあなたも、

「イーシャンテン地獄」に陥ることが多いのであり、

 



 

結局テンパイ出来ずに流局・・・

 

なんてことが多々発生するのである。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

「テンパイ出来る時は鳴いとけ!」

 

というのがこの稿の主旨である。

 

もちろん、

鳴いたら和了れない「役無し」って時は基本NGである。

(形式テンパイにする時はOK)

 

しかし何らかの役があって赤が一枚でもあれば、

基本的に鳴いてテンパイでOK

 

なぜなら、

冒頭で述べたように

イーシャンテンからテンパイに至る時の受け入れが最も狭く、

最も時間が掛かるのであり、

現代のアリアリスピード麻雀において、

 

テンパイは神!

 



 

だからである。

 

しかし、多くの人が理想を追い、

 

『捨て牌の2段目位(10~12巡)まで・・・

テンパイ出来る牌が場に出てもスルー』

 

してしまうのである。

 

3段目の終盤近くになると慌てて鳴くのに、

2段目まではスルーしてしまう・・・

(私もよく見逃してしまう・・・)

 

その理由の大部分は、

 

・門前で仕上げてリーチ掛けたいから。

・鳴いたら安くなるから。

・あるいは、鳴いたら和了れないから。

 

である。

 

先程も書いたが、

鳴いたら和了れなくなる場合は鳴く必要ない。

 

しかし、

「リーチを掛けたい」「安くなる」

という理由でテンパイを逃すと・・・劇的に遅くなってしまうのだ。

(もちろん絶対的に点数が必要な場合は除くぞ)

 

特に2段目を過ぎれば、

いつどこからリーチが掛かってもおかしくないのであり、

誰かが大物手のイーシャンテンかもしれないのである。

 

誰もがイーシャンテン・・・

そんな時にいち早くテンパイを入れる!

 

これが麻雀のキモであり、

強い打ち手と弱い打ち手の差であり、

勝ち組と負け組の差・・・と言っても過言ではない。

 

なので、

 

捨て牌の2段目になったら

「鳴く準備」をしておくことをオススメする。

 

デメリットとして、

 

当然、鳴けば手牌は透ける。

 



 

これはもうしょうがなし!である。

 

しかし、多くのケースにおいて、

喰いタン系の鳴きは軽視されがちである。

 

「リーチ」や「染め系の鳴き」は大いに警戒されるのに、

「喰いタン」はあまり警戒されない。

 

「リーチ」には安牌・スジを切るが、

「喰いタン」にはドラそばの無スジでも平気で切る。

 

という人が多いのではなかろうか?

 

メンタンピンも

クイタンドラドラも点数は一緒。

 

実は、軽い鳴きはとても和了りやすいのである。

 

ただし、

これは鳴き全般に言えることだが、

ドラなし赤ドラなしの1翻の場合は・・・

リスクが大き過ぎるので状況次第である。

 

「浅次郎さん、悪形が残る場合でも鳴きますか?」

 



 

例えば、こんな形で8ピンが出た場合、鳴いたらカン3万の悪形。

 

点棒状況にもよるが、

もちろん鉄鳴きである。

(どうせカン3万が残るんだし笑)

 

なぜなら、

テンパイは神だからだ。

 



 

そう決めておくのが大事であり、

打ってる時に迷ってはならぬのである。

 

ちなみに、この場合、



6索が出ても鉄鳴きである。

次巡にテンパイ出来る可能性がドーンと上がるからである。

 

「浅次郎さん、3面張の好形でも鳴きますか?」

 



 

これは意見が別れるところだろう。

 

つか普通は鳴かんわな(笑)。

 

しかし巡目・状況によるぞー!

 

10巡過ぎの終盤、

もしくは誰かにテンパイ気配アリ、

あるいは点棒的に競った展開であれば・・・

 

3-6万でチーテンを取るのも選択肢の一つ(喰いタン確定)。

2-5-8ピンも状況次第で鳴くのもアリだと思う。

 

大事なのは

「3面張でも鳴く可能性もアリ」

と考えておくことである。

 

どんだけ待ちが良くても、

テンパイしないと和了れないのだから。

 



6索も鉄鳴きだな。

シャンテン数は変わらないけど、3色含みの鬼のイーシャンテン。

 

 

■鉄鳴きのセオリー3まとめ

・役があるなら鉄板で鳴きテンパイを取れ!

・喰いタンは警戒されにくい(和了やすい)!

・悪形や3面張も気にするな(テンパイ優先)!

 

 

さてと、

 

ドラ麻雀打ってくるか!

 

サンマ8ドル卓。

 



2着死守で-0.19ドル。サンマはラスを引かないのが大事。

 



これだけトップが遠いとドモナラズ。2着-3.15ドル。

 



ドラを重ねて数え役満。

 



でも、何故か僅差勝ち。あぶねえあぶねえ。+10.43ドル

 



ぐあ!最後逆転されてしまった・・・2着で+2.97ドル。

 

トータル+10.06ドル(1100円くらい)

 

まあまあかな。

 

 

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」

 


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

【麻雀鳴きのセオリーその2】現代のアリアリ赤有り麻雀は何よりスピードが大事。今回は「一通」「三色」「チャンタ」の2翻役について。三色ドラ1のイーシャンテン。キー牌が出た時、あなたは鳴く?役確定なら鳴く?片上がりなら鳴かない?それともスルー?鳴く時の条件は?これらの役は門前で仕上げるのは至難!こういう時は鳴いてしまえ!

 

麻雀には・・・

難しいクセにやたらと点数が低い役がある。

 

特に、門前での、

 

「三色」
「一通」
「チャンタ」

 

この3つである。

 

同じ2翻役の「鳴きホンイツ」や「トイトイ」や「チートイツ」とは
比べ物にならないくらい難易度が高い。もちろん出現率も低い。

 

麻雀漫画を見てるとホイホイ出てくるが、
これらはそう簡単に仕上がる役ではないのだ。

 



 

実際に・・・半荘10回打って何回和了出来るか?

 

を数えてみるといい。
おそらく3つの役を合わせても、2~3回が関の山だと思う。

 

個人的には、これら3つの役は、
ホンイツと同じく3翻役(鳴いたら2翻)にするべきだと思う。

 

それくらい難易度が高いのである。

 



 

しかしそれは・・・

 

門前の話。

 

鳴けば・・・?

 

意外と哭きの竜なのである。

 



 

そう。

 

門前だと難しいけど、
鳴けば意外と簡単なのだ。

 

だけんどもしかし!

 

多くの人は「鳴いて1翻」になるのを嫌い・・・

鳴かない。

 

リーチ掛けてツモれば満貫まで見える手を
1000点に落とすのが嫌で嫌でしょうがないのである。

 

私も嫌だ(笑)。

 

しかし、アリアリ赤有りの現代スピード麻雀で、
門前での三色や一気通貫やチャンタを狙ってる時間はない。
(よっぽど配牌が良くないと無理)

 

クイタン仕掛けと比べてどっちが早いか・・・?
役牌ポンと較べてどっちが早いか?

 

考えるまでもない。
門前での三色や一通やチャンタは遅すぎる!のである。

 

であれば、

 

これらの役は
タイミング良く「鳴いて」仕上げるべきである。

 



 

・・・と、

 

ここまでカッコつけて書いて来たが、

 

きっと多くの方が、

 

「そんなん分かってるわ!」

 

と思ったことだろう。

 
しかし!

 

現実にこういう手牌を前にし、

 



 

上家が3ピンもしくは4索を捨てたら・・・
間髪入れずに「チー」と発声出来るだろうか?

 

もちろん場や点数状況や巡目にもよる。
(オーラス逆転するのに満貫が必要!なんて時に鳴いちゃ駄目だぜ)

 

しかし条件無しで、赤ドラが1個以上あれば、

 

「鉄鳴き」である。

 

そう決めておくことが大事。

 

じゃないととっさに鳴けないのである。
(一瞬でも躊躇したら、相手に入り目がバレるのである)

 

なぜ、鉄鳴きか?

 

最初に書いたとおり、
「門前三色は至難」だからだ。
(1日打って1回出るか出ないか?なのだ)

 

門前三色はスピードで劣る上に・・・
「理想通りにツモ」をしないと仕上がらないのである。

 

さっきの手牌・・・

 



 

6索が入ったとしたらピンフドラ1の2000点。
リーチを掛けて3900点。

 

6ピンが入ったとしたら役無しテンパイ。
リーチを掛けて2600である。

 

仮に4索を持ってきたとしても
低目ならやっぱりピンフドラ1で2000点。
(高めなら三色で7700点)

 

4つの入り目の内、確定となるのは3ピンだけで、
最終的な待ちはカン4索。

 

理想通りに行けば満貫まで期待出来るが、
そうじゃない場合は?
鳴き三色ドラ1の2000点の打点と較べてどう?
そんなに変わんないよな?

 

だったら絶対的にスピードを優先するべき!

三色は躱し手として認識しておくべき!

 

というのが本稿の主旨だ。

 

特に、3色確定となる3ピンは鉄鳴き。
後から6ピンを引けばタンヤオにもなる形。
3900なら打点としても十分である。

 

「浅次郎さん、この形で4索を鳴くと片上がりになるのでは?」

 

ウム、その通りだが、全く問題ない。

 

フリテンになったらツモ上がりに賭ければよろしい。

 

じゃあ、

ドラが無い形だったらどうか?

 



 

赤ドラやドラが無い形で鳴き三色1000点に取るか?

これは状況次第である。

 

・その時、上がりが必要ならGO!

・その時、上がりが必要ないならSTOP!

 

である。

 

「リーのみで行くかどうか」と同じ話で、
「1翻」で突っ張るのはリスクが大きいからだ。

 

ただ、真ん中寄りの三色は「赤ドラ」を一枚でも引けば化ける。
早い巡目なら仕掛けて行くのも一つである。

 

一通の扱いも三色と同じでいい。
ドラ一個もってて役が確定するようなら鉄鳴き。
片上がりになるようなパターンでも鳴いてしまっていい。

 

そう決めておくのが大事なのである。

 

では、

チャンタはどうか?

 

チャンタは赤ドラが絡まない役である(赤が3の場合は除く)。

そしてカンチャンやペンチャンの形になりやすく、

門前で仕上げるのは三色や一通以上に至難の役。

さらに赤ドラなどをツモってきた場合にドモナラズとなる役である。

 

つまり、点数が低いくせにリスクが高く、赤(祝儀)の魅力もない。

 

ドラが絡まない限り、求めるべきではない役である!
(役牌と絡めたくなる時もあるが、チャンタにこだわらずに打つべきである)

 



こんなに上手く行くことはマレである。

 

ただし、

 

「その時、絶対に上がりが必要」

 

というシチュエーションがあるわな。

 

オーラスで点差が僅差の場合や
上がりトップという状況である。

 

そして配牌を見るにチャンタしか狙えない・・・。

 

こういう時は鳴いてチャンタを目指そう。
決して門前で狙わないように。

 

逆に言えば、
チャンタ気配の鳴きをしたヤツが居たら・・・

 

そいつは大概1000点か2000点である。
(ドラの対子や暗刻がなければ)

 

あっても、チャンタドラ1かチャンタ三色かチャンタ役牌。
(純チャンだったらアンラッキー)

 

場を回したい時は、
そいつに鳴かせ、そいつに差し込むのも一つであるぞ!

 

・・・
最後に大事なことを言っておく。

 

多くの麻雀プレイヤーは

麻雀ドリーマーである。

 

そして、麻雀ドリーマーの多くは
門前三色門前一通門前チャンタを夢見るのである。

 

夢を見るのが悪いわけではない。

 

しかし・・・夢を見てる間に、
他からテンパイが入るのがオチ。

 

その時点で後手を踏んだのであり、
近代スピード麻雀では圧倒的に不利となるのだ。

 

テンパイまでの数巡を買う!

これが鳴きの極意である。

 

夢を見るのは6巡目くらいまでにしておこう。

 

■まとめ

・門前での三色、一通、チャンタは至難!

・役が確定するなら鉄鳴き!片上がりでも鳴いてしまえ!

・多くの雀キチはドリーマー。鳴きでテンパイまでの数巡を買え!

 

現代のアリアリ赤アリ麻雀では、

三色、一通、チャンタは、クイタンや役牌が狙えない時の・・・

 

躱し手!

 

である。打点を求めるべきではなく、

「それが早い」「それしかない」という時には鳴いて鳴いて仕上げよう。

 

さて、

 

今日も楽しくDORA麻雀♪

まずサンマの8ドル卓。



これが倍満になるのか・・・だからサンマは恐ろしい・・・。まあ2着で良かった。-0.03ドル。

 

メンツが欠けたので4人麻雀の8ドル卓へ。

 



2着確定の和了をしてくれると助かるわ。1着。+9.94ドル。

 



またもや楽に1着。+8.67ドル。

 



オーラス・・・逆転の手を作ってリーチ掛けたのだが、トップ目のツモリ四暗刻に放銃。しょうがなし。2着。+2.88ドル。

 

TOTAL+21.46ドル(約2,400円)。

 

DORA麻雀も、もう少し4人麻雀の卓が立つといいんだけどな~。

サンマも面白いけどね。

 

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」

 


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!

堀内正人の鉄鳴き「麒麟児の一打」を買って読んでみた。麻雀は門前だけでは勝てない?赤ドラ入りの麻雀は役よりスピード?鳴く時に大事なことは「牌が出る前にココは鳴く」と決めておくことである。そのために必要なのは「鳴きのセオリー」。是非、オリジナルの鳴きルールを作ろう!浅次郎の「鉄鳴きのセオリー5箇条」は?

 

ビックリの記事があったので、シェアしておくぜ。

 

就職試験に麻雀

<就活>マージャンで内定リーチ 採用に導入、勝負勘見極め

 

しゅ、就職試験に麻雀?

 

社長マジか?

 

しかしよく考えりゃ、

計算能力、勝負勘、思考の瞬発力・・・そして運。

 

確かに、ビジネスマンに必要な要素タップリだわ(笑)。
(管理人は12年サラリーマンをやった後に独立)

 

しかし、ええ会社だなあ・・・。
社員達は退社した後に牌を握るんだろうなあ・・・。

 

さて、

 

今日は、管理人個人の【鉄鳴きのセオリー】を紹介しようと思う。

 

こういう時は絶対鳴く!

 

哭きの竜

 

という「哭き竜パターン」を最初から決めておくのである。

 

特に、リアル麻雀においては、
鳴くかどうかは一瞬で判断して発声しなければならん。

 

最初からパターン化しておかねば、
イザという時に咄嗟にポンチー出来ないのである。

 

鳴きは一瞬の判断で2

 

鳴きは一瞬の判断で

 

以下、

 

あなたの【鉄鳴きのセオリー】とは違うかもしれんが、
参考になれば幸いである。

 

※ルールはアリアリ。赤3枚を想定。尚、打点が必要な時、他家からリーチが入った時など局面によって変わることもある。あくまで一般的な局面でのセオリーである。

 

 

■浅次郎【鉄鳴きのセオリー】5箇条

 

1、役牌は一鳴き!

2、一通、三色、チャンタ確定は鉄チー!

3、ポンテン、チーテンは鉄板!

4、役が無い時は強引に鉄ポンチー!

5、満貫あれば好形でも鉄チー!

 

1、役牌は一鳴き!

「役牌のみ」しか手牌に希望がない場合、一枚目はスルーする方も多いと思う。
あわよくば暗刻にしてリーチ!・・・こうなれば理想である。
しかし、スピード命のアリアリ赤有り麻雀では一鳴き1000点でOK。
そう決めておくのが大事なのである。

 

2、一通、三色、チャンタ確定は見逃さずにチー!

「門前でリーチ」がもちろん理想である。
しかし、一通、三色、チャンタ(純チャン)は
急所となる牌がカンチャンやペンチャンになりやすく、
門前で仕上がる可能性は鬼のように低い!
仕上がったとしても高めで和了出来るとは限らん!
なので、これらの役が確定するようなら・・・例え1000点でも鳴いてしまえ!

 

3、ポンテン、チーテンは迷わず取れ!

「タンピンドラドラの一向聴」「タンピン一盃口一向聴」・・・なんて時は、
序盤にチーテン・ポンテン出来る牌が出てもスルーしてしまうな!
しかし、赤有り麻雀では「聴牌は神」。例え1000点、2000点に打点が落ちても聴牌を取るべし!他家に聴牌される前に和了するのが大事なのだ。

 

4、役が無い時は強引にポンチー!

「役がねえ、ドラもねえ・・・でも行かねばならん!」なんて時に
「とりあえず門前でリーチして裏ドラ期待」という方向に行ってしまいがちだが、
役がない時はスピード!鳴いてクイタンやトイトイを目指すべし!
么九牌の暗刻落とし、端牌の喰い替え、対子が3つあればポン!何でもアリだ!
役なしリーノミで行っていいのは親の時だけ(子なら基本オリ打ち)。

 

5、満貫あれば好形でもチー!

悪形の「タンヤオドラ3」でクイタンに行く人は多いと思うが、
好形の「タンピンドラ3」でクイタンに向かう人は少ない。
リーチを掛ければハネ満以上が見込めるからだ。
都合よく聴牌すればいいが、一向聴地獄になることも少なくない。
満貫確定であれば、好形両面でもチーすべし!
一刻も速く聴牌するのだ!

 

本当はもっと細かくセオリーを決めておきたいが、
こういうルールはシンプルなのが一番。
(シンプルじゃないと実戦で発声出来ない。)

 

この5箇条を心に刻んで麻雀の席に付きたいと思う。

(後日、1つずつ掘り下げて記事にしようと思う)

 

鳴きは一瞬の判断で3

赤(金)があれば・・・四暗刻一向聴でもチー?

 

 

さて、

 

今日も軽くDORA麻雀で8ドル卓サンマ。

 

1回目

dora麻雀20160824-1

ラス目のリーチは助かるわー!ベタオリでトップ+9.22ドル。

 

 

2回目

dora麻雀20160824-2

これまたダントツトップで喧嘩せず。+10.57ドル。

 

 

3回目

dora麻雀20160824-3

あぶねえあぶねえ・・・+11.07ドル

 

4回目

dora麻雀20160824-4

聴牌すれば当然勝負だったが・・・逃げられたわ。-0.55ドル。

 

 

メンバーが欠けたのでヤメ。

 

トータル+30.31ドル(約3,000円)

 

なんか、鳴きを意識するようになって、
勝率が上がってきたような気がする・・・

 

毎日これくらい勝てるといい小遣いになるな。

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイト。

 

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!

弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」

 


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。

 

詳しい登録方法はコチラで解説!

鉄鳴き「麒麟児の一打」を買って読んでみた。麻雀は門前だけでは勝てない?赤ドラ入りのアリアリ麻雀は役よりスピード?先制攻撃が何より重要?鳴く時に大事なことは「牌が出る前に鳴く」と決めておくことである。そのために必要なのは「鳴きのセオリー」。この本は面白い。

 

 

あなたは、麻雀において、

「鳴きのセオリー」を考えたことがあるだろうか?

 

・このパターンなら鳴く。

・このパターンなら鳴かない。

 

という鳴きのルールである。

 

もちろん、順位や点数差や親の有無など・・・ケースバイケースなのだが、

多くの方はその場その場でテキトーな判断をしていると思う。

(私はテキトーに判断している。笑)

 

例えば東一局目、1巡目でこれを鳴くだろうか?

 

 

鉄鳴きパターン1

 

 

ぜってえ鳴かねぇぇぇぇ!

 

 

ばっかじゃねーの?

 

 

と多くの方が思うだろう。

 

私もそう思った(笑)。

 

なにゆえ、ハネ満あるいは倍満まで見える三色ドラ3 の一向聴から・・・

9索を鳴いて片上がり三色に取らねばならんのだ!・・・とね。

 

しかし、よく考えれば・・・

 

ピンフにするならカン8索を引かねばならず、

タンヤオにするなら9索を落とさねばならん。

三色確定にするためには3索を引く必要があって、その場合は愚形聴牌である。

 

強欲な方はまず9索の対子落としに向かうと思うが、

そうなると7索も落とすことになるわけで、

そうなると他にもう一つメンツを作らねばならんのだ。

 

スイスイとメンツが出来ればいいのだが・・・

多くの場合、こういった手は三色が崩れてしまうだろう。

この手牌からタンピン三色に持っていくのは結構時間が掛かるのだ。

 

となると・・・

結局ピンフドラ3とか、鳴いてタンヤオドラ3とかになってしまう。

鳴き三色ドラ3と・・・打点は一緒だ。

 

さらに、9索を外すとなると聴牌まで早くても5~6順。

遅ければ10~12順くらいかかるのではなかろうか?

(聴牌しない可能性も。笑)

 

これは、この一向聴のまま門前で勧めた場合も同じで、

すぐに聴牌が入る保証などない。

 

しかし、1巡目に9索を鳴いて聴牌に取れば?

片上がりの3色なれど、赤3つで満貫。

 

満貫の打点で、延々と先制攻撃が出来るわけだ。

 

先制攻撃

 

麻雀で大事なのは、

 

いかに自分だけが相手を殴れる・・・

エンペラータイムを作れるか?

 

エンペラータイム

 

である。

 

いくら配牌が良くても、三色のドラ3でも・・・

聴牌出来なければ全く意味なし!

 

比較してみよう。

 

1、早い巡目で聴牌。片上がり三色の満貫。

2、遅い巡目で聴牌。大体満貫。上手く行けばハネ満、倍満。

 

この9索を鳴くかどうかは、

 

鉄鳴きパターン1

 

この1と2・・・どっちがいいか?って選択なのだ。

 

もちろん、6索を引いてしまってフリテンになる可能性もあるが・・・

それはリスクとして受け入れ、ツモに賭けるのみである。

(このリスクを多くの人は過剰に考えてしまう)

 

こうやって冷静に考えると、

9索鳴き・・・アリかもって気がして来ただろう?

 

特に、

 

配牌がいい時はこういう牌に反応することは難しい。

 

しかし、「鳴きのセオリー」を持っておくと、

瞬時に反応出来るようになる(はず)。

 

 

鉄鳴きパターン1

 

この例題の鉄鳴き「9索ポン」が正しいかどうかは分からん。

 

そして、実際に鳴くのはとても難しい。

(私はやっぱりこの9索は鳴けない鳴かないと思う)

 

でもね。

 

こうやって考えることが大事。

 

自分の中で「鳴きのセオリー」を決めておくと・・・

実践でめちゃくちゃ役に立つと思う。

 

例題はこちらから抜粋。

 

鉄鳴き「麒麟児の一打」

堀内正人「麻雀 麒麟児の一打 鉄鳴き」。新品でも500円かそこら。→Amazon

 

近々、私個人の鉄鳴きのセオリーをまとめるぜ!

 

 

 

さて、

 

今日も元気に、

 

DORA麻雀に行ってきたぜ!

 

赤ドラ入りのサンマだ!

 

 

1回目

dora麻雀20160719-1

接戦であったが、抜けだして1着。+11.07ドル。

 

2回目

dora麻雀20160719-2

この聴牌で4巡目にリーチして口笛吹いてたんだが・・・なんと四暗刻を和了されてしまった。

 

dora麻雀20160719-3

が、そこから盛り返してプラスの2着。+1.03ドル

 

3回目

dora麻雀20160719-4

なんとか逆転出来る手を作ったが・・・ドモナラズの2着。-1.56ドル。

 

ここで、

 

鬼嫁奥様からお呼びが掛かったのでやめ。

 

TOTAL +10.54ドル(1100円くらい)

 

アリアリのイケイケネット麻雀では、

特に鳴きが大事である。

 

みんなも、もうちょっと鳴きの勉強をしよう!

 

 

管理人オススメのネット麻雀は「DORA麻雀」である。
リアルマネーを賭けてネット対戦が出来る海外サイト。

 

強い人は、月に10,000円~100,000円は勝てると思うぞ!
弱い人は、1~2ドルの小銭を賭けて経験を積み、強くなるべし!

 

DORA麻雀について⇒DORA麻雀とは?

麻雀戦術レポート無料ダウンロード⇒無料「浅次郎の麻雀必勝法【蛇の巻】」


DORA麻雀のルール、イベント、トーナメント情報などはこちら。
詳しい登録方法はコチラで解説!